『アメリカン・スナイパー』のエピソード27選!ブラッドリー・クーパーの役作りに脱帽!

2017年7月6日更新

ブラッドリー・クーパーがアメリカ軍兵士クリス・カイルに扮したこの戦争映画は、アカデミー賞へのノミネートともに、スマッシュヒットとなりました。そこでこの映画に関するトリビアをwww.ranker.comよりご紹介します。映画をまだ観ていない人はもちろん、観た人も必見です!

1:ブラッドリー・クーパーは役作りのために6000カロリーの食事をおこなった

christmasdinner-rex

実在の兵士クリス・カイルに扮したブラッドリー・クーパーは「役作りのためにはまず大きくなって増量するところからスタートしなければいけなかった」とは語ります。背丈が一緒だったものの、カイルの筋肉質な身体を再現するために高カロリー食品を摂取する“食事制限”をおこなったそう。

2:ブラッドリー・クーパーはカイルのテキサス訛りを習得するために2ヶ月半毎日5時間のトレーニングに励んだ

RichTexan

クーパーによると「4:30に起き2時間ジム、戻って8:00から10:30まで訛りの練習、14:00から16:30までジム、18:00から20:30まで訛リの練習さ。僕はただ食べて寝てカイルになりきるだけの生活を2ヶ月半送ったんだよ」とのことです。

3:ブラッドリー・クーパーにとって最も過酷な映画だった

American Sniper

「精神的にも体力的にもこれまでで一番きつい撮影だった。彼が実在の人物だったから、準備段階ではただただ不安だった。でもいざ撮影に入ってみると不安は全く感じなかった。僕は彼が用いていた3つの銃が使いやすいとすら思ったんだよ。常にどうやってこの銃を上手に使いこなすかというのを考え続けていたからね。」(クーパー談)

4:デービッド・O・ラッセルとスティーブン・スピルバーグの監督案があった

david-o-russell-and-steven-spielberg-considered-directing-photo-u1

ラッセルはワーナー・ブラザーズとの折り合いがつかず、またスピルバーグも興味を示したもののその話は流れました。イーストウッドに決まったのはカイルが亡くなった直後だったと言います。

5:クリス・カイルは文字通り「伝説の」狙撃手だった

Sniper Chris Kyle

その腕前はアメリカ史上最強と呼ばれるほどで、生存中に10もの賞を授賞しています。これこそがイラク戦争に派遣され、「レジェンド(伝説)」と恐れられた由縁なのかもしれません。

6:カイルの友人が出演している

Kevin+Lacz+TAr4mt5qhEem

実際に特殊部隊シールズでカイルと時を共にしたケヴィン・ラクツが登場しています。彼はクーパーを始めとしたシールズのメンバー役のキャストにトレーニングを施しています。

彼がクーパーに銃の使い方を教えていたとき、「映画に出るなんて考えたことある?」と聞かれたそうです。「自分の演技には自信がなかったけど、クリント(・イーストウッド)にビデオを渡して、だから今ここにいるんだよ」

7:評判の悪い人形の赤ん坊は三番目の選択肢だった

the-infamous-fake-baby-was-their-third-choice-photo-u1

なぜ本物ではなく人形の赤ちゃんを使ったのでしょうか。実は第一候補の赤ん坊は熱を出し、第二候補の赤ん坊は撮影現場に現れなかったためだとか。

8:撮影はモロッコでもおこなわれた

N07A6801.dng

イラク戦争が舞台となっていますが、実際の撮影はほぼカリフォルニアでおこなわれました。また、6日間ずつ2度ほどモロッコでも撮影をおこなったそうです。

9:マイケル・ムーアはこの映画に否定的

some-movie-goers-also-spoke-out-against-the-film-photo-u1

2015年1月公開映画の中で最高の興行成績を更新したものの、批判的な意見も聞かれます。

コメディアンのセス・ローゲンはこの映画と『イングロリアス・バスターズ』内のナチスのプロバカンダを比較しています。

また、マイケル・ムーアは自身のTwitterで、自分の叔父が第二次世界大戦中に狙撃手に殺害されたことを引き合いに出し、「狙撃手は背後から撃つ臆病者でヒーローではない」と述べています。

しかしこの2人の意見には批判が殺到しています。

とは言え、上の写真のように映画のポスターに「殺人者」と書かれた落書きがされたといった報告もあるようです。

10:監督自身がカメオ出演している

clint-eastwood-american-sniper-director

以前はアクション映画のヒーローとして活躍していたものの、最近では監督業のみでめっきりスクリーンに姿を見せなくなったクリント・イーストウッド。ところが今回はファンには嬉しいことに、映画の冒頭でカイルに聖書を盗まれる老人の役で出演しています。

11:当初主役には別の俳優が検討されていた

クリス・プラット

ブラッドリー・クーパーは映画化の権利を購入した当初、プロデューサーとしてのみ映画に関わり、主演のクリス・カイル役にはクリス・プラットが候補に挙がっていました。ふたりは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で共演しています。

12:クリスの妻タラ・カイル役には他にも3人の候補が居た

シエナ・ミラー

出典: variety.com

シエナ・ミラーがこの役に決まるまでにジェイミー・アレクサンダーケイト・マーラエヴァンジェリン・リリーが候補に挙がっていましたが、結果的にマーラは『ファンタスティック・フォー』、リリーは『アントマン』に出演することになりました。