橘万里花の方言が可愛い!恋に積極的な『ニセコイ』ヒロインを徹底紹介

2017年7月6日更新

恋に積極的で、振り向いてもらうために頑張る姿が応援せずにいられない、『ニセコイ』のヒロイン・橘万里花。実は方言女子な一面、一条楽への熱烈なアプローチや一途なファンの存在など、健気で可愛いヒロインについてご紹介します。

橘万里花のプロフィール

橘万里花『ニセコイ』

橘万里花は、3月3日生まれの凡矢理高校の転入生で、物語のキーアイテムとなる思い出の鍵を持つ3人目のヒロインです。身長は151cm(2年生時:152cm)で体重は41kg、血液型はO型。警視総監の父を持つお嬢様であり、初恋の相手の一条楽一筋な女の子で、凡矢理高校にも楽を追いかけて転校してきました。

愛称の”マリー”を連想する、マリーゴールドの髪飾りと髪型、元の学校のセーラー服が特徴。小野寺小咲・桐崎千棘らと同様に、万里花も10年前の楽と出会っていて、何らかの約束をしているようです。

王道を行くドタバタラブコメディ『ニセコイ』!

『ニセコイ』

出典: matomame.jp

2014年と2015年にアニメ化された、古味直志の大人気ラブコメ漫画『ニセコイ』は、2011年から2016年8月まで『週刊少年ジャンプ』で連載された作品。近年では珍しい、王道でベタな展開が盛りだくさんの作風が人気を博し、4年9ヶ月に及ぶ長期連載となりました。

本作のストーリーは、主人公で「集英社」組長の息子・一条楽と、ギャング「ビーハイブ」のボスの娘・桐崎千棘が家同士のために”偽の恋人”を演じるというもの。楽が10年前に結婚を約束した少女、小野寺小咲・橘万里花らヒロインたちの人間関係が複雑に絡み合い、ドタバタラブコメディが展開されます。

愛くるしい見た目とは裏腹な性格

橘万里花『ニセコイ』

出典: prcm.jp

橘万里花は小柄で思わず守ってあげたくなる容姿です。性格は控えめで大人しいと思いがちですが、実はとってもパワフルかつ行動的!大胆さとお嬢様育ち故に世間知らずな部分が見られ、思い人の一条楽に挨拶代わりに抱き付くなど、突拍子もない行動に出ることが多々あります。

お嬢様らしく口調は丁寧なものの、歯に衣着せぬ物言いをするため、恋のライバルにはかなりの嫌味が飛び出すことも。心から嫌っているわけではなく、それぞれに一定の節度を持って接しているようです。

強気な部分が目立つ一方、いざ千棘たちに優しくされると慌てたり、楽に構われると照れてしまうのです。こうした一面を見ると、やはり庇護欲を掻き立てられてしまうのでしょうね。

お嬢様だけど実は方言女子な橘万里花

橘万里花『ニセコイ』

出典: matomame.jp

普段は一人称を「わたくし」と言ったり、「~ですわ」というお嬢様口調なのですが、本当は九州弁を話す方言女子なのです!

中学校時代にいじめっ子に制裁を与えて、学校を裏で牛耳っていた影響からか、喧嘩に負けそうになると思わず出てしまうこともあるのだとか。昔の知り合いに会ったり、いつもとは反対に楽から迫られたりすると、感情が高ぶって口から九州弁が飛び出してしまうそうです。

しかし、橘万里花にとって方言はコンプレックスになっている様子。意識的に使おうとしていないのに、時々出てしまう九州弁レアさとギャップも彼女の魅力です。

橘万里花は一条楽の婚約者!?

橘万里花『ニセコイ』

橘万里花は、父親同士の話し合いで決められた一条楽の婚約者であり、結婚可能な年齢になったことを理由に凡矢理高校に転校してきました。しかし、万里花が父に懇願して結ばれた婚約だったのに対し、楽の父が本気とは思わなかったせいで楽に話が伝わっていなかったようです。

さらに、10年前に出会った時は九州弁で接していたため、過去に仲良くなった少女”マリー”だと気付いてもらえないなど散々な目に。楽の好みに合わせようと口調を直したものの、かえって裏目に出てしまいます。

それでも、病弱故に幼少期を山の療養所で過ごしていた万里花にとって、一人で遊べる方法や幼稚園の出来事を語ってくれた楽は特別な存在。そんな相手を10年間も思い続けただけでなく、方言まで封印する健気な女の子なのです。

アプローチが積極的で可愛い!

一条楽&橘万里花『ニセコイ』

橘万里花の魅力は何と言っても、一条楽こと”楽様”へのアプローチが積極的なところ!現在も持病があり貧血の薬を常備しているのですが、そんなことは微塵も感じさせず、他のヒロインも白旗の行動力を発揮します。

例えば、楽がどれだけ好きかマシンガントークを炸裂させるのは序の口で、結婚資金を稼ぐためにアルバイトをするなど。振り向いてもらうための努力を惜しまず、進級すら危ぶまれるほどだった勉強面も、同じ大学に進学するために猛勉強するという一途っぷりです。

花嫁修業にも励んでいて、調理師免許まで取得した料理の腕は、作中屈指の実力を持つ楽を唸らせるほど。バレンタインにはその技術を発揮し、チョコレートで作った等身大の楽像を披露しました。

橘万里花を演じる声優は?

阿澄佳奈

橘万里花の声を演じる声優は阿澄佳奈です。

2005年頃から本格的に声優活動を始め、アニメ『ひだまりスケッチ』ゆうの役や『WORKING!!』種島ぽぷら役、『花物語』池沼蠟花役などを担当。近年では、”心を癒すやわらかなボイス”と称される声を活かして、優しい役からシリアスな役まで幅広く演じています。

また、声優ユニット「Friends」と「LIPS」としての活動経験もあり、多数のCDリリースを行ってきました。ラジオパーソナリティ歴も長く、自身の冠番組やアニメラジオなど多くの番組に出演しています。

橘万里花の可愛い画像まとめ

橘万里花『ニセコイ』

出典: matomame.jp

やっぱり笑顔が1番可愛い!こんなに可愛らしい子が、好きな人のために健気に頑張っているのを見たら、絶対に応援してあげたくなってしまいますよね。

橘万里花『ニセコイ』

流石はお嬢様といったところでしょうか、ティーカップを持つ仕草が様になっていて素敵です。こうした表情をすると、可愛らしさよりも大人びた美しい女性に見えます。

一条楽&橘万里花『ニセコイ』

アプローチが積極的な万里花なら、楽への「あーん」だってお手の者!もしも料理上手な万里花の手作りならば楽がうらやましい限りですが、嬉しそうな笑顔がとっても可愛いですね。

一途なファンから愛される橘万里花

橘万里花『ニセコイ』

一条楽だけを見つめてきた一方で、橘万里花自身も一途なファンから愛されており、『週刊少年ジャンプ』の人気投票でとあるファンの存在が話題に。4位に輝いた第1回目では、2694票の内1500票を手書きのハガキで投票し、2015年の誕生日には月の権利書と花束が万里花に届けられたそうです。

その人物の名は”千葉県のYさん”と紹介されており、2016年の第3回目の投票には参加しなかったものの、誕生日に合わせて特注のガラスの靴と花束を送ったのだとか。結果発表ページにて、プレゼントを身に着けている橘万里花の絵を確認することができます。

4年9ヶ月の連載に終止符を打った原作コミックスは、2016年10月4日に最終巻の25巻が発売予定です。ファンの応援を受けつつ健気に頑張ってきた万里花の恋、その結末をぜひチェックしてみてください。