時代劇コメディ映画7選!時代を超えて笑いを届けてくれる武士たち

2017年7月21日更新

時代劇は堅苦しいイメージだけでなく、柔軟に色々な要素を盛んでコメディとして楽しむこともできます。そんな時代を超えて笑いを届けてくれる武士たちを描いたコメディ映画をまとめて紹介!

和風コメディ!時代劇だけどコメディな作品を紹介

沢山のコメディ映画が存在していますが、その中でも今回は一風変わった『時代劇コメディ』にフォーカスして紹介します。時代劇と聞くと古臭い!なんて思ってしまう方も、気軽に楽しめる作品ばかりです。

松本人志監督が描く時代劇コメディ!

ある出来事により、侍として戦うことをやめ、刀を捨てた野見勘十郎(野見隆明)。そんな父に対し、娘(熊田聖亜)は反発していた。2人は、あてもなく旅をしていたのだが、無断で脱藩した勘十郎には懸賞金がかけられており、とうとう捕まってしまう。

しかし、奇人として世間では有名だった殿様から「30日の業」に成功したら、無罪にすると言われ…。松本人志監督が繰り出すギャグのセンスに、クスッとさせられる一本です。

猫に萌えながら楽しめる!

江戸時代末期、かつて一流の剣の使い手と恐れられた斑目久太郎(北村一輝)も、今やしがない浪人暮らし。ある日、彼の元に久しぶりに仕事の話が舞い込むが、なんとそれは対立する一家の親分がかわいがっている猫を暗殺せよとの命令だった。

久太郎はやむを得ず仕事を引き受けるが、踏み込んだ屋敷で彼を待っていたのは愛らしい白猫だった。白猫の可愛さだけでなく、その猫を守る斑目にも萌えること間違いなし!こんな侍が存在するのかと想像するだけで笑いが止まりません。

三谷幸喜監督と豪華キャスト陣で贈る群像喜劇

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。

勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。

数々の喜劇作品を手掛ける三谷幸喜監督がメガホンをとり、三谷ファミリーが大集結!豪華すぎるキャスト陣が演じる個性が溢れすぎる登場人物に要注目です!

現代の高校生が幕末にタイムスリップする、時代劇エンタテイメント

1868年、幕末期の江戸。迫り来る新政府軍と幕府軍の戦闘を避けたいとする勝海舟(玉木宏)は、新政府軍参謀・西郷隆盛(佐藤浩市)に和平交渉の使者を送る。

その返事が来ないことに気をもむ中、彼は幕府が捕らえた未来からやって来たと言い張る女教師・未香子(石原さとみ)と教え子・雅也の面倒を見ることに。

一方の未香子は自分たちと一緒に江戸時代へとタイムスリップしたほかの教え子を捜して未来に帰ろうとするが、目の当たりにしている出来事が史実と違うことに大きな不安を抱く。幕末時代と現代のズレから生まれるコミカル掛け合いが笑いを誘います!

弱小貧乏藩の笑って泣ける参勤交代を描く歴史エンターテイメント映画

8代将軍・徳川吉宗の治世下、東北の小藩・湯長谷藩は幕府から突然、通常でも8日かかり、さらに莫大な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うよう命じられる。それは藩にある金山を狙う老中・松平信祝(陣内孝則)の謀略で、弱小貧乏藩には無茶苦茶な話だった。

藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は困惑しつつも、知恵を絞って参勤交代を完遂させようと作戦を練る。袴を持ち上げ、全力のナンバ走りをみせなが ら参勤する姿は爆笑必至!監督は、本作『超高速!参勤交代 リターンズ』の本木克英監督。

中村義洋監督、阿部サダヲ主演による時代劇コメディ

江戸中期、財政が逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。

町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち……。貧乏な庶民が藩にしかける銭戦(ゼニバトル)に笑えるだけでなく、泣ける作品になっています。

2016年9月10日劇場公開の『超高速!参勤交代』続編!

『超高速!参勤交代』の続編も制作されています。前作で見事江戸への参勤を成し遂げた湯長谷藩でしたが、そもそも参勤交代とは〈参勤〉だけでなく、藩に帰る〈交代〉まで終えてこそ完結するもの。今度は故郷を目指し、ゆっくり江戸を出発する一行を描いています。

本作は2016年9月10日に全国劇場公開されます。