『プリティー・ウーマン』あらすじ・キャスト・感想【ジュリア・ロバーツの出世作】

2017年7月6日更新

公開からすでに25年以上たった今でも、シンデレラストーリーの王道として君臨する『プリティー・ウーマン』はジュリア・ロバーツを有名ハリウッド女優へと押し上げた作品でもあります。そんな本作の魅力をご紹介します。

映画『プリティー・ウーマン』ジュリア・ロバーツ主演の大人気ラブコメディ

1990年に公開されて以来、25年以上の月日が経った今でもシンデレラストーリーの王道として君臨している『プリティー・ウーマン』。映画のヒロインであるビビアン・ワード役を演じたジュリア・ロバーツは、本作でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しました。

ビビアン役にはメグ・ライアンがキャスティングされる予定でしたが、彼女がオファーを断ったため、ジュリアに役がまわってきたとも言われています。

そんなジュリア・ロバーツはビビアン役が大当たりとなり、本作をきっかけにハリウッド女優としての階段をかけあがっていきました。

今回はそんな本作のあらすじやキャストなどをまとめて紹介します。

『プリティー・ウーマン』あらすじ

実業家のエドワード・ルイス(リチャード・ギア)はひょんなことからロサンゼルスの売春婦であるビビアンと出会います。

1晩300ドルで話し相手になって欲しいと頼むエドワードを不審に思うビビアン。初めて来たという高級ホテルの部屋で子どものようにはしゃぐ彼女を気に入り、ホテルに滞在する6日間共に過ごしてくれたら3000ドルという約束をします。

優しいホテルの支配人の協力もあり、素敵な女性としてのマナーや身だしなみを学ぶビビアン。2人は身分の違いを感じながらも次第に惹かれ合っていきます。

”いつか自分のもとに白馬の王子様が来てくれる”と夢見るビビアンのもとに白馬の王子様は本当にやってきてくれるのしょうか?

『プリティー・ウーマン』の豪華キャストをご紹介

エドワード・ルイス/リチャード・ギア

『プリティー・ウーマン』で主役のエドワード・ルイスを演じたリチャード・ギア。

大の日本好きとしても知られる彼ですが、これまでに2002年の映画『シカゴ』ビリー・フリン役や2000年の映画『オータム・イン・ニューヨーク』ウィル・キーン役など数多くの映画に出演しています。

本作では、仕事には厳しい実業家エドワード・ルイスを好演しました。こんな白馬の王子様が迎えに来てくれたら...。なんて思った人もいるのではないでしょうか。

ビビアン・ワード/ジュリア・ロバーツ

1999年の映画『ノッティングヒルの恋人』アナ・スコット役や2010年の映画『食べて、祈って、恋をして』エリザベス・ギルバート役など、ハリウッド女優として大成功を収めているジュリア・ロバーツ。

2000年の映画『エリン・ブロコビッチ』では、アカデミー賞を始めとする数多くの賞を総なめにしました。

『プリティー・ウーマン』では、自由奔放な売春婦ビビアン役を演じています。ビビアンは売春婦ではありますが、芯は強く体は許してもキスはダメというモットーを持っている女性。劇中では彼女の愛くるしい笑顔だけでなく、魅力的なファッションも注目ポイントです。

フィリップ・スタッキー/ジェイソン・アレクサンダー

アメリカ人俳優ジェイソン・アレクサンダーがちょっと嫌味なエドワードの弁護士フィリップ・スタッキー役を演じています。

彼は1989年から放送されたテレビドラマ『となりのサインフェルド』にメインキャストとして172エピソードに出演しました。

劇中ではエドワードを心配するあまりビビアンについて調べあげプライぺートにも口出しをするスタッキーを好演しています。

ジェームズ・モース/ラルフ・ベラミー

1904年にイリノイ州シカゴで生まれたラルフ・ベラミー。1991年に亡くなるまで、62年という歳月をテレビや映画出演に費やしています。

生前は100本以上の作品に出演し、『プリティー・ウーマン』への出演がべラミーにとって最後の映画出演となりました。

ベラミーはエドワードが買収を考えている会社のオーナー役ジェームズ・モースを演じていますが、リチャード・ギア演じるエドワードとの掛け合いでは、特に名優の演技が光ります。

ゲイリー・マーシャル監督

ニューヨーク出身の監督ゲイリー・マーシャルが『プリティー・ウーマン』の監督をつとめています。映画監督としてだけでなく、俳優として作品に出演するなど広く活躍しました。

2016年7月に死去するまでに、2001年の映画『プリティ・プリンセス』2010年の『バレンタインデー』など多くの作品をこの世に残しています。

『プリティー・ウーマン』の見どころ・関連情報

リチャード・ギアはオファーを断るつもりだった

『プリティー・ウーマン』のエドワードとビビアンのカップルを見ていると、パーフェクトなカップルに見えますよね。

実はリチャード・ギアはエドワード役を受けるつもりではなかったとも言われています。初めてジュリア・ロバーツに会った際、彼女からぜひこの役のオファーを受けて欲しいと頼まれて出演を決めたのだそう。

主題歌が世界中で大ヒット

本作の主題歌、1964年に発表されたロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」は、アメリカだけでなく世界中で大ヒットとなりました。本作を観たことのない人でも、この曲は知っている!という人も多いのでは?

『プリティー・ウーマン』の感想・評価【ネタバレ注意】

永久保存版映画

YU66 公開時から25年ぶりに鑑賞。 THIS IS ラブ&シンデレラストーリー! 非の打ち所がなく完璧な展開。

ジュリアロバーツは後にも様々な名作に出演していますが、こんなにキュートで適役なのは間違いなくこの作品。

本気になるまで唇にキスしないルールが良い。 お風呂でプリンス熱唱が良い。 ビッチファッションからエレガントには全 ての女性をときめかせるはず。

サントラも大好きでした! DVDは永久保存します。

王道のラブストーリー

____RiN____ 言わずと知れた超王道ラブストーリーにして、名作。主題歌も合わせて、あまりにも有名。

若き日のリチャード・ギアとジュリア・ロバーツの掛け合いが最高にチャーミングでキュート。本家「マイ・フェア・レディ」よりぐっと俗っぽくて、だからこそ含み笑いしながらわくわくしながら観られる。

はすっぱなジュリア・ロバーツのファッション、かわいすぎる。

人間としての成長も見られる

Yuka_Ono 『プリティ・ウーマン』鑑賞。王道シンデレラストーリー。なんで今まで観てなかったんだろう。現実離れしているけど観ていて一緒に悲しんだり喜んだりできる作品。女性だけじゃなくて男性も彼女との出会いによって人間として成長していくところがいい。

キュンとする映画

utakatafish くそー、可愛くていい話だったー

エドワードがヴィヴィアンの顔を物凄く愛おしそうに撫でるんだけど、それが見てらんないくらいの多幸感

ジュリア・ロバーツ初めてかわいいと思った!聡明なお顔立ち

お買い物のシーンと、ラストがめっちゃくちゃキュンとする!!くそー!最高!