Pile様、『ラブライブ!』でデビューのハーフ声優に迫るまとめ

2017年8月25日更新

2013年に放送されたTVアニメ『ラブライブ!』で西木野真姫役を演じたPile。実はハーフでトリリンガル。その芸名の由来や歌手活動、やっぱり気になるμ'sのこと、好きなキャラクターをご紹介いたします。

Pileのプロフィール

Melody_Main_resize

出典: pile.asia

Pile(パイル)は1988年5月2日生まれのO型。東京都出身。本名は堀絵梨子です。ファンからはPile様、ぱいちゃんと呼ばれているようです。芸名は「暖かく包み込むような誰からも愛されるアーティストに」という意味を込めて、タオル生地のパイルからとリました。

声優活動や歌手活動の他に、俳優業でも活動しているそうです。

声優としてのデビューは『ラブライブ!』西木野真姫役ですが、歌手としてのデビューは2007年、俳優業は2005年のテレビドラマ『1リットルの涙』で生徒役を演じていました。

韓国人とのハーフ!韓国語、英語をも操る才女

pile

出典: kai-you.net

日本人の父と韓国人の母から生まれたハーフで、日本語と韓国語、英語をペラペラと話せるトリリンガル。

μ'sの「Wonderfuk Rush」PV冒頭で流れる空港の英語アナウンスもPileが喋っています。

『ラブライブ!』西木野真姫役で声優デビュー

西木野真姫『ラブライブ!』

2013年に放送された人気アニメ『ラブライブ!』では「イミワカンナイ」というセリフで人気を博した西木野真姫の声優を務めています。

アスキー・メディアワークス、ランティス、サンライズの3社が合同でプロジェクトした『ラブライブ!』。2010年始めに誌面の企画から始まり、2010年8月には最初のシングルが発売されました。

後述で記載していますが、引退まで考えていたPileは西木野真姫に対しての思い入れが強く、自身の2ndアルバムに収録されている「P.S.ありがとう…」と言う曲にメッセージを入れているそうです。

2007年に歌手デビュー

Pile『Your is ALL・・・』

2006年に行われた全国アジアンドールズオーディションで選ばれ、その翌年2007年には『Your is All...』で歌手デビュー。Pileという芸名がタオルから来ていることもあり、バスローブ姿でのデビューでした。

基本的には歌手として活動していたこともあり、実は声優としての仕事はあまり乗り気ではなかったようです。しかし、『ラブライブ!』のオファーで西木野真姫の姿を見た瞬間に、この役を快諾する事を決めました。

西木野真姫役が決まっていなかったら、歌手活動の引退も考えていたそうです。

そして2015年12月31日、μ'sの一員として第66回NHK紅白歌合戦に初出場しPileの夢がひとつかな叶ったそうです。

μ'sの中でもやっぱり歌うま!

『ラブライブ!』

歌手として活動していただけあってμ'sの中で歌のうまさもトップクラス。音楽大学を卒業している新田恵利と肩を並べていますが、クセのある声もあって2番目にうまいと言われているようです。

2014年には、1stシングル「伝説のFLARE」でメジャーデビューを果たし精力的に活動しているようです。Pile個人としてのライブも行っており、2016年年末から2017年年始にかけてライブツアーも開催されます。

μ'sメンバーとの仲の良さは?!

『ラブライブ!』

μ'sのメンバーとは仲が良いようです。互いのブログやTwitterでも度々一緒にいるところや写真がアップされています。

予定が合うときにはμ'sのメンバー(楠田亜衣奈・南條愛乃・新田恵海・Pile・徳井青空)でドライブ旅行をしたんだとか。長年一緒に仕事をしていたというだけあって仲の良さが伺えます。

うさぎのモフィが大好き!

『うさぎのモフィ』

出典: www.scp.co.jp

うさぎのモフィとは、ソニー・クリエイティブプロダクツがリラックマの作者コンドウアキとコラボして誕生したキャラクター。日本の絵本でテレビアニメとして放送されていました。

実はPileはうさぎのモフィが大好きで、ツイッターでも画像をアップしたり、収録現場にポーチを持って行ったりしているようです。ふわふわのうさぎが好きとは実に女の子らしい一面を持っていますね。