映画『ベン・ハー』2017年リメイク版のあらすじ・キャスト・感想まとめ

2017年7月6日更新

2017年日本公開の『ベン・ハー』のリメイク版。ジャック・ヒューストンを主役に迎え、1959年に公開された名作が新しくなって戻ってきます。これまでに公開されている情報や感想をチェックしていきましょう。

伝説の名作、『ベン・ハー』がついにリメイク!

みなさんは1959年に公開された『ベン・ハー』はご存知でしょうか。実は『タイタニック』(1997年)や『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003年)に並び、アカデミー賞史上最多受賞作品でその記録は未だに抜かれていない名作です。

そんな名作が最新技術でリメイクされ、2017年に日本でも公開されます。それでは早速詳細をチェックしていきましょう。

リメイク新作『ベン・ハー』のあらすじをチェック

キリストが復活するよりも前のエルサレム、物語はある義兄弟から始まります。王族でユダヤ人のベン・ハーとローマ生まれの義兄メッサラはとても仲の良い兄弟でした。

ある日メッサラはローマ軍として戦うためにベン・ハーの元を去ります。二人が再会したとき、メッサラはローマ軍司令官でした。

しかし、ローマ人に恨みを持ったユダヤ人がある事件を起こします。メッサラに裏切られ、罪に問われたベン・ハーは家族とも引き離され、ローマの奴隷として扱われます。

5年後、奴隷として乗っていた船が敵の襲撃により沈没。海岸に流れ着いたベン・ハーは族長イルデリムと出会います。メッサラを恨んでいたベン・ハーはイルデリムの助けを得ながら、命がけの復讐に挑むことになるのです。

気になる2017年版『ベン・ハー』のキャストは?

伝説の映画を蘇らせるキャストたちをみていきましょう!

主演は映画界のサラブレッド、ジャック・ヒューストン

名監督であるジョン・ヒューストンを祖父に持ち、父親は俳優や作家として活躍するトニー・ヒューストンです。有名俳優や女優の親戚を持ち、ジャック自身も『アメリカン・ハッスル』(2013)や『ザ・ロンゲスト・ライド』(2015)にも出演してきましたが、今回主役の「ベン・ハー」は初めての大役です。

兄の「メッサラ」を演じるのはトビー・ケベル

トビー・ケベルは『猿の惑星:新世紀』(2014)で重要なキャラクターである猿(エイプ)のコバ役、『ファンタステック・フォー』(2015)で主要キャラクターの一人、ヴィクター・フォン・ドゥーム役など、さまざまな有名作品に出演してきました。2009年には英国アカデミー賞のライジング・スター賞にノミネートされました。

安定感のある演技!モーガン・フリーマンが「族長イルデリム役」

これまで何回もアカデミー賞にノミネートされ、『ミリオンダラー・ベイビー』(2004年)では、アカデミー助演男優賞を受賞しました。数えきれないほどの有名作品の中で熱演してきたモーガン・フリーマンは今回はどのようなすばらしい演技を見せてくれるのか、楽しみですね。

物語の鍵を握る!?「イエス」を演じるのはロドリゴ・サントロ

ブラジル出身俳優の中で最も有名な俳優の一人である、ロドリゴ・サントロが「イエス」役を演じます。2004年にはピープル誌の「世界で最も美しい50人」に選ばれたほどのイケメンです。『300』(2007)、『300~帝国の進撃~』(2014)ではクセルクセス1世を演じました。

新作『ベン・ハー』の見どころ、関連情報

臨場感たっぷりのチャリオットレース

チャリオットレース(戦車競走)とは人が乗った二輪車を馬に引かせて競走する競技。実はとても危険な競技で人や馬が亡くなることもあります。しかし、監督のティムール・べクマンベトフはチャリオットレースのリアル感にこだわり、わずかな特殊効果以外にはCGを使用せず、実際にチャリオットを走らせ、競技シーンを撮影しました。

実は今回5回目の映画化!?

2017年に日本公開される『ベン・ハー』のリメイク版ですが、実は今回2回目の映画化ではないのです。1907年、1925年にはサイレント映画として、2003年にはアニメ映画として制作されました。

話題のあの人が主役だったかも!?

『アベンジャーズ』(2012)のロキとして知られ、2016年に最も稼いだ女性ミュージシャンである歌姫テイラー・スウィフトと交際3か月でスピード破局したことでも話題になったトム・ヒドルストン。かつては主役の「ベン・ハー」を演じるのはトムではないかと囁かれていました。

予告編や関連動画を公開前にチェック!

公開は2017年ですが、予告はすでに公開

予告編では短いですが、チャリオットレースの臨場感が伝わってきますね!

あなたもチャリオットレースの騎手に!?

映画公開まで待てないあなたにはこの動画を楽しんでみては?自分が騎手になった目線で動画が作成されており、マウス操作で360度景色が見渡すことができます。ぜひ全画面でお楽しみください。

日本公開はいつ?

すでに60か国以上で公開されている本作。いよいよ日本でも公開されます。 気になる公開日は2017年1月13日。楽しみですね!

感想まとめ【ネタバレ注意】

日本ではまだ公開されていませんが、米国では2016年8月にすでに公開されているため、米国映画情報サイトには多くのレビューが投稿されています。人気映画情報サイトの一つである、IMDbでは平均5.7/10の評価を得ています。それではレビューをいくつかピックアップしていきましょう。

実際はすごくよかった

観る前は期待してなかったけど、かなり楽しめた!映像がすばらしい!私は考古学・・・具体的にいうと古代ローママニアなんだけど、いつも博物館でみているものが映画の中で蘇っているのを観て、こんなに熱中したり、興奮したことなんて長年なかった。戦車競技場がすばらしい!コスチュームやセットも。つまりアートディレクターは天才だ。
引用:imdb.com

1959年版は希望、許し、目的や愛する人のための戦いを描いた映画。2016年版はチャリオットレースを描いた映画

おもしろかった。よく作られていて、思っていたよりも演技がよかった。ストーリーは知っていたけど、同じストーリーに新しいアイデアを加えて再考されていた。一方で、新しさを出すためにオリジナルのストーリーとは違うところがあったけど、斬新さや驚きはあまりなかった。
引用:imdb.com

良い映画

1950年版『ベン・ハー』のような傑作とは思えないけど、キャラクターもいいし、良いシーンもたくさんある。トータルで考えたら2時間楽しむにはよいエンターテイメント作品。
引用:imdb.com