伊瀬茉莉也がかわいい!「プリキュア」声優・リーヤの魅力に迫る

2017年9月13日更新

『プリキュアの』キュアレモネードや『ポケモン』のユリーカで有名な美人声優の伊瀬茉莉也。演技や声優に対する想いは熱く、一児の母となった今も精力的に活躍しています。今回はそんな伊瀬茉莉也の軌跡と活躍作品についてご紹介します。

伊瀬茉莉也のプロフィール

伊瀬茉莉也は1988年9月25日生まれ、神奈川県の出身です。「まりや」からとって「リーヤ」と呼ばれています。自分の仕事に熱い信念を持っており、声優はアイドルではなく表現者、暇さえあれば芝居の腕を磨く為に時間を費やしたい、ブログはその合間に書く、などの言葉を自身のブログに書いています。

この意見にファンの中には賛否両論あるようですが、自分のやりたい事に誇りを持って挑んでいる姿勢が伺えます。2015年に結婚し、現在は1児の母となっています。

声優になったきっかけ

1997年に公開された映画『もののけ姫』に感銘を受け、作品を作る側になりたいという思いを抱いた伊瀬。『HUNTERxHUNTER』のミュージカルを見た際に、会場で会ったプロデューサーに声優になりたい旨を語り、声優の養成所であるミツヤプロジェクトを紹介されて入所しました。

声優の演じるミュージカルを見て声の芝居だけではなく、舞台での演技や歌と幅広く仕事が出来て面白そう、とも感じたそうで、演じたいという思いそのものがきっかけともいえます。

2004年に声優デビュー

2004年『愛してるぜベイベ★★』で声優デビューをしています。いじめ・虐待・親子の確執などの家庭問題や社会問題を題材にした作品で、この時はまだ伊瀬は端役でした。

その後2007年の『Yes!プリキュア5』でキュアレモネード役を演じてから、主役やヒロイン役を演じるようになっていきます。

アニメ「ポケモン」でユリーカ役を担当

伊勢の代表作の1つして「ポケモン」シリーズの1つ、『ポケットモンスター XY』のユリーカ役が上げられます。

『ポケットモンスター XY』はゲームソフト『ポケットモンスター』をアニメ化したもので、伊瀬の演じたユリーカはポケモンと旅をする事に憧れる、ちょっとおませな女の子で、準ヒロインという位置づけでした。

「プリキュア」ではキュアレモネード

2007年に放送された『Yes!プリキュア5』で、伊勢はキュアレモネードを演じており、この作品をきっかけに主役やヒロイン役を演じるようになりました。『プリキュアシリーズ』は魔法少女を扱った女児向けのアニメで、5人のプリキュアが登場します。

伊瀬はプリキュアの1人キュアレモネードを担当し、明るく頑張りやなアイドル少女を演じました。

舞台女優としても活躍

舞台で演じたり歌ったりもしたいという本人の希望通り舞台女優としても活躍しています。劇団アルターエゴ第27回公演「HAKKENDEN 2005」を始めいくつかの舞台に出演しており、アニメペルソナを舞台化した時は体調不良で降板する事となり、ファンに惜しまれた事もありました。

2016年には『甲鉄城のカバネリ』で、仕事熱心な姉御肌な侑那を演じています。

結婚、一児のママに 

2015年の1月に結婚し、現在は1児のママとなっています。一時は体調を崩した事で仕事を休んでおり、ファンから心配の声も上がっていましたが、結婚と同時に妊娠の報告があったとの事でダブルのおめでたとなりました。

ファンからはおめでとう、の声もたくさん集まり、本人もSNSで感謝の言葉をつづりました。ママになった後も精力的に仕事を頑張っています。