『北斗の拳』男は黙って強く優しくかっこいいトキを目指そう!

2017年7月6日更新

北斗四兄弟の次兄にして物語中最も慈悲深い漢、世紀末の荒廃した世界で北斗神拳の技を使い、医師として人々を救い続けるトキ。北斗神拳史上最も華麗な技「北斗有情拳」の使い手で、静水の如く力を受け流す「柔の拳」の特徴をもつトキについて紹介します。

トキのプロフィール

トキ プロフィール

トキは北斗四兄弟の次兄で、北斗神拳史上最も華麗な技の使い手であり、物語の中で一番の人格者です。頭に鉢金をしていて、肩まで達する長い銀髪に薄く口と顎鬚をたくわえた紳士的な風貌をしています。

北斗神拳の達人ですが、自らは争いを好まず、その拳は苦しんでいる人々を助けるために使い、悪党にすら慈悲や温情を与える拳法を使います。また、天賦の才を備えていて、ラオウやケンシロウはもちろん、ジャギですらその才覚・技量を認めていたほどでした。

北斗神拳継承者に一番近い候補者でしたが、死の灰から義弟であるケンシロウとその恋人ユリアをかばい被曝し、重い死の病を患います。このため北斗神拳継承者候補者から離脱しますが、トキは北斗神拳の拳法家よりも、拳法で培った技術を利用し人々を助ける医師として生きる道を決心します。

トキと北斗の家系図

トキ家系図

北斗宗家の血筋を受け継ぐ家庭に生まれたトキとラオウは幼いころ両親をなくしています。生前の父親から後を頼まれていた北斗神拳の師父リュウケンは、拳法家の素質を見せ始めたラオウのみを一子相伝の北斗神拳継承者候補として迎える予定でした。

しかし、リュウケンは兄弟二人に平等にチャンスを与えようとし、試練として断崖絶壁の上から二人の身を投げ落とします。幼いトキは崖から落とされた際に、両足に負傷を負ってしまい崖を登ることが出来ませんでした。

少年ラオウはこのまま崖を上れないと見捨てられてしまうと考え、彼を抱えて片手で崖を上りきります。ラオウの行動に感銘を受けた師父リュウケンは、二人を養子として迎え入れ、ラオウのみ北斗神拳継承者候補としていました。

ある日、トキは可愛がっていた犬が、武装した野盗達に嬲り殺されるのを見て、怒りに我を忘れ野盗を素手で叩きのめしてしまいます。その光景を目の当たりにしたリュウケンは、同じように彼にも拳法家の素質と天賦の才があると認め、改めて北斗神拳継承者候補の一人に加わえます。

トキは強さとやさしさを兼ね備えた理想の男

トキ 理想

トキは、世紀末の荒廃した世界で旅を続け、数多くの病や怪我に苦しむ人々を北斗神拳の技法である経絡秘孔を使って治療しています。死の病を患い北斗神拳伝承者候補から外れて以降、「死ぬまでにどれだけの人を救うことができるか、それが自分の生きた証」であると考え、拳法家ではなく医師として生きる道を目指すのです。

彼が滞在する村や町は「奇跡の村」と呼ばれ、周辺の村からたくさんの救いを求める人が訪れました。拳王ラオウの部隊がトキを捕まえるため、「奇跡の村」を襲撃した際も、犠牲者を出さないために自ら進み出て捕虜となり監獄都市カサンドラに収監されます。

これは、やがて自分に合いに来るケンシロウを待つためでもありました。

トキの柔の拳

トキ 柔の拳

北斗神拳はもともと闘気で秘孔を突き相手の体内から破壊する「剛の拳」が主流の拳法。ラオウとケンシロウは「剛の拳」ですが、トキの北斗神拳は相手が放つ力に対して、静水の如く力を受け流して隙を突き、自分の闘気で相手を制する「柔の拳」です。

「剛の拳」は、食らうと激痛の後に絶命します。しかし、その慈悲深さから北斗神拳の奥義を使用するに際、苦痛を与えない経絡と快感を引き起こす秘孔をを突いて奥義を使います。この方法で放つ北斗神拳を「北斗有情拳」といい、どんな悪党に対してでも、必ず慈悲の心を持って葬り去る「北斗有情拳」を得意技としています。

トキの北斗神拳が「柔の拳」になった理由は、世紀末覇王を目指し、力による支配をするようになった拳王ラオウを止めるため。また、北斗神拳伝承者であるケンシロウに「柔の拳」を伝授するためです。そのため、拳王ラオウは彼の「柔の拳」を恐れ、配下の部隊にトキとケンシロウの合流を阻止するように厳命。監獄都市カサンドラに収監しました。

しかし、トキが憧れ目指していた本当の拳法は、心優しかった兄ラオウのような「剛の拳」でした。

被爆さえなかったら継承者だった?

トキ シェルター

出典: ameblo.jp

トキは核ミサイルによる死の灰から身を守る為、ケンシロウとユリアと共に核シェルターに避難しようとします。しかし、避難先の核シェルターで見たものは、ほぼ定員一杯の子どもたちとその保護者達でした。

子どもたちの母親から、二人分のスペースしか空きがないことと、核攻撃による死の灰がすぐそこまで迫っていることを告げられます。
トキ シェルター02

咄嗟の判断でトキはケンシロウとユリアを核シェルターに押し込み、重厚な核シェルターの扉を閉めます。北斗神拳の伝承者であるケンシロウとその恋人のユリアの身と将来を案じての行動でした。

ファンの間では、この時にトキが非難するスペースがあったのではいう疑問(子どもを抱いたりしてスペースを作ればいいのではないか)が論じられていますが、この核シェルターは外からは閉まらない仕様であるというのが一般的な見解のようです。

さらに核攻撃の為、シェルターを閉じるための電源が消失しており、誰かが外から閉めなければならなかったなどの説も有力です。
トキ 被ばく

出典: blju.net

トキは、師夫リュウケンに天賦の才を見いだされ、北斗四兄弟の長兄ラオウの「剛の拳」を目指して修練を続け、弟のジャギ、ケンシロウ達からは尊敬されていました。

このエピソードにより、死の灰をかぶり被曝した彼は重い死の病を抱えることになり、北斗神拳継承者候補から外れることになります。「病さえなければ…」とラオウとケンシロウの両雄からも繰り返し惜しまれた拳士でした。

トキとラオウのエピソード

ラオウVSトキ

ラオウとの最終決戦は、トキが重い死の病に侵された体に自らの余命を縮めて、一時的に剛力を呼び覚ます秘孔「刹活孔」を突いて挑んでいます。

一時的に剛力を得てラオウの拳と同じ「剛の拳」で対抗、「天翔百裂拳」を使いラオウを追い詰めます。しかし秘孔「刹活孔」の効力が弱まり、威力が無くなっていく拳の前ではラオウを倒す決定打にはならず、ラオウに拳を止められてしまします。

ラオウはトキが秘孔を突いて自らの命を削り肉体を強化していることを見破りました。最終決着はラオウの涙と共に出された拳により敗北。

しかし、ラオウは死の病に侵されてなお、秘孔を突いて命を削り挑んでくるため、止めは刺さず「拳王を目指した男トキは死んだ。此処にいるのはただの病と闘う男トキ」との名台詞を残して立ち去ります。

偽物のトキ?

アミバ

偽者として、元南斗聖拳の修練者のアミバがいます。アミバは自分が拳法を見ただけで修練できる「天才」であると自称しています。トキそっくりの風貌をしていますが、顔つきは陰湿で目つきが悪く、正反対の性格。

拳王ラオウの配下でもあるアミバは治療と称し、新しい経絡秘孔を探るため、多くの人々をさらい人体実験をして殺害しています。ある日、「奇跡の村」で北斗神拳の技を応用した治療を行っているという噂を聞きつけたアミバは、自分もトキと同様の行為が出来ると思い込み、足を患っている老人の直そうと秘孔を突きました。

しかし、見事に大失敗し、老人がもあもがき苦しみ始めます。たまたま通りがかったトキによって老人は一命を取り止めますが、治療行為をしたアミバはきつく叱責され咎められます。この事により、自分のプライドをひどく傷つけられたアミバ。ジャギの甘言もあり、トキが監獄都市カサンドラに収監されて以降、彼に成りすまし貶めるために様々な悪逆非道を働いています。

トキのモデルは?

トキ モデル

出典: www.bbc.com

北斗神拳継承者の中で一番の人格者であり博愛と自己犠牲の精神を持つトキのモデルになった人物は、イエス・キリストとされています。

世紀末の荒廃した世界では考えられないほど、自分の野望や欲とは無縁で人々を気遣い、平和を愛する性格の持ちであり、風貌でも長髪で口と顎鬚を蓄えているなどの点が、イエス・キリストがモデルであるとの所以です。さらに、拳法家としてではなく医師として、病に苦しむ人々を救っていることや、どんな凶悪な悪党にも苦痛を伴わない技で倒していて憐れみと慈悲の心を持って対応している点など、数多く類似する特徴があります。

病気の蔓延する村で、北斗神拳の拳法の技術「秘孔」を応用した治療を行っており、病に苦しむ人々を救っています。こうしたエピソードもイエス・キリストにまつわる逸話を基に作られたものです。

また、核戦争による死の灰から非難する際は子供たちでいっぱいの核シェルターにケンシロウとユリアを押し込み、重厚なシェルターの扉を閉め自らを犠牲にしています。自己犠牲のエピソードは、核戦争が起こる前の修行時代に、滝修練の途中で流れてきた巨木からケンシロウをかばい背中に大きな傷を負う出来事がありました。

トキの声優は誰?

トキ声優02

出典: tw.mm52.com

トキの声は土師孝也が担当しています。1952年9月8日生まれ、声優としてはもちろんですが、俳優としても活躍しています。

アラン・リックマンの日本語吹き替えを多く担当しており、ほぼアランの吹き替え専属声優と言っても過言ではありません。落ち着きのある低音ボイスで、中年の男性キャラクターを演じることが多く、映画の吹き替えも数多く出演しています。

代表作に『ハリー・ポッター』シリーズのセブルス・スネイプや、『銀魂』シリーズ徳川定定があげられます。