ドラゴンボール都市伝説。笑える裏設定などさまざま紹介!

2017年7月6日更新 32273view

『ドラゴンボール』は、『週刊少年ジャンプ』にて1984年51号から1995年25号までの約10年半にわたって連載された鳥山明による大人気漫画作品です。ドラゴンボールにまつわる様々な裏設定や、都市伝説などの情報をまとめました。有名な都市伝説からマイナーなものまで笑える設定が盛りだくさんです。

アニメのピッコロは指が5本

ピッコロ

ピッコロ2

ドラゴンボールの原作ではピッコロの指が4本になっているのに対し、アニメでは5本になっております。

これにはいくつかの説があり、一つは、原作で初代ピッコロが悟空に対し、「5秒で息の根を止めてやる!」と宣言した際、鳥山明氏が間違えて元々4本だったピッコロの指を5本描いてしまった為、アニメでは最初から5本にしたという説です。

もう一つは、指が4本だと、障害者や奇形児に対する差別に繋がる可能性があった為で、放送コード上の問題でも引っかかったので5本にしたという説があります。

悟空と悟飯の年齢差は3歳

悟空と悟飯

こちらも驚きの裏設定ですが悟空と悟飯の年齢ははわずか3歳しか変わらないと言われております。これには、作中で悟空が長い事死んでいたため、実際の年齢がこれほどまでに縮まってしまったそうです。

悟空は結婚後働いたことがない

悟空とチチ

出典: img.shblog.jp

チチによると、悟空と結婚後は、チチの父親である牛魔王の貯金で悟空とチチは生活していたようです。

悟空は一度も働いたことがなく家にお金を入れていない、とありますが、狩りや農業などは行い自給自足での働きはしていたと言われております。

ハワイでは放送禁止!?

かめはめ波

今や日本のみならず、世界各国で愛されているドラゴンボールですが、唯一ドラゴンボールが放送されない国があるのです。それはハワイ諸島で、問題はドラゴンボールに登場する「かめはめ波」という技になります。

実はハワイの初代大国王に「カメハメハ大王」という王様が存在し、国民から尊敬、支持されていた人物でした。このカメハメハ大王とかめはめ波がバッティングするという理由でハワイではドラゴンボールの放送を明確に禁止されているのです。

しかもドラゴンボールの「かめはめ波」はたまたま似ているのではなく鳥山明の妻が「カメハメハ大王」から取ったネーミングでもあるのです。

ドラゴンボールGTの正式名称

GT

ドラゴンボールGTの意味に関してさまざまな憶測や情報が飛び交っていますが、一番有力なのは、「グレートツーリング(壮大な旅)」という意味だと言われております。

また、「ギャラクシーツーリング(宇宙の旅)」という説もあるそうです。