2017年11月27日更新

ミラ・クニスのトリビア19選

©︎Nicky Nelson/WENN.com

『ブラック・スワン』、『テッド』など話題作に多く出演しているウクライナ出身の女優ミラ・クニス!最近では2015年3月28日公開のSF映画『ジュピター』でジュピター役を演じています。今回はミラ・クニスのトリビア19選を紹介します。

ミラ・クニスとは

ミラ・クニスは1983年8月14日生まれのアメリカ女優です。ウクライナで生まれたため、ウクライナとアメリカの2つの国籍を所有しています。9歳の時、ビバリーヒルズのスタジオで演技のレッスンをしているところをスカウトされ、女優としての活動を開始しました。

CM出演や、カタログ撮影を経て、1995年からテレビ出演をはじめ、1998年から『ザット'70sショー』に出演してブレイクします。『ザット'70sショー』では、後に夫になるアシュトン・カッチャーとも共演しています。

ミラ・クニスが世界的に有名になったのは2010年の映画『ブラック・スワン』です。本作で、第67回ヴェネツィア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞しました。2012年のマーク・ウォールバーグ主演の映画『テッド』ではヒロインのローリーを演じ、人気が急上昇、同年、アメリカの男性誌『エスクァイア』で最もセクシーな女性に選ばれました。

最もセクシーな女性にして演技派女優のミラ・クニスの知られざるトリビアをご紹介します。

1.メグ・グリフィンの声を担当している!

『ファミリー・ガイ』

過激な内容がアメリカで大人気のアニメ『ファミリー・ガイ』(『テッド』などで有名なセス・マクファーレンが原作者)に登場するキャラクター、メグ・グリフィンの声を担当しています。彼女は15歳の時から、13シーズンこの役を演じています。驚くことに、1エピソードのギャラが約2000万円とも言われています。

2.宝くじがきっかけでアメリカへ移住!

クニス家は、ミラ・クニスが7歳の時に、家族が宝くじに当選したことがきっかけでアメリカへ移住することになりました。250ドルと共にロサンゼルスに定住し、ミラ・クニスは現在3000万ドルを稼ぎ出す女優です。

3.カルチャーショック!ジャンクフードを食べたことがなかった?

ミラ・クニス

ミラ・クニスは移住することが決まってから、いくつものカルチャーショックを受けていました。彼女はモスクワの空港に着くまで、アメリカの食べ物を食べたことがありませんでした。

また、アメリカ大使館で生まれて初めて黒人を見た時は驚きを隠せなかったとのことです。大使館の職員が世界には様々な肌の色をした人種が存在することを説明すると、彼女はパープルの人種がいるのか尋ねたと言います。

4.アメリカでの初仕事!

ミラ・クニス

アメリカに来てから初めてつかんだ役が、このバービー人形のCMで、その他にも数々の商品のCMに出演していました。ドラマシリーズ『ザット'70sショー』に出演して有名になる4年も前のことです。

5.年齢詐称していた!?

ミラ・クニス

CMタレントを経て、ミラ・クニスが初めて主要キャストとして出演した番組が『ザット'70sショー』です。18歳以上の女優であることがこの役の最低条件でしたが、彼女はまだ15歳でした。オーディションの時に18歳になる間近とプロデューサーに嘘をつき、出演が決定しました。

6.『ロボット・チキン』にカメオ出演!

ロボットチキン

ミラ・クニスが声優として活躍していたのは『ファミリー・ガイ』だけではありません。彼女は『ロボット・チキン』で様々な変な名前がついた役を担当し、ほとんどのエピソードでスペシャルクレジットされています。

7.エアロスミスのMVに出演!

ミラ・クニスはCMだけではなく、大物ミュージシャンのミュージックビデオにも出演していました。

エアロスミスの”Jaded ”に出演していますが、このミュージックビデオを見た人でも、出てきた女性がミラ・クニスだと気づいた人はほとんどいませんでした。

8.ゲームオタクだった!?

『ワールドオブウォークラフト』

ミラ・クニスは意外なことに、ゲームオタクでもありました。彼女はオンラインゲーム”World Of Warcraft”の大ファンで、一日に数時間プレイすることもあったそうです。

ほとんどゲーム中毒のような状態だったため、現在はゲームを控えていると言います。しかし、彼女は今でもアカウントは消去していないそうです。

9.瞳の色が二色!

ミラ・クニス

ミラ・クニスは緑内障に苦しんでいました。彼女が目の手術を受けると、左が緑、右が青と、左右で異なる瞳の色になりました。そのため、両目の色を合わせるためにコンタクトレンズを着用しています。

10.意外に高い身長!

『シンディにおまかせ』ミラ・クニス

ミラ・クニスはホビットと呼ばれるほど身長が小さいと思われています。しかし、実際は身長163cmと決して小柄ではありません。

11.元子役スターと交際していた!?

ホーム・アローン [DVD]

『ホームアローン』のケヴィン役として子役スターになったマコーレー・カルキン!彼はその後、ドラッグなどの問題で表舞台に出ることはなくなってしまいました。

そんな彼とミラ・クニスは8年間(2002年~2010年)交際していました。

12.スポーツ観戦が趣味!

ドジャース

ミラ・クニスの趣味の一つがスポーツ観戦です。夫のアシュトン・カッチャーが好きなチームはNFLのシカゴベアーズですが、彼女が好きなチームはメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースです。よくドジャースタジアムでの観戦している姿が目撃されています。

13.ダイエットの反動!

『ブラック・スワン』

ミラ・クニスはナタリー・ポートマン主演2010年『ブラック・スワン』でバレリーナのリリー役を演じるために、約9キロの減量を行いました。

撮影が終了すると、その反動で、自宅に帰るまで我慢が出来ずに空港でチャイニーズフードを食べ、その後にバーガーショップに直行するなど、それまで食べられなかったものを思う存分食べたそうです。

14.武道家、チャック・ノリスから闘い方を教えてもらっていた!

チャック・ノリス

チャック・ノリス(武術家、俳優、映画製作者、作家)がミラ・クニスに闘い方を教えたことがあったといいます。

「パンチをしたあとはすぐに拳を戻して自分を守るんだ。パンチは自分の顔の高さと同じくらいから出すんだ、すぐに自分の顔を守れるようにね。」とアドバイスしてくれたそうですが、ミラは当時彼が誰なのか知らなかったためなんとも思わなかったと語っています。

15.アンジェリーナ・ジョリーの幼少期役に抜擢されてた!

アンジェリーナ・ジョリー

アンジェリーナ・ジョリー主演のテレビ映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』(1998)でミラ・クニスはアンジェリーナ・ジョリー演じるスーパーモデルの幼少期時代を演じています。

普段の明るいキャラから一転して重いキャラクターでしたが、この出演をきっかけに女優への道が開けたと言ってっも過言ではありません。

16.ファンの米海兵の希望に応えてMarine Corps Ballに参加していた!

Marine Corps Ballとはマリーンの誕生を祝う海兵隊のセレモニー。ミラ・クニスのファンのある米海兵隊員がYouTubeに投稿したビデオでミラ・クニスを米海兵隊のパーティー(Marine Corps Ball)に誘い、なんとミラはその誘いを承諾しセレモニーに参加しました。ファンサービス精神に驚きますね。

17.幼少期はいじめられていた?!

幼いころから、とても目鼻立ちがくっきりしていたというミラ・クニス。今でこそチャームポイントですが、子供の頃はそのせいでよくいじめられていたようです。

今でも当時を暗黒時代と言っていますが、当時に培ったいじめに負けない強い精神は彼女の力になっています。

18.気さくな性格がとっても評判。

見た目のイメージから、近寄りがたい雰囲気がありますが、とっても気さくな性格で、女性ファンも急上昇しています。ノリがよく、ラジオ取材でも映画の宣伝に来たのに違う話で大盛り上がりする様子が飾らない魅力として話題となりました。

19.プライベートは、意外と手抜き?

ハリウッド女優は、プライベートも気の抜けないものですね。いつでも写真を撮られてもいいように、多くのハリウッド女優が普段からもメイクをしている中で、ミラ・クニスはほとんどすっぴん。

美容にも服装にもそれほど気にしているわけでもなく、ほとんどがカジュアルスタイルですが、その飾らない自然体な姿を見せられる彼女にも好感度UPです。