2017年7月6日更新

アニメ『ハピネスチャージプリキュア!』の知っておきたいこと

東映アニメーションの大ヒットテレビアニメ、プリキュアシリーズ10周年記念作品『ハピネスチャージプリキュア!』。合言葉は「ハピネス注入」でみんなと自分の幸せのために戦うプリキュアを紹介します。

『ハピネスチャージプリキュア!』のこと覚えてる?

『ハピネスチャージプリキュア!』は東映アニメーションのプリキュアシリーズ第11作目の作品で、歴代プリキュア9代目になります。2014年2月から2015年1月まで、全49話が放送されました。

プリキュアシリーズは2004年に放送開始し、『ハピネスチャージプリキュア!』はシリーズ10周年記念作品。

『ハピネスチャージプリキュア!』は「幸せ」がテーマで、わがままで自己中心的なキャラクターたちが、悩みながら幸せを探す姿を描いています。前作の『ドキドキ!プリキュア』では自己中心的部分に否定的だったため、イメージがガラッと変わった作品になりました。

アニメ『ハピネスチャージプリキュア!』のあらすじ

劇中ではプリキュアチームの活躍が日々ニュースに流れるなど、誰もが知っている有名なチームという設定。世界中の女の子たちがプリキュアに憧れていました。

あるとき、愛乃めぐみはブルースカイ王国の王女の白雪ひめという少女と出会い、彼女とともに不幸オーラがエネルギー源の悪の組織と「幻影帝国」と戦います。

その後大森ゆうこ、氷川いおなも加わり「ハピネス注入」を合言葉に、プリキュアとして活躍していきます。

前作『ドキドキ!プリキュア』のあらすじをおさらい!

『ドキドキ!プリキュア』は東映アニメーションの「プリキュアシリーズ」10作目でプリキュアたちは8代目です。

突然「ジコチュー」という謎の勢力がトランプ王国を侵略し、王国は滅亡してしまいました。

主人公の相田マナは社会見学で、「ジコチュー」と叫ぶ怪物に出くわします。暴れる怪物の前に飛び出したマナは不思議な力でキュアハートに変身。それは不思議な力を持ったアクセサリー「キュアラビーズ」の力と妖精シャルルによるものでした。

マナと彼女の親友の六花、幼なじみでお嬢様のありすとアイドル歌手の真琴で「ドキドキ!プリキュア」を結成。トランプ王国出身の真琴のため、アンジュ王女を探すことを誓ったのです。

「ドキドキ!プリキュア」は愛と勇気でジコチューたちを浄化していきます。

恋愛のタブーを打破!

今回の『ハピネスチャージプリキュア!』は、等身大の中学生が思う幸せをクローズアップするために恋愛を取り入れたようです。プリキュアレギュラー全員の恋愛エピソードが描かれ、嫉妬や失恋などの感情をリアルに表現されています。

近年のシリーズでは自己犠牲してでも地球を救うというスタイルが主流でしたが、今回は“自分の幸せもみんなの幸せも大切”という思いを重要。

初期のプリキュアシリーズは恋愛要素を控えていてそれが作品の個性になり、恋愛がタブー視されていました。今回は積極的に取り上げたため、タブーを打破し挑戦した作品と言えるでしょう。

フォーム数がシリーズ最多

『ハピネスチャージプリキュア!』の変身モチーフのキーワードは「オシャレ」です。変身アイテムのプリチェンミラーとプリカードを使いプリキュアに変身し、さらにバレリーナやダンサーなど多種多様なフォームチェンジをします。登場するフォームはシリーズでは過去最多。

またフォームチェンジ後の、ダンスによって戦うシーンも見どころの1つです。

『カードキャプターさくら』との共通点

『カードキャプターさくら』は原作者「CLAMP」の漫画からアニメ化、ゲーム化までメディアミックスされました。主人公、小学四年生のさくらは「カードキャプター」となり、災いをもたらす「クロウカード」の回収に奮闘します。様々なキャラクターたちの恋愛も描いたアニメ作品です。

普通の女の子が変身し戦う主人公を含めて複雑に交錯する恋愛や、年上の男性キャラクターに憧れを抱いているなどの共通性が挙げられます。逆に相違点として、同級生男子が『カードキャプターさくら』では戦闘要員として登場しますが、『ハピネスチャージプリキュア』ではそれがありません。

劇場版でまさかのふなっしー登場

劇場版第17弾の『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』は、監督やキャラクターデザインなど、今までプリキュアを担当したことのない外部からの起用となりました。「外部のスタッフをメインに据えて作るのも面白い」というのが起用した理由のようです。

ゲスト声優として過去に『ふたりはプリキュア Splash Star』のレギュラー出演をしていた森川智之などが起用され、その他になんと千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」本人役で出演し本作を大いに盛り上げてくれました。

作品冒頭で「ふなっしーショー」の真っ最中に突然現れた、サイアークとプリキュアが戦うシーンでふなっしーが登場しています。

プリキュア墓場が禍々し過ぎる

プリキュアは大ダメージを受けると変身解除状態になります。これは痛々しい表現を避けた演出で『ハートキャッチ』以来の復活になります。

本作では、変身解除状態になった後、棺桶状の鏡に封印し墓標としました。そしてプリキュア墓場に封印されたプリキュアを閉じ込め、解放する手立てはプリキュア側には無いのです。

プリキュア封印は「戦死」を意味しているのは明らかで、これもまた過去シリーズにはなかったことです。

初報前の悲劇!Amazonからバレた?

プリキュアに限らず、リーク情報や雑誌のフライング情報の真偽がつかめないのは残念ながら暗黙の了解になっています。『ハピネスチャージプリキュア』の場合は、公開前のキャラクターの絵が載った商品とキャラクター名がAmazon.co.jpにしっかりと掲載されてしまったのです。

メーカーはバンダイグループの一社だったようで、まさかのところからバレてしまいました。早々にAmazonは問題の商品を削除しましたが、ネット上は騒然となりニュースにも載ってしまう状態になって、世間を騒がしてしまいました。