コリン・ファースをもっと知るための15の事実

2017年5月1日更新 46630view

『イングリッシュ・ペイシェント』『英国王のスピーチ』など数々の名作に出演、最近では爽快スパイムービー『キングスマン』ハリー・ハート役が評判となったコリン・ファース。今回はコリン・ファースをもっと知るための15の事実を紹介します。

1.コリン・ファースの生い立ち!?

コリン・ファース

1960年9月10日、イギリス出身の俳優コリン・アンドリュー・ファースは、キングアルフレッド大学やウィンチェスターで講師を務めていた母シャリー・ジーンと歴史学教授の父デイビッド・ノーマン・ルイス・ファースの間に生まれました。

2. 輝かしい受賞歴の数々!?

コリン・ファース

コリン・ファース出演映画の興行収入の合計は世界で約3000億円を超えています。

またアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、イギリスアカデミー賞(2度)、全米映画俳優組合賞(3度)など輝かしい受賞歴を持っています。

3.コリン・ファースが初めて獲得した役!?

コリン・ファース

コリン・ファースが演技を始めたのは幼児学校の頃のことでした。学校の発表会で演じたジャック・フロストが彼の初めて獲得した役だと言われています。

4.コリン・ファースの映画デビュー作!?

コリン・ファース

コリン・ファースの映画デビューは1984年のことでした。イギリスの舞台を原作とした映画『アナザー・カントリー』で主人公外ベネットの友人トミー・ジャッドを演じました。

5.ロンドンにショップをオープンさせた!?

コリン・ファース

2007年、コリン・ファースはロンドンに“Eco AGE”というショップをオープンさせました。このショップは環境に優しいエコな商品を中心に扱っているそうです。

6.子供の頃の憧れの女性とは!?

コリン・ファース

わずか10歳の時、コリン・ファースは女優のドリス・デイに熱を上げていました。『銀色の月明かりの下で』を鑑賞したことがきっかけとなり、彼女の健康的な美しさの虜になったと言います。

7.子供の頃は引っ越しが多かった!?

コリン・ファース

出典: eiga.com

子供の頃、両親の仕事の関係でコリン・ファースは引っ越しをすることが多かったそうです。

11歳の時はアメリカのミズーリ州セントルイスで生活していましたが、ここでの暮らしを“難しい時期だった”と語っています。

また、アフリカのナイジェリアでも数年暮らしていた経験があるそうです。

8.大学まで学校が嫌いだった!?

コリン・ファース

コリン・ファースはバートン・ペブリル・シックス・フォーム大学に通うまで“学校は退屈で興味あるものを何も教えてくれない”と思っていたそうです。

しかし、大学で情熱的な先生”ペニー・エドワーズ”に出会ったことをきっかけに、彼はイギリス文学に興味を持つようになったと言います。

“バートン大学での2年間が人生で最も幸せだった時期の1つ”だとコリン・ファースは語っています。

9.共演女優と子供を授かった!?

コリン・ファース

1989年、『コリン・ファースの恋の掟』で共演したメグ・ティリーと交際を開始、結婚には至らなかったものの1990年2人は息子ウィリアム・ジョセフ・ファースを授かりました。

10.破局がきっかけで調子を取り戻した!?

154507052-e7cda5e8-aead-4d42-b7f9-e4e9c82290e5

子供が生まれた後、コリン・ファースはメグ・ティリーと息子を連れカナダのブリティッシュコロンビアへと移りました。

しかし、この時期俳優としてのキャリアは下降傾向に。1994年、メグ・ティリーと破局をきっかけにイギリスへ戻り、コリン・ファースのキャリアは再び上昇することになります。

11.交際をきっかけにイタリア語を習得した!?

コリン・ファース

出典: eskipaper.com

1997年コリン・ファースはイタリアの映画プロデューサー”リヴィア”と結婚しました。

ファースはリヴィアとの交際をきっかけにイタリア語を習い始め、現在はイタリア語を流暢に話すことができるそうです。

12.2429番目の栄誉!?

コリン・ファース

出典: collider.com

2011年1月、映画界への多大な貢献が認められたコリン・ファースはハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに刻まれることになりました。彼で2429番目の栄誉です。