『3年B組金八先生 第5シリーズ』のキャストの現在は?!

2017年7月6日更新

『3年B組金八先生』1999年から放送された第5シーズンのあのキャストの「今」を紹介します。可愛かった子や印象深かった子など第5シーズンで活躍した総勢12名の現在を紹介します!ぜひ当時を懐かしんでください。

1999年-00年に放送された『3年B組金八先生 第5シリーズ』

本作は1999年10月14日~2000年3月30日(全23話)、TBSの木曜21時~22時枠にて放送されました。少子化によって桜中学の空き教室には老人介護施設が併設されることになります。金八はクラスを持たず生活指導主任の立場として学園生活を送っていますが、3年B組の担任が入院する事態になってしまい、3年B組の担任をすることになるのです。

暴力やいじめなどの問題が多かった金八先生シリーズですが、第5シリーズは「命」にテーマを置いた作品です!そして豪華な生徒キャストにも注目して下さい。生徒たちの現在を紹介します。

兼末健次郎/風間俊介

第5シーズンの主役ともいえる兼松健次郎。優等生なのに、裏では問題を抱え自分では手を汚さずに騒ぎを起こす健次郎。実は3年B組の担任が入院することになった1番の原因も健次郎でした。

この健次郎役を風間俊介が演じています。少年時代からジャニーズJr.に所属し、本作で主演生徒を演じ日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞しています。2016年現在ではジャニーズ所属、2011年『それでも、生きてゆく』ではザテレビジョンの第70回ドラマアカデミー助演男優賞、そして第66回日本放送映画藝術大賞の優秀助演男優賞を受賞しました。そこから俳優としての地位を確立しています。2013年に結婚、2015年にジャニーズJr.からジャニーズ事務所へ所属が変わっています。

安井ちはる/岡あゆみ

岡あゆみが演じた安井ちはるは健次郎の事を気にかけています。そして自分のことを気にかけている幸作(金八先生の息子)にその恋心に気が付かず、元気のない健次郎の力になってほしいと頼んでしまいます。

岡あゆみは本作で連続ドラマデビューを飾りました。その後はテレビドラマなどのゲスト出演、映画『クローズZERO』シリーズの出演などをしていましたが、2012年に結婚、2016年現在は一児のお母さんとなっています。2013年ドラマ『半沢直樹』に脇屋役として出演しましたが、出産後はあまりテレビ出演をしていないようです。

深川明彦/亀梨和也

健次郎の取り巻きだった明彦は、健次郎がクラスの中で孤立するにしたがって健次郎と立場が逆転していきます。この明彦役は亀梨和也が演じました。

亀梨和也は1998年にジャニーズ事務所に所属し、翌年の1999年本作にて連続ドラマ初出演しました。アイドルグループKAT-TUNとして活躍する傍ら、テレビドラマや映画出演、スポーツ番組キャスターなど幅広い活動ししています。そしてスポーツ番組内で「亀梨和也のプロ野球プロジェクト」を行っており野球解説なども行なっていたり、野球選手と対戦するなど野球の腕前も相当の持ち主です。

桜田友子/小高早紀

桜田友子は普段から男勝りな口調でかっこいい女子で、金八先生を平手打ちするシーンが印象深いです。実はこの平手打ちシーンは、台本にはなく桜田友子役である小高のアドリブだそうです。

そんな小高早紀は1998年のドラマ『美少女H』『美少女H2』でデビューしました。その後、1999年本作に出演しその後は2003年頃までドラマのゲスト出演などしていました。その後結婚し女優業は引退しているそうですが、2011年スペシャルドラマ『3年B組金八先生ファイナル〜最後の贈る言葉』には出演しています。

日野敬太/片山雅彦

日野啓太はヒノケイと言われ明彦と同じ健次郎の取り巻きです。このヒノケイ役は片山雅彦が演じました。片山雅彦は1982年生まれという事で本作に出演した時は17歳で中学3年生の役を演じたのです。

片山雅彦のデビューは本作になり、その後2002年『真珠婦人』や、ウルトラマンシリーズ『ウルトラマンネクサス』『ウルトラマンマックス』『ウルトラマンメビウス』などに出演しています。

塩沢好太/森雄介

健次郎から言われて元校長である大西を殴って怪我をさせてしまう役どころです。この好太役を森雄介が演じました。1996年 ジャニーズ事務所へ所属しその後本作にてデビューしました。 2001年にはシーブリーズのイメージキャラクターなども務めています。

その後、ジャニーズ事務所を退所し、他事務所へ移籍をするものの芸能活動を引退、その後はジャニーズ事務所のマネージャーを行っているようです。

松岡敏江/清水沙映

清水沙映が演じた松岡敏江はお調子者らしい一面があります。最初はいじめを楽しんでみているような子供でしたが、その後はいじめを否定するようになります。

清水沙映は1994年にドラマデビューを果たし、その後1999年に本作に出演、Vシネマやドラマなど出演をこなし2016年現在も女優として活動。最近では2015年に公開された藤井道人監督の『7s』などに出演しています。

山田邦平/五十畑迅人

桜中学の生徒会長で心臓に持病があるという難しい山田役を五十畑迅人が演じました。五十畑迅人は映画『愛を乞う人』や舞台などで活躍を行っていました。2006年~『おねがいマイメロディ』シリーズでは柊潤役をしていますが、最近は目立った活動はしていません。

米田真規子/倉沢桃子

倉沢桃子が演じた米田真規子は優等生で優しい子でした。倉沢桃子は子役時代から多くのドラマなどで活躍し、1993年の天才テレビくんや1998年おはスタのおはガールとしてレギュラーも持っていました。2008年以降は活動の場を音楽にうつし、MOMO名義や倉沢桃子名義で歌手活動を行っています。

中込祥夫/平野良

中込祥夫役の平野良はウェーブマスター所属で俳優活動を精力的に続けています。テレビドラマなどにも時々出演をしていますが、主に舞台で活躍している俳優です。毎年10本程の舞台に立ち2016年9月には東京ドーム公演『インフェルノ』にも出演します。

太田アスミ/森下加奈

3年B組の中でも特に可愛くてアイドルになる!と卒業後は養成所に通う事になる太田アスミですが、アスミ役の森下加奈は2016年現在は芸能活動をしていないようです。ドラマの放送が終わった後の2000年2001年には写真集を発売、その後は男性誌のグラビアを飾るなどを行っていましたがテレビなど表立った活動はありませんでした。

2007年に結婚したようです。当時の結婚式でも金八生徒メンバーが揃うなど交流はあるようです(他の生徒役の個人ブログなどから)。ただ森下加奈は事実上の芸能界引退という事で写真などは出回っていません。

坂本金八/武田鉄矢

そして最後に紹介するのは、金八シリーズの主役坂本金八を演じる日本を代表する俳優、武田鉄矢です。CM、バラエティ、映画にドラマに舞台、今も精力的に活動をしています。2016年現在、まだ67歳という事で今後も活躍は続きそうです。