©2017「東京喰種」製作委員会

実写映画『東京喰種トーキョーグール』あらすじ、キャスト、公開日の最新情報!

2017年6月23日更新 866336view

石田スイのコミック『東京グール』が実写映画化されることとなりました。発行部数累計1800万部を超える人気作品の映画化に注目が集まっています。映画『東京喰種トーキョーグール』の気になるあらすじ、登場人物をご紹介します。

人気コミック『東京喰種トーキョーグール』が実写映画化!

漫画家・石田スイのデビュー作であり、2011年より週刊ヤングジャンプで人気連載中のコミック『東京喰種トーキョーグール』が実写映画化されることが決定しました!公開は2017年7月29日。

人肉を食べて生きる怪人「喰種(グール)」がはびこる東京を舞台に、喰種(グール)に襲われて半喰種になった主人公・金木の葛藤と戦いを描いた人気SFサスペンスです。根強いファンの多いコミックの実写化とあって続報に関心が高まっています!

映画は予定通り公開!

ヒロインを務めた清水富美加の出家騒動で、映画の公開が危ぶまれる事態になりましたが、実写映画『東京喰種』は予定通り2017年7月29日に公開されます。キャスト変更などもないとのことです。

『東京喰種トーキョーグール』あらすじ

実写映画『東京喰種 トーキョーグール』ビジュアル画像

(c)2017「東京喰種」製作委員会

ごく普通の大学生・金木研(かねきけん)は、趣味の読書を通じて知り合ったリゼという女性とデートすることに。おしとやかで可愛らしい彼女とのひとときを楽しんでいた金木でしたが、実はリゼは「喰種(グール)」とよばれる人を喰らう怪人だったのです。

突如、リゼに襲われて絶体絶命のピンチを迎えた金木でしたが、たまたま工事現場の事故に巻き込まれ、リゼともども負傷。病院へ運び込まれました。彼の命を救うため、医師は瀕死状態のリゼから臓器が移植することに。こうして体の一部が「喰種(グール)」となってしまった金木の葛藤の日々が始まります…。

実写映画『東京グール』で主人公・金木研(カネキ)を演じるのは窪田正孝

窪田正孝『東京喰種トーキョーグール』

(c)2017「東京喰種」製作委員会

ごくごく普通の大学生だったにもかかわらず、ある日突然「半喰種」になってしまった主人公の金木研。人間ではなくなってしまった自分に戸惑い、悩みますが、喰種たちがひそかに集まる喫茶店・あんていくに足を運ぶようになり、喰種たちと交流するなかで自分の生き、戦い方を見出していきます。

主人公の金木を演じるのは、俳優・窪田正孝。2016年には映画『64 -ロクヨン-』『MARS〜ただ、君を愛してる〜』などに出演しています。2015年に放送されたドラマ『デスノート』では主人公の夜神月を演じ、その高い演技力で注目を集めました。

原作者の石田スイも納得のキャスティングだということで、「カネキが現実世界にいるとするならこんな感じ」と太鼓判を押すほどキャラクターとのイメージが合っています。

霧嶋董香(トーカ)には清水富美加が抜擢されるが…?

清水富美加『東京喰種トーキョーグール』

(c)2017「東京喰種」製作委員会

ヒロイン・霧嶋董香(きりしまとうか・通称トーカ)は、半喰種となってしまった金木がアルバイトすることになる「あんていく」の先輩店員です。先輩といっても高校生で、金木よりも年下です。生まれながらの喰種であり、もともとは人間だった金木を警戒していましたが、次第に打ち解けて仲間のような存在になっていきます。

ヒロイン・トーカに抜擢されたのは、朝ドラ『まれ』で注目を集めた女優・清水富美加。演技だけでなく、自由奔放で明るいキャラクターからバラエティでも活躍し「ふみカス」の愛称で親しまれていました。

幸福の科学への出家騒動!清水富美加が『東京グール』実写化について言及?

実写映画『東京喰種 トーキョーグール』出演の清水富美加

(c)2017「東京喰種」製作委員会

しかし、2017年2月12日に突如発表された宗教団体”幸福の科学”への出家により、本作の公開が危ぶまれる事態に。また、『東京グール』に関しては幸福の科学から「人の肉を食べる役など思想に合わない仕事が増え、断ると仕事がこないのではという葛藤の中にいた」といったコメントが発表され、公開を待ち望んでいたファンに衝撃が走りました。

「人肉を食べる」ということからも『東京グール』に関することを言っているのは間違いないでしょう。ただ、映画は予定通り公開されるとのことです。

実写映画『東京喰種トーキョーグール』のその他のメインキャスト

神代利世(リゼ)/蒼井優

蒼井優『東京喰種トーキョーグール』

(c)2017「東京喰種」製作委員会

金木が喰種になる原因となった女性であり、物語のカギを握る人物です。

誰彼構わず人間を食べてしまうため「大喰い」と呼ばれ、恐れられています。その正体についてはあまり詳しく知られていません。

物語の運命を変える人物としてリゼの配役は注目されていましたが、女優の蒼井優が務めることが決定しました。蒼井優は岩井俊二監督作品『リリイ・シュシュのすべて』でスクリーンデビューしてから、独特な雰囲気と演技を武器に数々の作品に出演。

2016年12月公開予定の『アズミ・ハルコは行方不明』では主人公・安曇春子を務め、山田洋次監督の続編『家族はつらいよ2』にも引き続き出演する予定です。

亜門鋼太郎/鈴木伸之

鈴木伸之『東京喰種トーキョーグール』

(c)2017「東京喰種」製作委員会

亜門鋼太郎は喰種対策局に所属する上等捜査官です。人間側の主人公的立場に当たります。喰種のドナート・ポルポラに育てられた過去があり、なぜドナートが自分を餌食にしなかったのかを知るため喰種を追っています。

そんな亜門鋼太郎に挑戦するのは俳優の鈴木伸之。2010年にEXILEボーカルオーディションに落ちるも、その後劇団EXILEとしてデビューしています。俳優デビューしてからはドラマ『GTO』や大河ドラマ『花燃ゆ』、映画『桐島、部活やめるってよ』など数々の話題作に出演。

最近ではEXILEのHIROがプロデュースしたメディアミックス作品『HiGH&LOW』でヤマトを演じました。今後も俳優として活躍していくと思われる鈴木の演技に注目が集まります。

真戸呉緒/大泉洋

真戸呉緒/大泉洋『東京喰種トーキョーグール』
©2017「東京喰種」製作委員会

喰種対策局のベテラン捜査官である真戸呉緒は亜門とコンビを組んで行動しています。同じく捜査官であった妻が“隻眼の喰種”によって殺されてしまったことから、隻眼の喰種への復讐を誓いました。 真戸呉緒に扮するのは俳優の大泉洋。彼の何に対しても臆せず発言するキャラクターは多くの人から愛されているようです。TEAM NACSに所属し、映画・ドラマ、バラエティ番組から声優まで幅広く活躍しています。 記憶に新しいのが2016年4月に公開された『アイアムアヒーロー』。本作は花沢健吾による漫画の実写化でした。また2017年に山田涼介主演で実写化される『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』ではショウ・タッカーを演じることも決まっています。

ウタ/坂東巳之助

坂東巳之助(ウタ)『東京喰種トーキョーグール』
©2017「東京喰種」製作委員会

原作の中でも人気キャラクターの1人であるウタ。4区でマスク屋を営んでおり、強烈なビジュアルとは反対に穏やかな性格です。 喰種は人間を捕食する時や戦闘態勢の際に目が赤くなります。この赫眼(かくがん)を隠すため、喰種にとってマスクは必須アイテム。カネキのマスクもウタによって提供されました。 そんな人気キャラ・ウタを演じるのは歌舞伎役者の坂東巳之助です。歌舞伎業界で活躍しながらも、2010年の映画『桜田門外ノ変』で映画デビュー。本作は3作目の映画出演となります。

カネキの親友ヒデに超特急の小笠原海が抜擢!

永近英良(ヒデ)/小笠原海

小笠原海『東京喰種』
©2017「東京喰種」製作委員会

主人公カネキの唯一の親友であるヒデ。カネキの人間らしさを保っているといっても過言ではない重要な人物です。社交的な性格ですが、家族構成が不明なことや洞察力が高いことから彼の正体を疑う人は少なくないようです。 そんなキーパーソンを演じるのはダンスボーカルユニット超特急に所属するカイこと小笠原海。自身も原作のファンであったことから、オファーが来てとても嬉しかったと語っています。 また同じグループのメンバーの活躍も目立ち、松尾太陽は2月に公開された『一週間フレンズ。』に出演。草川拓弥は6月に公開される『兄に愛されすぎて困ってます』にメインキャストとして出演します。

追加キャスト発表!喫茶店「あんていく」のキャラクター

芳村功善/村井國夫

芳村功善(村井國夫)
©2017「東京喰種」製作委員会

「あんていく」の店長であり、半喰種として思い悩む金木のよき理解者であります。優しく冷静な立ち振る舞いで喰種のなかでも一目置かれた存在です。 しかしながら、金木のことを気遣いながらも金木とリゼの事故の真相を知っているようなふしもあり、謎多きキーマンといえるでしょう。そんな芳村をベテラン俳優の村井國夫が務めます。

四方蓮示/栁俊太郎

四方蓮示(栁俊太郎)
©2017「東京喰種」製作委員会

四方蓮示(よもれんじ)は、喰種の食材となる人間の遺体に関する調査などを担当して、「あんていく」の店長・芳村のサポートをするいっぽうで、喰種となった金木や若きトーカに格闘のいろはを教え込みます。 クールですが、心は優しく金木やトーカにとってとても頼りになる存在です。演じた栁俊太郎は、寡黙ながらも深い愛を持つ四方に、まっすぐな心の大切さを教えられたとコメントしました。

入見カヤ/佐々木希

入見カヤ(佐々木希)
©2017「東京喰種」製作委員会

アンジャッシュ渡部との結婚で世間を賑わせている佐々木希も、実写『東京グール』に参戦。 「あんていく」古株メンバーである入見は、非情に物静かで大人としての余裕も垣間見える落ち着いた人物です。喫茶店で働く前は最強喰種集団である“ブラックドーベル”のリーダーとして活動していた過去を持っています。

古間円児/浜野謙太

古間円児(浜野謙太)
©2017「東京喰種」製作委員会

珈琲の淹れ方に定評のある「あんていく」店員の古間円児。演じるのはミュージシャン、作曲家、俳優として幅広く活躍している浜野謙太です。 かつては、優秀と言われていた捜査官を片っ端から倒していた猿面集団のリーダーを務めており、事あるごとに過去の栄光をひけらかしています。 特等捜査官と同等かそれ以上の実力を持っているため、Sレート以上の力があるとされている人物です。

笛口雛実/桜田ひより

笛口雛実(桜田ひより)
©2017「東京喰種」製作委員会

喰種の少女・笛口雛実は桜田ひよりが演じます。 父を失い人間を狩れなくなったことから喫茶「あんていく」に母とともにお世話になり、金木やトーカらと接点を持つようになります。 引っ込み思案なため戦力にはならないと思われていましたが、両親の仇を打つ際には想像以上のパワーを発揮。潜在能力の高さを見せつけました。

笛口リョーコ/相田翔子

笛口リョーコ(相田翔子)
©2017「東京喰種」製作委員会

雛実の母・笛口リョーコを演じるのは相田翔子です。 防御の面で優れていたため攻撃力がなく、人間を狩れなくなったことから「あんていく」にお世話になるようになります。 ただ彼女の防御力は娘に継承されており、雛実は父の優れた攻撃力と母の防御力を兼ね備えた喰種となりました。

映画『東京グール』で脇を固める実写キャストが一挙解禁

東京喰種トーキョーグール
©2017「東京喰種」製作委員会

脇を固める魅力的なキャラクターに、5人の実写キャストが抜擢されました。若手イケメン俳優の白石隼也や、雑誌「セブンティーン」で活躍する古畑星夏、さらにauのCMで話題になった俳優の前野朋哉、お笑い芸人のダンカン、劇作家から映画監督まで幅広く活躍する岩松了が出演するとのことです。 白石隼也演じる西尾錦は、カネキらと同じ学校に通い人間のように振る舞う喰種。人間の裏切りによって姉を失ったことから人間のことを憎んでいます。 古畑星夏演じる小坂依子は、トーカの親友で彼女が喰種だとは思っていません。前野朋哉演じる草場一平は、20区で活躍する捜査官。 またダンカン演じる小倉久志は、喰種より喰種のことを知っていると豪語する喰種研究家です。岩松了演じる嘉納明博は、カネキを半喰種にした張本人。カネキが鉄骨から落下し瀕死状態のときにリゼの臓器を移植し半喰種と化しました。 物語を進める上で重要な役目を負っているキャラクターたちの活躍に注目です。

主題歌はRAD野田洋次郎によるソロプロジェクト!

気になる映画『東京グール』の主題歌ですが、RADのボーカル野田洋次郎によるソロ「illion」が担当することに決定しました。 RADWIMPSといえば2016年大ヒット映画『君の名は。』に全面的に楽曲を提供し、再評価されたバンドです。今回はバンドで作詞作曲を担当している野田によるソロプロジェクトとして、主題歌「BANKA」を書き下ろし! 『君の名は。』の主題歌「前前前世」がヒットしただけに、本作の主題歌にも注目が集まります。

『東京グール』原作に登場するその他のキャラクター

月山習

あんていくの人々と同じく20区というエリアに住む喰種で、特定の部位を好んで人間を喰らうため「美食家」とよばれている奇妙な喰種です。実家は財閥というお坊ちゃま。 人間のみならず、喰種からも恐れられている存在です。

霧嶋絢都

のちに金木らと敵対することになるアオギリの樹という喰種の派閥で幹部を務める存在であり、トーカの弟です。 幼少期の経験から人間を憎むようになり、人間に対してひじょうに攻撃的な態度をとるようになっていきました。いっぽうで姉であるトーカをかばう動きをみせるなど、本人のなかにも葛藤がうかがえるキャラクターです。

喫茶店「あんていく」が渋谷駅に出現!

『東京喰種トーキョーグール』
©2017「東京喰種」製作委員会

喰種たちの集いの場となっている喫茶店「あんていく」。そんな喫茶店が映画公開を記念して、JR渋谷駅に出現することが決定! 人間の食べ物を美味しく食べられない喰種たちにとって、コーヒーは唯一美味しく味わえるもの。イベント開催中はオリジナルコーヒーを始めとするドリンク、フードや映画の小道具などを展示する予定です。 喫茶店「あんていく」は7月1日から7月31日まで、JR山手線外回りホームにオープンします。営業時間は9:00から21:00まで。ラストオーダーは20:30までですので、ご注意ください。(※最終日は17:00閉店)

実写映画『東京グール』が世界23か国で公開されることに!

『東京喰種トーキョーグール』
©2017「東京喰種」製作委員会

石田スイによる人気漫画を、豪華キャスト・アーティストが集結して実写映画化する本作ですが、なんと世界23か国で公開されることが決定したようです。 6月2日に都内で開催された映画『東京喰種 トーキョーグール』キックオフイベントにて発表されました。すでにアジアだけでなく、北米やヨーロッパでも公開されることが決定しているとのこと。 2016年にはアメリカで原作漫画が発売されると、瞬く間にNYタイムズ紙の「週間マンガランキング」で1位を獲得。その後、第1巻は57週連続でトップ10にランクインするという人気ぶりです。海外でも注目度の高い映画となるのではないでしょうか?