WENN.com

北欧美人女優アリシア・ヴィキャンデルがかわい過ぎてやばい!

2017年10月31日更新

『エクス・マキナ』でアンドロイド役を演じたことでも知られる、スウェーデン出身の美人女優、アリシア・ヴィキャンデル。まだ日本ではあまり知られていない北欧美人女優の魅力に迫ってみたいと思います。

アリシア・ヴィキャンデルとは

アリシア・ヴィキャンデルは、1988年10月3日、父スヴァンテ・ヴィキャンデル(精神科医)と母マリア・ファール・ヴィキャンデル(女優)の間に生まれました。5人も兄弟姉妹がいる大家族です。

スウェーデン出身で、目と髪の色は茶色。その外見から、出身地を聞かれることがよくある、とアリシアは言います。

茶色の目と髪を見て、ご両親はどこの出身?お父さんはどこの生まれか知ってる?とよく聞かれるわ。私の両親は二人とも、スウェーデンの南北のとても小さな村出身よ。私はフィンランド人とのクオーターでもあるけれど、それが私の目や髪をさらに暗くしているということは無いわ。
引用:www.imdb.com

バレエ・ダンサーとしての一面

戦場からのラブレター

7歳の頃からミュージカルに出演するなど子役として活躍していたアリシア・ヴィキャンデルですが、幼少期よりバレエも習っており、2004年から2007年までスウェーデン王立バレエ学校にも通っていました。しかし、何度かケガと手術を繰り返したため、女優に専念することを決めたようです。

アリシア・ヴィキャンデルといえば

美人アンドロイドを演じたことでも話題に

エクス・マキナ

2015年公開の映画、『エクス・マキナ』で、美しい人工知能ロボットAVAを演じたことでも注目されているアリシア・ヴィキャンデル。

これまでにも、『アンナ・カレーニナ』のキティ役や、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』で王妃カロリーネ・マティルデの役を演じるなど、その美しさを生かした演技が注目されています。

「ELLE」誌のベストドレッサーにも

elle

スウェーデン版「ELLE」誌のベストドレッサーに選ばれ、「世界で最も美しい顔(2014年)」では89位に初めてランクインするなど、その美しさは世界で認められています。

美しさゆえ?

『エクス・マキナ』(2015年公開)ではアンドロイド、『The Seventh Son』(2014年公開)では人間と魔女のハーフという役を演じており、この2年は人間以外の役が目立ちました。

美しさゆえの大抜擢

『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』でデンマーク語を披露しているアリシアですが、もともとデンマーク語が話せたわけではありません。

アリシアが王妃役にふさわしいと考えた制作チームが、まだデンマーク語が話せなかったアリシアを、王妃カロリーネ・マティルデの役に大抜擢したのです。

アリシアは、撮影前に2ヵ月間語学学校へ通い、デンマーク語を習得しました。

外見だけじゃない!

女優魂

『アンナ・カレーニナ』の撮影中、ロシアのサンクトペテルブルク郊外で、アリシアはかなり過酷な撮影現場を経験しています。

気温-40度の中、お湯もベッドも無い小屋で5日間も過ごし、撮影中は野生のオオカミやクマから警備兵によって守られていたそう。

グルドバッゲ主演女優賞受賞

スウェーデンで公開された長編映画『Till det som är vackert(原題)』のカタリナ役で、2011年「グルドバッゲ主演女優賞」を受賞しており、実力も申し分ありません。

ガイ・リッチーの新作『コードネーム U.N.C.L.E.』のヒロインに!

アリシア・ヴィキャンデルがヒロインを演じた『コードネームU.N.C.L.E.』が2015年に公開!

本作は、ガイ・リッチー監督の新作スパイアクションで、ヘンリー・カヴィルアーミー・ハマーヒュー・グラントといった豪華なキャストが集結しています。アリシア・ヴィキャンデルのダンスシーンが好評のようで、本作によってファンが急増しているとのことです。

『リリーのすべて』でアカデミー賞受賞!

2016年3月18日全国公開予定の『リリーのすべて』に出演。本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

エディ・レッドメインが世界で初めて性別適合手術を受けた人物を演じる伝記映画で、アリシア・ヴィキャンデルはエディ・レッドメイン演じるリリー・エルベの妻を演じています。

ヴィキャンデルは本作の演技で、アカデミー賞のほかにも、ニューヨーク映画批評家オンライン賞、全米映画俳優組合賞、サテライト賞など多くの賞を受賞しており、華のある演技派女優として世界的に認知され始めていると言えるでしょう。

アリシア・ヴィキャンデルの今後の活躍に期待

2016年には、9月全米公開で、レイチェル・ワイズと共演する映画『光をくれた人』、公開日は2017年5月です。カーラ・デルヴィーニュと共演する『チューリップ熱』など話題作に出演することが決定しています。

また、2016年10月日本公開予定のマット・デイモンの『ボーン』シリーズ最新作に出演することも決定しており、アリシア・ヴィキャンデル旋風が世界的に巻き起こることが予想されます。

また、ヴィム・ヴェンダース監督の新作『サブマージェンス(原題)』に出演することも決定しました。本作ではジェームズ・マカヴォイと共演するようです。

そしてなんと言っても、『トゥーム・レイダー』リブート版のヒロインに決定したことが最大のニュースでしょう。今後の活躍から、ますます目が離せません!