『ドラゴンボール』の名言集【届け、言葉の元気玉】

2017年7月6日更新

鳥山明の「ドラゴンボール」は、原作漫画のみならず、アニメでもヒットを飛ばし、世界にも多くのフォロワーをもつ人気シリーズです。快調なヒットを飛ばした最新映画や最新テレビシリーズの放送も決定し、まだまだ目の離せない戦士たちの超バトルから生まれた4つの名言をお届けします。

落ちこぼれだって必死に努力すりゃ、エリートを超えることがあるかもよ

主人公の孫悟空は、宇宙の戦闘種族であるサイヤ人の出身でした。低い戦闘力のため、赤ん坊にして地球に送り込まれた悟空は、育ての親である悟飯じいちゃんやブルマをはじめとする地球の仲間たちと出会い、地球育ちのサイヤ人として、強く大きく成長していきます。

そんな悟空にとって試練の時となったのが、地球征服を狙うベジータたちサイヤ人の攻撃でした。完全と立ち向かう悟空は、自らのエリートぶりを鼻にかけたベジータの傲慢な態度に、不敵な笑みを浮かべて言い放ちます。努力の男、孫悟空の価値観を象徴する名言でした。

お前といた数ヶ月・・・悪くなかったぜ・・・

悟空のライバル、ピッコロはその息子である悟飯の師匠でもありました。最初こそギクシャクした二人の関係は、次第に縮まっていきます。しかし、残酷にも運命は二人を引き裂き、戦いで致命傷を負ったピッコロは、悟飯に看取られて静かに息を引き取ります。

のちにピッコロはドラゴンボールで復活しますが、二人の師弟関係に変化はなく、悟飯は成人したあとも、ピッコロを強く信頼していました。寡黙なピッコロが最期に垣間見せた本音。それは、永遠に変わることのない二人の関係を決定づけた言葉でもあったのです。

私の戦闘力は53万です…ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…

最新映画で復活し、新たな姿にパワーアップしたフリーザ。宇宙の帝王として恐れられたフリーザは、サイヤ人を支配下におさめ、宇宙の各地を荒らし回っていました。悠然とした態度が印象的ですが、その仮面の下には、恐ろしい外見と獰猛な性格が潜んでいます。

この名言が飛び出したのは、フリーザ終焉の地となったナメック星。ナメック星人のネイルと対峙したフリーザは、自らの数値化された戦闘力を述べ、これから待つ戦いへの余裕を覗かせます。フリーザの醸しだす不気味な余裕が恐ろしいシリーズ屈指の名言です。

がんばれカカロット…おまえがナンバー1だ!!

魔人ブウとの戦いは、ドラゴンボール史上でも屈指の大激戦でした。地球のみならず、全宇宙の命運をかけたこの戦いは、ベジータをはじめとする多くの犠牲を出し、これまで幾多の激戦にも耐えてきた地球さえも、ブウによって破壊されてしまったほどです。

のちに復活したベジータは、悟空と協力し、ブウとの最終決戦に参戦。しかし、そのバトルはベジータには手を出せないほどすさまじく、さしものエリート戦士も見守る以外の術はありませんでした。そして、今まで認めたことのなかった悟空をついに認めるのです。