アニメ『響け!ユーフォニアム』声優一覧まとめ【2期も決定!】

2017年7月6日更新

2016年10月から2期の放送が決定しているアニメ『響け!ユーフォニアム』。吹奏楽に打ち込む高校生たちの姿がリアルに描かれ、その青春の様子に視聴者は心打たれました。今回は、2期放送を控えた今作のキャラクターたちの声を担当した声優陣をご紹介します。

2期も決定!アニメ『響け!ユーフォニアム』

武田綾乃の小説を原作とするアニメ『響け!ユーフォニアム』。京都府が舞台のため、原作では登場人物たちが関西弁を話していますが、アニメ化に際して標準語に変更されています。

北宇治高校に入学した黄前久美子は、同級生の誘いで吹奏楽部に入部することに。受験や恋などの思春期の悩みを抱えつつ、成績不振に陥った部内での衝突や、全国大会を目指して奮闘する姿が描かれました。

2016年4月23日には、『劇場版 響け!ユーフォニアム~宇治高校吹奏楽部へようこそ~』が公開。同年10月には、続編となる第2期の放送が開始予定となっています。今度はどんな物語が展開されるのか、再び動き出す青春劇から目が離せません!

黄前久美子/黒沢ともよ

ユーフォニアムを担当する本作の主人公。入学当初、吹奏楽部にこれといった拘りはなく、むしろ北宇治高校の吹奏楽部に良い感情はありませんでした。しかし、葉月や緑輝の誘いを断り切れず入部することになります。

雰囲気に流されやすく、思ったことがすぐ口に出てしまう性格。それが災いして、中学校時代のコンクール終了後に麗奈に対して言ってしまった一言を気にしているようです。

黄前久美子の声は、黒沢ともよが演じています。2000年頃から芸能活動を開始し、NHK大河ドラマや、CM、舞台、ミュージカルなどに出演。市村正親、大竹しのぶといった錚々たる俳優らとの共演経験の持ち主です。

2012年から声優業中心に活動を移し、『アイカツ!』有栖川おとめ役や『甘城ブリリアントパーク』シルフィー役などを演じています。黄前久美子役で、テレビアニメ初主役を獲得しました。

加藤葉月/朝井彩加

久美子のクラスメイトで、チューバ担当。中学生時代はテニス部に所属しており、高校から吹奏楽を始めました。

部活の見学帰りにマウスピースを購入していますが、憧れていたトランペット用とチュバー用を間違えるという完全な初心者ぶりを披露。結局は、先輩の勧めでチュバーを担当することになり、梨子の指導を受けつつ前向きに練習をこなしています。

加藤葉月の声は、浅井彩加が演じています。2013年から声優として活動を開始し、『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』で初のレギュラーを獲得しました。

主な出演作は、『カリメロ(2014年版)』カリメロ役や『アイカツスターズ!』桜庭ローラ役など。2015年には、『新妹魔王の契約者』成瀬澪役で初ヒロインを務めています。

川島緑輝/豊田萌絵

緑輝(さふぁいあ)は、非常に変わった名前のため本人も気にしている様子。久美子のクラスメイトで、中学生時代からコントラバスを担当しています。

天真爛漫な性格とは裏腹に、音楽やコントラバスに注ぐ情熱は並大抵ではなく、常に努力を続けてきました。また、パレード演奏ではコントラバスを弾くことができないため、先輩に勧められてカラーガードを担当しています。

川島緑輝の声は、豊田萌絵が演じています。2009年に『この中に1人、妹がいる!』に出演して声優デビュー。主な出演作は、『境界の彼方』伊坂桜役や『咲-Saki- 全国編』鹿倉胡桃役などがあります。豊田自身も、学生時代に吹奏楽部に所属していた経験があり、当時はトランペットを担当していたそうです。

高坂麗奈/安済知佳

久美子とは中学校の同級生で、トランペット担当。プロのトランペット奏者を父に持ち、その縁で知り合った滝昇の指導を受けるために北宇治高校に入学しました。

トランペットに対する思いは熱く、誰もが認める技術を持っており、その実力は高校生では群を抜いていると言われるほど。1年生でありながら楽器係を任され、楽器庫の楽器やソフトケースの管理も担当しています。

高坂麗奈の声は、安済知佳が演じています。小学生の頃に声優という職業を知り、中学生で養成所に入所。2009年に、『あにゃまる探偵 キルミンずぅ』御子神ナギサ役でデビューしました。

その他の出演作には、『悪魔のリドル』首藤涼役や『灰と幻想のグリムガル』メリィ役などがあります。

塚本秀一/石谷春貴

久美子の幼馴染で、トロンボーンを担当する1年生。中学校でも吹奏楽部に所属していましたが、じゃんけんに負けてしまいホルンを担当していました。部内では貴重な男子部員の一人で、楽器の積み下ろしや機材の運搬を任されています。

塚本秀一の声は、石谷春貴が演じています。プロ・フィットの準所属で、2013年から活動を開始。その後、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』チャド・チャダーン役、『ダンジョンに出合いを求めるのは間違っているだろうか』ラウル・ノード役などに出演しています。

後藤卓也/津田健次郎

チューバと低音パートの副リーダーを担当する寡黙な2年生。久美子らに「チューバの良いところ」を聞かされ、人が変わったように熱弁をふるったことも。その情熱は本物で、1年生の冬から始めたにも関わらず、コンクールのメンバーに選ばれるほどの実力を持っています。

後藤卓也の声は、津田健次郎が演じています。元は舞台関係の事務所に所属していましたが、1995年に『H2』で声優デビュー。『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の海馬瀬戸役が大人気となり、以降は声優業を中心に活動しています。

代表作は、『テニスの王子様』乾貞治役や『K』周防尊役など。独特の低音ボイスを活かし、寡黙な2枚目キャラクターを多く演じています。

長瀬梨子/小堀幸

チューバを担当する2年生で、初心者の葉月の指導役。高校から吹奏楽を始めており、低音パートの見学に行った際、当時2年生のあすかによって半ば強引にチューバを担当させられました。第8話で卓也と付き合っていることが判明し、あがた祭りデートでは初々しい様子が見られます。

長瀬梨子の声は、小堀幸が演じています。2013年から活動を開始した新人声優で、デビューは『Free!』の橘蘭役。『ハピネスチャージプリキュア!』ぐらさん役や『FAIRY TAIL ZERO』リス役などに出演しています。

中川夏紀/藤村鼓乃美

ユーフォニアムを担当する2年生。やや攻撃的でキツイ印象を受けるものの、実際は素直になれない不器用な性格をしています。吹奏楽部には、腐敗していた頃を雰囲気を見て「楽そうだから」という理由で入部しました。

入部当時は、練習が少なくそれなりに居心地も良かったのだとか。しかし、久美子の言葉や、滝昇の指導によって上達を実感したことで、練習を真剣に取り組むようになりました。

中川夏紀の声は、藤村鼓乃美が演じています。2011年に、番組内の企画で声優ユニット「ワンリルキス」のメンバーに抜擢され、活動を開始しました。2012年からは、重永亮介とのユニット「アルパカモリス」として歌手活動も行っています。

吉川優子/山岡ゆり

トランペットを担当する2年生。中学生時代から吹奏楽を続けており、強豪・南宇治中学校の出身です。1年生の頃に退部を考えた際、必死に説得してくれた香織を慕うようになりました。

誰に対してもハッキリと意見を伝える性格で、久美子からは「感情的で怖い先輩」と思われていたことも。優子自身も自覚はあるようですが、裏表がないため部内では信頼されています。

吉川優子の声は、山岡ゆりが演じています。2009年に『うみねこのなく頃に』ベルゼブブ役でデビュー。『ガールズ&パンツァー』宇津木優季役、『SHIROBAKO』矢野エリカ役などに出演しています。優子と同じく、中学校・高校と6年間ブラスバンド部でトランペットを担当していたそうです。

田中あすか/寿美菜子

ユーフォニアムと低音パートのリーダーを担当し、副部長も務める3年生。クールで厳しそうな雰囲気ですが、後輩にイタズラをしかけるなど、周囲が呆れるような突っ走りを見せることもあります。

また、リーダーシップに優れているためパート内の揉め事はほぼ皆無。父親から譲り受けたマイ楽器を愛用しており、演奏技術も確かなものを持っています。

田中あすかの声は、寿美菜子が演じています。2003年頃に子役としてデビューし、ローカルアイドルとして活動していた時期もありました。

その後、2009年の『けいおん!』琴吹紬役でブレイクを果たし、声優ユニット「スフィア」としても活躍しています。現在も定期的に映画や舞台に出演しており、女優の活動も続けているようです。

小笠原晴香/早見沙織

バリトンサクソフォーンと部長を務める3年生。何事も部員の意見を取り入れ、その優しさと誠実さでまとめる典型的な調整型のリーダーです。一方で、「部内の調和」を優先させることが部内の足かせにも。統率力に乏しく、自身が部長であることに葛藤していましたが、ある事件をきっかけに成長を見せました。

小笠原晴香の声は、早見沙織が演じています。2007年に『桃花月憚』川壁桃花役でデビュー後、『バクマン。』小豆美保役や『ワンパンマン』フブキ役などに出演しました。

柔らかい透明感のある性質が特徴で、ミステリアスな女性から元気な少女、人外キャラクターまで幅広く演じています。2015年から歌手活動を開始しており、継続してCDをリリースしています。

中世古香織/茅原実里

トランペットのパートリーダーと会計係を務める3年生。美人で穏やかな性格から、通称「吹奏楽部のマドンナ」。新入部員への指導も熱心なうえ、部長の相談役や後輩のフォローに回る良い先輩です。

部内が腐敗していた間も努力を続けており、大会でのソロパートを熱望。その座を巡って、実力者の麗奈に真っ向から勝負を挑みました。

中世古香織の声は、茅原実里が演じています。2006年に『涼宮ハルヒの憂鬱』長門有希役で大ブレイクし、『らき☆すた』岩崎みなみ役や『みなみけ』シリーズの南千秋役などで知られるようになりました。

もとは歌手志望で、2007年以降は本格的な歌手活動をしており、出演作とのタイアップも多数行っています。声優時と歌手時の雰囲気は別人で、それぞれ違った茅原実里の表情を見ることができます。

斎藤葵/日笠陽子

久美子と秀一の幼馴染で、テナーサックスを担当する3年生。高校受験の挫折から、高校入学後は部活動よりも学業に力を入れており、すでに吹奏楽部への情熱は薄れています。真剣で本格的な練習が始まり、合奏練習で演奏の注意を受けた際に、「中途半端な人間がいてはいけない」と考えてその場で退部を宣言しました。

斎藤葵の声は、日笠陽子が演じています。2009年『けいおん!』秋山澪役で一躍有名になり、2010年の『いちばんうしろの大魔王』服部綾子役以降、多数の主要キャラクターを担当しました。2013年からは歌手としても活動しています。

特技に”モノマネ”を上げるほどの芸人気質で、流行語になった「てへぺろ」の火付け役。芸能人や一般の学生にまで広がる社会現象になり、数々の流行語の賞を受賞しました。

滝昇/櫻井孝宏

北宇治高校の新任教師で、吹奏楽部の新しい顧問。父親は、過去に吹奏楽部を全国大会に導いた滝透です。全国大会を目指すか、楽しい部活動にするか。という選択を部員に求め、厳しいスパルタ指導を開始しました。

当初は「粘着イケメン悪魔」と揶揄されましたが、自由に楽しくやってきた部員も滝に対する反感をバネに練習を始め、次第に信頼を集めるようになります。

滝昇の声は、櫻井孝宏が演じています。1996年に『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で本格的なデビュー。以降、『デジモンアドベンチャー02』テントモン役や『おそ松さん』松野おそ松役など、多数の話題作に出演する人気声優になりました。

また、『(株)チェリーベル』や『P.S元気です。櫻井孝宏』など、ラジオのパーソナリティ経験も豊富。どんな話題もフォローする「世界一のレシーバー」と称されています。

松本美知恵/久川綾

吹奏楽部の副顧問で、北宇治高校に長年務めている50代の女性教師。学校一厳しい教師を公言しており、生徒からは「鬼軍曹」というあだ名で慕われています。

吹奏楽部には、滝透が顧問を務めていた全盛期時代から携わっていましたが、低迷期に入ってからは顧問と対立して疎遠に。現在は、まだ若い滝昇をサポートしつつ、部員にも檄を飛ばしています。

松本美知恵の声は、久川綾が演じています。小学生の頃に『さらば宇宙戦艦ヤマト』を見て声優を志し、後に『宇宙戦艦ヤマト2199』の新見薫役で出演を果たしました。

久川は『美少女戦士セーラームーン』の水野亜美を務めたことでが声優として広く知られるようになりました。様々な性格の女性役はもちろん、関西弁キャラクターや少年役も多数演じている実力派声優です。

黄前麻美子/沼倉愛美

久美子の6つ年上の姉で、東京の大学に通う大学3年生。元・吹奏楽部員で、久美子がユーフォニアムを始めるきっかけになった人物です。金管バンド入った小学4年生の久美子に、マウスピースの吹き方や楽器の手入れ方法を教えていました。

黄前麻美子の声は、沼倉杏美が演じています。アニメ初出演作は『銀魂』で、2008年に『THE IDOLM@STER SP』の我那覇響役に抜擢されて注目を浴びました。

その他の出演作は、『蒼き鋼のアルペジオ』タカオ役や『アルスラーン戦記』アルフリード役など。2011年以降コンスタントに出演しており、着実にキャリアを重ねています。

鎧塚みぞれは1期で登場はしていたものの、ほとんど出番がありませんでしたが、2期ではとうとう担当声優付きのキャラクターになりました。吉川優子や中川夏紀らと同じ中学校の出身で、後述の傘木希美とは幼馴染です。吹奏楽部では唯一のオーボエ担当です。

鎧塚みぞれの声優を担当するのは種﨑敦美です。アニメ『となりの怪物くん』で主人公の友達である夏目あさ子を担当し注目を集め、『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』では主人公の西之園萌絵を演じています。

傘木希美/東山奈央

鎧塚みぞれと同じく、2期より声優付きになったのが傘木希美です。担当するフルートの実力派は相当高く、みぞれを吹奏楽に誘った過去があります。 鎧塚みぞれの声優を務めたのは東山奈央です。アニメ『きんいろモザイク』では九条カレンを担当し、同アニメ発の声優ユニットRhodanthe*にも参加。担当カラーはオレンジです。

2016年10月から放送のアニメ『魔法少女育成計』では主人公のスノーホワイトを演じるなど、大注目の声優です。

橋本真博/中村悠一

橋本真博は滝の友人です。北宇治高等学校吹奏楽部出身で、滝の父親の元で指導を受けました。

関西大会へ向け、滝が専門外である打楽器の指導を頼み込みました。気さくで親しみやすく、いつも派手なシャツを着ているなどラフな格好を好んでいます。

橋本真博を演じるのは中村悠一。2001年に『電脳冒険記ウェブダイバー』で声優デビュー。2007年に『おおきく振りかぶって』の阿部隆也、『CLANNAD』の岡崎朋也役を務め一躍有名になり、以降主役や重要なキャラクターを多数演じるようになりました。

ゲーマーとしても非常に著名であり、『バーチャファイター』では交通費の捻出が出来ず参加を断念したものの、全国大会の本戦出場権を勝ち取ったことまであります。

新山聡美/桑島法子

関西大会に向けて部員たちのレベルアップを図る目的で招かれた外部の指導者・新山聡美。滝とは大学に在籍していた頃の知り合いで、その実力の高さは指導者に抜擢されたところからも伺えます。

指導は優しくも厳しく、間違いに怒らない反面、自身の考える水準に到達するまで何度も同じ箇所を繰り返させながら、親身にコツや知識を身に着けさせていきます。

桑島は1975年生まれ、岩手県出身の声優です。デビュー翌年の1996年に『機動戦艦ナデシコ』のミスマル・ユリカ役を務め人気を博し、その後もヒロインやレギュラー出演を精力的にこなしています。

その人となりはとても優しい愛されキャラ。度々行う朗読会「朗読夜」はアットホームな温かいイベントとして有名です。握手会では一人一人のファンに丁寧に接し「ファンレターを送ったことを覚えていてくれていた」などといった彼女のきめ細やかな気配りも報告されています。