『ドラゴンボール』孫悟空の戦闘を細かくすべて分析

2017年7月6日更新

世界中のアニメファンから絶大な支持を受けている『ドラゴンボール』シリーズ。今回は数々の戦いや必殺技などを中心に、サイヤ人の主人公・孫悟空の戦闘能力について詳しくご紹介します!

孫悟空のプロフィール

『ドラゴンボール』の主人公・孫悟空は尻尾を持っている少年で、山奥に暮らしています。西の都から来た少女、ブルマにドラゴンボールの存在を教わり、7つ全ての玉を見つけ出すために共に旅に出るのです。

地球歴エイジ737生まれで、とても明るい性格。心がきれいな人だけが扱える筋斗雲に乗ることを好み、強い相手と戦うことを趣味としています。

地球制服に送り込まれたサイヤ人だった

地球に住んでいる孫悟空ですが、実は惑星ベジータから宇宙船でこの地に送り込まれた人物です。戦闘民族であるサイヤ人で、赤ちゃんの頃はとても荒い性格をしていました。しかし崖から落ちて頭をぶつけたことで無邪気な性格へと変わったのです。

サイヤ人名はカカロットと言い、「地球の人類を絶滅させる」という使命のもと地球に送られました。その後育ての親である孫悟飯に拾われ、悟空と名付けられました。

悟空の技は世界中から大人気

カメハメ波

作品を象徴する技としてもっとも有名なのがこの「カメハメ波」。亀仙人が50年の月日を費やして開発しました。初めて技を見た直後すぐに真似てみせ、周囲を驚かせました。

腰を落として両手で気功波を繰り出すのが基本ですが、応用として足で繰り出したり掛け声を行わないで攻撃をしかけたりすることもできます。今や世界中で通じる必殺技となっています。

元気玉

北銀河の界王が生みだした、その星の生物から分けてもらったエネルギーで気の玉を作り出し攻撃する技です。大きな力を発生することができますが、気を集める間は無防備になってしまうという欠点を持っています。

カメハメ波と並んで人気を集めている悟空の技です。

界王拳

一時的に莫大なパワーやスピードを発揮する技。身体の気をコントロールしてエネルギーを増幅させます。発案者も使いこなすことができず、孫悟空が初めて体得者となりました。

使用した時は全身が赤く光るのが特徴。通常の何十倍ものパワーを生み出すことができ、世界的に知名度の高い技の一つです。

幼少期の戦い

天下一武道会

人さらいのウーロンや山賊のヤムチャとも出会いながらボールを探す旅を続けていた悟空は、偶然にも武術の達人である亀仙人と知り合いました。クリリンと共に亀仙人に武術を教わり、8ヶ月間修行を積むのです。

そして武術の達人を決める「天下一武道会」に出場。数々の猛者を倒して上り詰めていきましたが、変そうした亀仙人に惜しくも敗れ、準優勝しました。

天津飯との戦い

準優勝に終わった大会の3年後、悟空は再び天下一武道会に出場します。しかしその前に立ちはだかったのは鶴仙人の弟子である天津飯でした。三つの目が特徴で殺し屋を目指す彼は相当な実力を持っており、死闘を繰り広げた末悟空は再び準優勝となりました。

ベジータ編

ナッパとの闘い

生みだした6匹の栽培マンをクリリンに倒されて戦いに加わったナッパは、天津飯や餃子と死闘を繰り広げその実力を発揮します。悟空を戦いの場に近づけさせないように息子の悟飯に危害を加えようしますが寸前で蹴り飛ばされ、圧倒的な力の差を見せつけられるのです。

界王拳で致命傷を受けたナッパはベジータによって空へ飛ばされ、最期は気功波で消滅してしまいました。

ベジータとの闘い

その後悟空は、惑星ベジータの王子であったベジータと対戦することとなります。元々は裏切り者のサイヤ人である悟空の前で仲間を殺すつもりでしたが、予想以上の悟空の強さに皆殺しへと考えを変え、ピッコロが命を落としてしまうのです。

駆けつけた悟空と死闘を繰り広げるものの、3倍界王拳や4倍界王拳かめはめ波に翻弄され大ダメージを受けるベジータ。大猿に変身して争いを優位に進めるものの片目を失い、悟空の再戦の提案により一時撤退したのでした。

フリーザ編

ギニュー特戦隊

ギニュー特戦隊とは、フリーザの配下を務める5人のエリートたちです。突然変異による才能を持った戦士たちで、フリーザから高い信頼を得ています。

ナメック星へ侵攻中に駆けつけ、初めて最前線の戦いに参加。しかし悟空たちの手によってグルドとバータ、リクーム、ジースは戦死し、ギニューはカエルの姿となって逃亡しました。

フリーザとの闘い

フリーザによって殺されてしまうベジータ。そのサイヤ人としての誇りを受け継いで戦いに臨む悟空ですが、親友のクリリンを失ってしまいます。

怒り狂った悟空は「スーパーサイヤ人」という伝説の戦士に覚醒し、フリーザを圧倒しました。悟空はヤードラット星にたどり着いて事なきを得て、悟飯は地球に帰り復活したドラゴンボールでクリリンたちを蘇生しました。

セル編

フリーザの闘いから1年経ち地球へ帰ってきた悟空は、ベジータとブルマの息子であるトランクスに出会います。未来がやってきた彼は人造人間が絶望の未来へ導くと告げるのです。

それから3年間修行を積んだ悟空たちでしたが想像を超えた実力を持つ人造人間や、究極生命体セルが現れます。そして「セルゲーム」という武道会が開催。

天界の「精神と時の部屋」で修行を重ねセルゲームに挑みますが、悟空は地球を守るために命を落としてしまいます。そのことを機に悟飯が超サイヤ人2に覚醒し、カメハメ波によってセルを倒しました。

魔人ブウ編

セル編から7年後、悟空は悟飯が天下一武道会に出ることを知り1日だけ復活を果たします。そして海王神から魔人ブウの復活を阻止するよう頼まれるのです。しかし悟空とベジータが戦うことになってしまい、魔人ブウは復活を果たしてしまいます。

ベジータは悟空を気絶させて魔人ブウとともに自爆を図りますが失敗に終わります。超サイヤ人3に覚醒した悟空が再び魔人ブウに挑みますが、タイミング悪くあの世に帰ることになってしまうのです。

次男の孫悟天とトランクスに「フュージョン」という技を授ける悟空。また正式に復活を果たしてベジータとともに力を合わせ、元気玉によって魔人ブウを壊滅に追い込みました。

映画版での孫悟空の活躍

『ドラゴンボール』は数多くのヒット映画を生み出しています。映画版での悟空の活躍もいくつかご紹介しましょう!

悟空に瓜二つなサイヤ人との闘い【1990年】

悟空にそっくりなサイヤ人ターレスが、ある日地球にやってくるところから物語が始まります。非道な性格のターレスは、地球侵略を企てるのです。

悟空がお父さんらしく、悟飯との絆を持って戦いに挑む姿が人気を集めています。

悟空とベジータの共闘【1992年】

ナメック星を攻撃してくるフリーザの兄・クウラを倒すため、悟空とベジータが立ち上がります。厳しい局面を強いられている悟空の元にベジータが加勢にくるのが見所です。

「あの世」を舞台に繰り広げられるアツい戦い【1995年】

『ドラゴンボール』シリーズの劇場版第15作となります。魔人ブウとの戦いの最中の出来事を描いた作品です。あの世一武道会の決勝戦に結界を出現させたジャネンバを食い止めるため、悟空が立ち上がります。

悟空の宿敵、フリーザの復活【2015年】

フリーザ軍の生き残りたちが、フリーザを復活させようと企みます。原作者の鳥山明がはじめて脚本を単独で務めた作品となっています。

孫悟空の声優は誰?

『ドラゴンボール』シリーズの主人公である孫悟空の声は、声優の野沢雅子が務めています。

1936年生まれの東京都出身で、日本のアニメの泰明期を支えた重要人物です。『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎や『ど根性ガエル』のひろし、『銀河鉄道999』の星野鉄郎を演じたことで知られています。

『ドラゴンボール』でも孫悟空の他に孫悟飯、孫悟天の声も務めている実力者。2014年には東久邇宮文化褒賞を受賞し話題となりました。