『傷だらけの悪魔』あらすじ・キャスト【comico発の実写映画】

2017年7月6日更新

「comico」に連載の漫画『傷だらけの悪魔』が実写映画化決定!いじめをテーマにした学園ドラマで、同年代の共感を呼んでいる人気の作品です。そこで、気になるストーリー、キャスト、関連情報などをまとめてみました。

comicoで連載の漫画『傷だらけの悪魔』が足立梨花の主演で映画化!

オリジナルの漫画や小説が無料で読める便利なwebサービス「comico」。そこに連載されている澄川ボルボックスの漫画『傷だらけの悪魔』が、足立梨花の主演で実写化映画されることが発表されました。

『傷だらけの悪魔』は、いじめをテーマとした学園物語で、現代の女子高生が抱える問題をリアルに描き出し、同年代の読者から絶大な共感と人気を得ている作品です。

公開は2017年2月4日。そのほか、気になるストーリーやキャストなどをチェックしていきましょう。

予告編を公開!

予告編では主人公・舞が転校してきたクラスで、かつていじめられてたと詩乃が友達に訴え、復習をはじめるシーンからスタート。水をかけられ、顔が赤く塗られる、倉庫に閉じこめられるなど、いじめられる様子が映されています。

しかし舞はある日から、染髪しイメチェンして登校し反撃を開始。いじめに戦いはじめることがわかります。

『傷だらけの悪魔』のあらすじ

本作の主人公である高校1年生の葛西舞。親の都合で引っ越すことになり、学校も変わりました。転校先には中学時代に舞がいじめていた同級生の詩乃が居ましたが、舞は全く気付いていません。

反対に、いじめられていた詩乃の方は舞のことを決して忘れず、当時の恨みがつのった詩乃は仕返しすることを心に決めます。

こうして、様々な策略を企てクラスメイトも巻き込んだ、詩乃の舞への壮絶な復讐劇が始まるのです。

気になるキャストは?

葛西舞/足立梨花

いじめの復讐に遭う主人公・葛西舞を務めるのは、足立梨花(あだち・りか)です。足立は、1992年10月16日に長崎県で生まれ、三重県育ち。「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得したことをきっかけに芸能界に入りました。

NHK『あまちゃん』有馬めぐ役で知名度を上げ、その後もドラマ『山田くんと7人の魔女』や映画『好きっていいなよ。』など多くの作品に出演。また、バラエティ番組にも進出し、幅広く活動しています。

今回の『傷だらけの悪魔』出演にあたり、『あまちゃん』や『山田くんと7人の魔女』で意地悪な役を好演した足立は以下のようにインタビューに答えました。

「今回いじめられると聞いてビックリしました。いじめるの間違いじゃないのかと……(笑)。でもお話を聞くと納得。私なりの舞ちゃんを一生懸命演じたいと思います」
引用:eiga.com

小田切詩乃/江野沢愛美

舞が所属していたグループのいじめが原因で、不登校になってしまった過去のある小田切詩乃。演じるのは、千葉県出身、1996年11月1日生まれの江野沢愛美(えのさわ・まなみ)です。

雑誌『ピチレモン』を経て『Seventeen』の専属モデルに。NHK『すイエんサー』で「すイエんサーガールズ」としてレギュラーを務めるほか、「東京ガールズコレクション」などのビッグイベントにも出演する同年代の女子のカリスマ的存在です。

藤塚優里亜/加弥乃

藤塚優里亜は、舞へのいじめの実行犯となるクラスの女王様。演じるのは、東京都出身、1994年2月10日生まれの加弥乃(かやの)です。

子役としてミュージカル『アニー』に出演。多くの舞台やドラマで活躍したのち、AKB48の初期メンバーとして在籍しました。一時芸能活動を休止しますが、2013年『生贄のジレンマ 上』で復帰を遂げ、以降は映画『W〜二つの顔を持つ女たち〜』で主役を務めるなど、女優活動に精力的です。

名取静/岡田結実

優里亜の友人・名取静を演じるのは、大阪府出身、2000年4月15日生まれの岡田結実(おかだ・ゆい)です。父親は、お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右。

デビューはなんと1歳!子役のファッションモデルでした。NHK『天才てれびくんシリーズ』のレギュラーを務めたのち、雑誌『ピチレモン』の専属モデルも経験します。2016年現在バラエティを中心に活躍する岡田にとって、『傷だらけの悪魔』が演技初挑戦となるそうです。

そんな、岡田は今回の撮影にあたり初めてのことばかりで色々と”やらかした”んだとか。撮影現場に台本を持ってきてしまい、周りが誰も台本を持ってなかったことから慌てて台本を隠したり、逆に台本を撮影現場に忘れてきてしまったりと、舞台挨拶では失敗談もハツラツと語りました。

黒木唯/藤田富

詩乃の企てを見抜きながら静観するイケメン・黒木唯を演じるのは、大阪府出身、1992年4月14日生まれの藤田富(ふじた・とむ)です。

大学の歯学部に通いながらモデル活動をスタート。人気読者モデルを経て『Samurai ELO』の専属モデルとして活躍します。俳優としての仕事も徐々に増え、webドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』では主役を務めています。

当麻篤史/小南光司

優里亜に想いを寄せる不良男子・当麻篤史は、神奈川県出身、1994年12月12日生まれの小南光司(こみなみ・こうじ)が演じます。

美容室や『Samurai ELO』の専属モデルを務めながら、ドラマ『わたしを離さないで』や舞台『あんさんぶるスターズ!On stage』などへ出演し、俳優にも積極的に挑戦しています。バラエティ『ラストキス~最後にキスするデート』では、元AKB48・永尾まりやとの熱いデートが話題になりました。

監督を務める山岸聖太って?

『傷だらけの悪魔』の監督を務める山岸聖太(やまぎし・さんた)は、フリーの映像ディレクターです。

クセのある大胆な演出が持ち味と言われ、過去に携わったゲーム雑誌の付録のDVDでは、オープニングやコーナーの合間に「ノイローゼコンテンツ」と呼ばれる意味不明な映像を挿入。その異色の感性にハマったファンから絶大な支持を得ました。

星野源やユニコーン、チャットモンチーなどのミュージシャンのMVも手掛け、特に星野源との交流が深いとか。星野と共に「映像製作ユニット・山田一郎」としても活動しています。

映画に関しては、短編オムニバス『全員、片想い』で監督と脚本を務めていますが、長編は『傷だらけの悪魔』が初となるそうです。稀代の天才クリエーター・山岸聖太の手腕に熱い期待が寄せられます。

オーディションで主題歌を歌うシンガーを決定

『傷だらけの悪魔』映画化にあたり、主題歌を歌うシンガーを決定するオーディションが開催されました。応募資格は、芸能事務所やレコード会社に属さない中学生から21歳までの意欲ある女性。ファイナリストに残ったメンバーは、映画にちなんでセーラー服を着用し、映画で使われる楽曲を熱唱しました。

結果、約1万人の応募者の中から見事にグランプリに輝いたのは、東京都出身の奈々(なな)。ライブ活動をしながらプロのアーティストを目指していたそうで、今回の受賞により念願のデビューが決定。同時に映画本編にバンドメンバーとして出演することも決まり、奈々のパワフルな歌声にも注目が集まりそうです。