実写ドラマ・アニメ『クズの本懐』あらすじ・キャスト・登場人物

2017年7月6日更新

高校生のシビアな恋愛模様を描いて話題の漫画『クズの本懐』。衝撃的なタイトルと過激なストーリ展開に惹きつけられてしまうこの作品が、ついにテレビアニメ化!そして、なんと同時に実写ドラマとなることも発表されました。2017年1月の放送開始前に『クズの本懐』のあらすじ、キャスト、みどころをチェックしておきましょう。

同時にドラマ化・アニメ化が決定!『クズの本懐』

実写ドラマ化決定!

横倉メンゴ原作の漫画『クズの本懐』が2017年1月から、テレビドラマ化されることが決定しました。高校生の歪んだ恋愛模様を描いた話題の漫画のドラマ化とあって、注目を集めています。主演は若手俳優の桜田通と吉本実憂が務めます。

ドラマ放送は2017年1月18日の深夜1:55よりフジテレビ系列で開始されるということです。

ノイタミナでアニメ化も!

ドラマ放送スタートと同時期の2017年1月より、同じくフジテレビ系でアニメ放送が開始されることになり、なかなか例をみない「アニメ」と「ドラマ」の同時放送が実現することとなりました。

アニメ『クズの本懐』が放送されるのはフジテレビの『ノイタミナ』枠。これまでヒット作や話題のアニメを放送してきた枠だけに、さらに期待が高まりますね。

『クズの本懐』のあらすじ

主人公の安良岡花火は、同じ高校に通う粟屋麦と恋人同士。しかし二人は表面上だけの関係で、実はお互いが想いを寄せる人がいることを了承済み。花火の心には幼い頃から憧れている鐘井鳴海がいて、麦は元家庭教師の皆川茜に恋心を抱いています。どちらかの恋が実ったら関係を終わらせることを条件に歪んだ仮面恋愛を続ける二人。二人の思いびとである鳴海と茜が急接近することで奇妙な四角関係が繰り広げられていきます。

実写ドラマ版登場人物&キャスト

安楽岡花火/吉本実憂

主人公の安楽岡花火は、高校2年生の優等生。幼い頃から"お兄ちゃん"と慕っていた鐘井鳴海に恋をしています。しかし、その恋心を隠し、同じ学校に通う粟屋麦とお互いの片思いの寂しさを慰めあうだけの歪んだ恋愛関係を続けています。

主人公の女子高生・花火を演じるのは、吉本実憂。

月9ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』への出演のほか、映画『罪の余白』では怖すぎる女子高生を演じ、話題となりました。人気を博した朝ドラ『とと姉ちゃん』にも出演していました。

粟屋麦/桜田通

ヒロイン安楽岡花火と交際している少年、粟屋麦は、実はかつて家庭教師をしてもらっていた皆川茜に想いを寄せています。表面上だけの恋人同士である花火との関係ですが、お互いの身体の欲求には忠実なふたり。花火以外にも関係を持つ女性が麦には数人います。

花火と不思議な関係を築く麦には、注目の若手俳優・桜田通。

数々のドラマに出演経験があり、近年では『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』や『ラブラブエイリアン』に出演していました。

鐘井鳴海/水田航生

安楽岡花火が幼少の頃から密かに恋心を抱いている相手が"お兄ちゃん"こと鐘井鳴海です。鐘井は、花火たちが通う高校の新任教師として赴任。花火は複雑な心境で学生生活を送らなくてはいけなくなります。しかも、鐘井が恋をしているのは、粟屋麦が想いを寄せる皆川茜。取り巻く環境はどこまでも複雑を極め、花火と麦はどんどん歪んでいきます。

そんな"お兄ちゃん"を演じるのは若手俳優の水田航生。

『テニスの王子様』のミュージカルの他、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』などに出演していました。

皆川茜/逢沢りな

粟屋麦が恋をしている皆川茜は音楽教師であり、鐘井鳴海と同時期に麦たちが通う高校に新任教師として赴任してきます。清楚なルックスとは裏腹に、人から男を奪うことにしか興味がない茜。同僚である鐘井と徐々に親しくなっていき、花火の対抗心に火をつけます。

主人公麦の家庭教師・皆川茜役を女優でグラビアモデルの逢沢りなが演じています。

麦が惹かれる大人の女性の役どころですが、テレビ・映画での出演も豊富な逢沢りなならではの演技に期待が集まっています。

絵鳩早苗/池上紗理依

早苗は花火の唯一の女友達。一緒に買い物に行ったりお泊まり会をしたりと非常に仲が良いです。しかし、早苗は花火と麦の表面的な関係を感じ取り疑問を抱いています。

早苗を演じるのは池上紗理依。9歳の時に子役デビューをし、ジュニアアイドルとして活動していました。現在はグラビアアイドルとして活躍しながら、女優としての活動の幅も広げています。

アニメ『クズの本懐』の担当声優

安楽岡花火/安済知佳

安済知佳は、中学生の頃から声優の勉強をスタートさせ、2009年にはアニメ『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』でデビューします。その後も話題のテレビアニメに多数出演し、2013年の『ダンボール戦機WARS』での細野サクヤ役、2014年の『悪魔のドリル』での首藤涼役で人気と知名度を得ました。

粟屋麦/島﨑信長

粟屋麦役を務める声優は、島崎信長です。2009年『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』の地井ハヤト役でデビューし、2012年には『あの夏で待ってる』の霧島海人役で初主演を務めます。『好きっていいなよ。』や『銀の匙 Silver Spoon』など、その後実写映画化された話題作品にもメインキャラクターとして数多く出演している、注目の人気声優です。

鐘井鳴海/野島健児

鐘井鳴海を演じる野島健児は、1996年にテレビアニメ『家なき子レミ』でデビューし、1999年のBLUE GENDERの海堂祐司役で主演を務めます。2010年『バクマン。』でのハヤト役や2014年『弱虫ペダル』、最近では2016年放送の『美少女戦士セーラームーンCrystal』でタキシード仮面こと地場衛役を務め、話題となりました。

皆川茜/豊崎愛生

皆川茜役を務める豊崎愛生は、2007年にデビューを果たし、順調にキャリアを重ねてきた声優です。歌手としてもユニットを結成するなど、精力的に活動しています。2009年から放送されている『けいおん!』の平沢唯役で大きな人気を得るとともに、声優アワードの新人女優賞も獲得しました。

絵鳩早苗/戸松遥

絵鳩早苗役を務める戸松遥は2007年に声優デビューを果たしました。その後『To LOVEる -とらぶる-』や『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で重要な役どころを演じ知名度を上げました。美しいルックスで歌手やグラビアなど声優以外での活躍の幅も広げています。

『クズの本懐』のみどころ

お互いに思う人が別にいながら表面上だけの恋愛関係を続ける花火と麦のように、ふたりが想いを寄せる鐘井や茜、クラスメイトたちもまた同じように心の中にキレイ事では済まされないようなドロドロとした感情を常に抱えています。

ピュアなラブストーリーでは描かれることのないような、男女間の醜い感情や理屈にならない欲望などをリアルに描いた漫画が『クズの本懐』です。アニメ『クズの本懐』では実力派声優陣の巧みな演技とも相まって、登場人物たちの繰り広げるシビアでリアルな人間模様、恋愛模様が1番のみどころとなりそうです。ドラマ版では注目の若手俳優がこの歪んだ関係をどのように演じきるのかが気になるところです。また、際どい描写も多い原作をどこまで忠実に再現されるのかも注目です。

ドラマ『クズの本懐』各話あらすじ【ネタバレ注意】

第1話あらすじ

安楽岡花火と粟屋麦は同じ高校に通う同級生。誰もが羨む美男美女のカップルです。しかし二人には人には言えない共通の秘密があるのです。

なんと、花火と麦はお互い別に好きな相手がいるのです。しかもどちらも2人が通う学校の教師。報われない恋に苦しむ2人はお互いの寂しさを慰め合う歪んだ関係に身を落として行くのです…。

2人の思いびとである鐘井と茜は若手教師同士ということで急接近していきます。そんな2人の様子を見て更に歪んでゆく花火と麦。

そんな時に花火と麦がキスをしているところを麦に思いを寄せる女子生徒に覗かれてしまうのです。

第2話あらすじ

花火はある日唯一の女友達である早苗と買い物に出かけ、その帰りにカフェに寄ります。そして、「なぜ麦と付き合っているのか」と聞かれます。麦との関係は表面的なものであると言えるはずもなく花火は口ごもってしまいます。

そんなある日花火は鳴海から本を借りるため会いに行きます。そしてそこで自分が借りたかった本を鐘井は先に茜に貸していたことを知り、花火は傷つきます。そしてストレス発散のため麦とカラオケに行き、「好きになってしまったらもうその人しかダメで、諦めるとか諦めないとかそういう問題ではない」という切実な胸の内を明かすのです…。

鳴海への報われない思いを麦で慰める日々を送る花火に思いがけない出来事が起こります。なんと、女友達だと思っていた早苗にキスをされたのです。早苗は泣きながら「自分でも花火を慰められる」と告白するのでした。

第3話あらすじ

早苗の告白を受け、人の好意の重さを思い知る花火。その反面麦といると楽であることに気づき、麦のことを好きになれたら良いのにと願います。

花火と麦は麦の部屋でいつものように片思いの相手のことを思いながら互いのことを慰めあっていました。そして2人で夜にファミレスに向かうとなんとそこには見知らぬ男を連れた茜の姿が。茜は意味ありげに口に指をつけ花火に向かって「内緒だよ」というポーズをするのでした。

第4話あらすじ

ある日花火が鐘井にお弁当を渡そうそしていると茜が現れます。花火は茜が他の男と歩いていたことをバラそうとするが再び茜に口止めをされます。そして結局お弁当を渡すことができなかった花火は、麦に泣きつきます。

その翌日茜は自ら鐘井をお昼ご飯に誘い、手作りの春巻きを差し出します。春巻きは鐘井の大好物で昨日花火が作ってきた弁当にも入っていたものでした。そして茜は花火の目の前で鐘井に自分への好意を告白させるのです。

清楚に見える茜ですが、人に求められないと意味がない、人の好意を搾取するのが気持ちよいという正反対の思考の持ち主だったのです。茜がそう思うようになったきっかけは中学生の時。興味本位で友達の好きな人を奪い、そして悲しそうに笑うその友達の姿を見て「搾取される側にはなりたくない」と感じたとのこと。それ以来茜は他人の好きな男を落とすことに快感を覚えるようになったのです。

そして失恋して傷ついた花火は早苗に頼り、体を許してしまいます。人の好意を搾取する茜の行為に嫌悪感を抱きながらも花火もまた早苗の好意を利用しているのです。そしてこれが花火のクズ思考の開花の引き金となり・・・。

第5話あらすじ

茜に鐘井をとられ、傷ついた花火は早苗との関係に溺れていきます。その一方で麦も中学時代の先輩である芽衣(吉田志織)と再開し、茜の本性を知ることになります。

寂しさを埋めるためだけの関係なら早苗で十分であり、麦はもういらないのではないかと思い始める花火。そんな時花火は久々に麦と学校の屋上で会うことになる。いらないはずなのにそれでも麦と花火はどこかお互いに惹かれるところがあるようで・・・。

『クズの本懐』の原作の作者は横槍メンゴ

ドラマ・アニメ『クズの本懐』の原作は同名の漫画で、著者は横槍メンゴです。

横槍メンゴは2009年に成人向け漫画を公開し漫画家デビュー。その後作画を担当した『君は淫らな僕の女王』が人気を博し知名度を上げます。そして現在は『レトルトパウチ!』と『クズの本懐』を連載しています。

繊細で女性向け漫画のようなタッチの絵柄でありながら過激な性描写があることが特徴の作風で、男性にも女性にも支持されている人気漫画家です。

『クズの本懐』が放送される「ノイタミナ」枠って?

アニメ『クズの本懐』は2017年1月12日から放送スタートです。フジテレビの「ノイタミナ」枠にて毎週木曜24:55からの放送となっています。この「ノイタミナ」というのは一体何?と思っている人も案外多いのではないでしょうか。

この「ノイタミナ」という言葉は「Animation」の綴りを逆から読んだもので、これまでのアニメにはない、新しい可能性を追求するというコンセプトの元に設けられた放送枠です。

これまでも数々の個性的な作品を放送してきた「ノイタミナ」枠ですが、『のだめカンタービレ』や『図書館戦争』など、実写化されている作品が目立ちます。そんななか『クズの本懐』は、実写化アニメ化同時展開を試みることに!楽しみですね!キャラクター設定や心理描写が見事な作品であるだけに、見ごたえがありそうです。

どちらも見逃せません!