(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

映画『きょうのキラ君』あらすじ・キャスト【ネタバレあり】

2017年7月6日更新

2017年2月25日に公開が決まった映画『今日のキラ君』。大ヒット少女漫画の実写作品となっています。"キュン泣き"できると話題を集めている恋愛映画です。今回は映画のあらすじやキャスト、関連情報などご紹介します。

人気漫画待望の実写化!映画『きょうのキラ君』

大ヒット少女漫画が遂に実写化!イケメン男子「キラ君」と女子高生「ニノ」の胸キュンラブストーリー作品『今日のキラ君』が、2017年2月25日に全国で公開予定です。主人公のキラ君(吉良ゆいじ)を演じるのは人気俳優・中川大志、ヒロインのニノ(岡村ニノン)を演じるのは飯豊まりえと、今をときめく若手俳優をキャスティングとなっています。

また、今注目の俳優や実力派俳優らが脇をかためます。

監督は、映画『海月姫』や『のだめカンタービレ 最終楽章後編』の川村泰祐が務めます。若手俳優を中心に、初々しくも引き込まれるような恋を描いた漫画の実写化。見逃せません!映画のキャッチコピーは、「大切な1日、かけがえのない1分1秒。わたし、365日、一緒にいます。」です。

映画『きょうのキラ君』のあらすじ

学校一のイケメン・キラ君と、初めて恋に落ちた女子高生・ニノが育むラブストーリー。しかし、この2人が急接近したのは、キラが抱える秘密がきっかけでした。

秘密を知ったことで想いに気付くことは出来たけれど、辛い現実とも向き合うことになったニノは、キラ君の笑顔をずっと見ていたいがために奮闘。そして、そんな気持ちに応えるかのようにニノに笑顔を見せるキラ君の姿に益々想いも強くなっていきます。

好きな人とずっと一緒にいたいと思う気持ちを強く思うニノとキラ君、そして同級生の矢部と澪も加わり、かけがえのない365日が始まります。

映画『きょうのキラ君』の気になる主人公とメインキャスト

キラ君/中川大志

キラ君こと、「吉良ゆいじ」は学校中の女子が憧れるイケメンでありながら大きな秘密を抱える男子高校生です。演じるのは若手俳優の中川大志。爽やかな笑顔と演技力から、映画『四月は君の嘘』や、大河ドラマ『真田丸』にも出演しています。10代の女子からの人気だけでなく、男女問わず幅広い年代から注目を集めている正統派イケメン俳優です。

ニノ/飯豊まりえ

人と関わることが苦手で、辛い過去を持つニノこと、「岡村ニノン」を演じているのは女優の飯豊まりえ。雑誌の専属モデルとしての活動に加え、女優として映画『MARS~ただ、君を愛してる~』への出演するなどその活躍ぶりから人気上昇中です。また同性からの支持もあり、今回のヒロイン役でさらに注目を集めることになりそうです。

矢部和弘/葉山奨之

(画像左) キラとニノのクラスメイトで、クラスでもムードメーカー的な存在の「矢部和弘」を演じるのは葉山奨之。矢作凛に一目惚れしてしまうといった場面もあり、重要なキャラクターのひとりでもあります。

葉山奨之(はやましょうの)は、2011年にドラマ『鈴木先生』で俳優デビューを果たしました。その後も、映画やドラマ、CMなどの多数の仕事をこなし、これからの活躍が注目されている俳優のひとりです。

矢作凛/平祐奈

(画像右) キラと小さいころからの病院仲間「矢作凛」を演じるのは平祐奈です。小さいころから病院で一緒だったことからキラとは幼馴染の関係。クールビューティーで、ドSな要素も持つといったキャラクターとして登場します。

平祐奈は、2011年から女優やタレントとして活動しています。2015年には、『案山子とラケット〜亜季と珠子の夏休み〜』の小田切亜紀役で映画初主演を果たすなど、演技力の成長からも目が離せない、今注目の若手女優です。

脇をかためる実力派俳優(?)陣

吉良幸平/岡田浩暉

キラ君の父親・吉良幸平を演じるのは岡田浩暉です。モテ男でもあるキラの父親ということで、その外見からもぴったりの役柄となっています。岡田浩暉は歌手としての活動も行っていた俳優です。俳優としては、ドラマや映画など多くの作品に出演し、その演技力も評価されています。

岡村かのん/三浦理恵子

ニノの母親・岡村かのんを演じるのは三浦理恵子です。アイドル出身の三浦理恵子。今では、女優として多くの作品に出演しており、その実力からも支持される人物です。

岡村隆弘/安田顕

ニノの父親・岡村隆弘を演じるのは安田顕です。安田顕は、森崎博之がリーダーを務め、大泉洋などが所属している演劇ユニット「TEAM NACS」の一員としても有名です。舞台活動だけでなく、ドラマや映画でも活躍する俳優として人気を集めています。

ニノのペット・オカメ先生/サバンナ高橋

ニノのペットであるインコのオカメ先生の声を演じるのはお笑い芸人サバンナの高橋茂雄です。高橋茂雄は近年NHK Eテレの教育番組「みいつけた!」の人気キャラクターコッシーのアテレコを担当したり、『ズートピア』でチーターのクロウハウザーの声を担当したりと声優としての目覚ましい活躍をしています。

原作漫画の大ファンだという高橋は以前から原作者であるみきもと凜とツイッターで交流があり、出演を熱望していたそうです。その際にツイッターでみきもと凛から高橋茂雄へ直接、映像化の際にはオカメ先生の声の声を演じてくれとオファーをしていたそうで、今回そのオファーが叶った形となりました。

映画『きょうのキラ君』の主題歌を歌うのは「Alexandros」

[Alexandros]

映画『きょうのキラ君』の主題歌「今まで君が泣いた分を取り戻そう」を歌うのが今話題の4人組ロックバンド[Alexandros]です。

2001年にバンドを結成。2011年にシングルデビューを果たし、幅広い層から注目を集めます。ロックフェスやライブイベントにも多く参加しており、2014年には武道館でのライブが行われました。CMやドラマでもタイアップされるなど、今話題を集めるバンドです。

「Alexandros」の川上洋介が映画『きょうのキラ君』に出演!

主題歌「今まで君が泣いた分を取り戻そう」を歌うのは話題の4人組ロックバンド[Alexandros]ですが、その[Alexandros]でボーカルを務める塩顔イケメンの川上洋平が、英語教師として作品に出演します。

演技をするのは初の挑戦ということですが、帰国子女のネイティブな英語で、本物の英語教師顔負けの姿を見せてくれるでしょう。

胸キュン必至のカーテンの刑を伝授!

作品中で名シーンとも言える「カーテンの刑」。中川大志演じるキラが飯豊まりえ演じるニノをカーテンの中に引き込み、突然キスをすると言う、胸キュン必死の大人気シーンです。

この「カーテンの刑」をレクチャーする動画が解禁され、なんと主役の二人が「カーテンの刑」をカッコよく行う方法を伝授してくれています!照れながらも二人で「カーテンの刑」をレクチャーする様子はなんとも微笑ましく、雑誌「popteen」で取り上げられるなど大きな話題を呼んでいます。

「日本中にもっと『カーテンの刑』で胸キュンを届けたい!」と言う、二人の熱い思いが込められた名シーンを、劇場で観るのが楽しみですね。

バレンタインデーイベントに中川・飯豊の2人が参加!

映画のヒットを祈願して行われたバレンタインイベントに、主役の中川大志と飯豊まりえの2人が登場しました。東京タワーで行われたイベントでは点灯式もあり、2人の掛け声とともに東京タワーがバレンタイン限定カラーに点灯。

“夢・幸福”を表現したピンクと“愛・感謝”を表現したレッドの2色が交互に点灯。ハートの形に灯が灯るなど、可愛らしい演出を2/14までの期間限定で誰でも楽しむことができます。

映画『きょうのキラ君』の監督は川村泰祐

映画『きょうのキラ君』で監督を務める川村泰祐。2010年に映画『のだめカンタービレ 最終楽章後編』で映画監督デビューしており、その後も映画『LDK』や『海月姫』といった作品を手掛けました。また、テレビの演出家としても活躍しています。

川村泰祐監督が手掛けた少女漫画の実写ラブストーリー『きょうのキラ君』の公開が楽しみです。

『きょうのキラ君』の原作漫画は?

『きょうのキラ君』は漫画家みきもと凜により別冊フレンドで連載された漫画です。みきもと凜といえば『近キョリ恋愛』が映画化されたことが記憶に新しいのではないでしょうか?

約3年間にわたり連載され、単行本も9巻発売された人気作品です。綺麗な作画に王道の少女漫画展開はもちろん、それだけでなく主人公のニノに勇気をもらえるような作品になっています。

『きょうのキラ君』の原作ネタバレは!?

主人公のニノン(ニノ)は過去にいじめられており、そのトラウマから前髪を長く伸ばし、周囲と距離を置くようになっていました。そんなニノの唯一の友達はペットのオカメ先生。オカメ先生は関西弁を話すことができ、ニノが学校へ行く時は剥製としてニノの肩の上に乗って彼女を助けたり何かとニノを世話をしてくれます。しかし、オカメ先生を毎日肩に乗せていることから”鳥女”というあだ名で呼ばれてしまうのでした。

そんなニノの通う学校には、女癖が悪い遊び人の吉良(キラ)というイケメンがいます。ニノの隣の家に住んでいるものの、2人にはまるで接点はなく、ニノの母が立聞きした”キラの寿命があと1年”ということも調子のいい嘘とニノは信じなかったのでした。

しかし、それは嘘ではなく事実で、さらにニノはオカメ先生が剥製ではないということをキラに知られてしまいます。お互いの秘密を知られたキラとニノ。そんな2人はこの日をきっかけに交わらなかった関係がだんだんと混じり合うようになります。

だんだんと惹かれ合うニノとキラですが、キラには1年という寿命があり、そのタイムリミットは刻々と2人を襲い...。

心臓の悪いキラは、心臓の手術を受けるためにアメリカ・ニューヨークへ向かいます。しかし、キラはその途中で心臓が止まってしまいニノとキラが2人で歩くはずであった未来に暗雲が。その後キラは目を覚まし、手術も成功しますが、なんと次はオカメ先生がいつものように言葉を話さなくなってしまったのです。

その理由はオカメ先生の体に腫瘍ができてしまい、その腫瘍を取り出すのは困難であるため自分の死期を悟りニノとの別れが苦しくならないようにとオカメ先生は意図的に話すことをやめたのでした。ニノとオカメ先生はお互い最後まで今まで通り過ごそうと約束をします。そしてオカメ先生はなくなります。

無事に心臓が治ったキラですが、次は父親の関係で大阪に行かなくてはいけないことに。大阪に飛び立つ前、キラとニノは帰ってきたら結婚することを約束します。そして帰ってきたキラとニノの間には子供が。

その子供はオカメ先生にそっくりで関西弁を話す子供!まるで生まれ変わりのような存在がまた2人に現れたのでした。