2017年7月6日更新

『テッド2』を観る前に知っておきたい10のこと

『テッド2』

2012年に公開された、セス・マクファーレン監督作品『テッド』はかわいらしい見た目と下ネタのギャップが受けて世界中で大ヒットを飛ばしました。そんなテッドの続編『テッド2』が2015年8月28日に公開されます。今回は知れば楽しさ倍増!『テッド2』を観る前に知っておきたい10のことを紹介します。

『Ted/テッド2』のトリビアをご紹介!

マーク・ウォールバーグ演じる中年男性ジョンと下ネタ連発のテディベアー、テッドの友情を描いた大人気コメディの第2作『テッド2』のトリビアを厳選して10個お届けします。

1.テッドが有名雑誌の表紙を飾っていた!?

『テッド2』

テッド2』を前作以上の大ヒットへと導くため、映画プロデューサーや関係者たちは様々な宣伝アプローチをしてきました。その一環としてテッドがアメリカ人気エンタメ雑誌“エンターテインメント・ウィークリー”の表紙を飾っています。テッドが見せている、お尻に乗せたグラスにビールを注ぐという変わったポーズはアメリカのモデル、キム・カーダシアンのパロディです。

2.ハリウッドのビッグネーム2人が出演決定!

『誘拐の掟』リーアム・ニーソン

ハリウッドのビッグネーム、リーアム・ニーソンモーガン・フリーマンが『テッド』ファミリーに加わることが発表されています。リーアム・ニーソンが演じる役はまだ明らかにされていませんが、モーガン・フリーマンは弁護士としてテッドを助ける重要な役を演じます。二人は今まで、『バットマン・ビギンズ』(2005)『ダークナイト・ライジング』(2012)『LEGO ムービー』(2014)を経て、『テッド2』で4度目の共演となりますが、同じシーンに登場するのは今回が初となります。

3.テッド2の映像が流出していた!?

『テッド2』

2014年11月『テッド2』の予告編が流出したことで、モーガン・フリーマンのカメオ出演が明らかになりました。さらに、映像にはCG処理が途中のテッドや代役として置かれたぬいぐるみのテッドが映っています。この映像を見れば、完成版と製作段階の映像を比べることができます。

4.新ヒロインが登場する!?

アマンダ・サイフリッド

ジョンの恋人ローリーを演じたミラ・クニスが妊娠したことにより、『テッド2』には新たなヒロインが必要となりました。そこで選ばれたのが映画『レ・ミゼラブル』(2012)コゼット役などでも知られているアマンダ・セイフライド(アマンダ・サイフリッドとも)です。アマンダは、撮影をするにあたり演じるキャラクターや、ストーリー展開についてほとんど聞かされていなかったそうです。しかし、セス・マクファーレンを信頼していたために、その点に関しては全く気にならなかったと語っています。

5.『テッド2』のテーマは深い!?

『テッド』

前作でテッドは車の運転をしたり、アルバイトに励んだり、社会から認められた存在として描かれていました。しかし『テッド2』では、人々がテッドが人間のように扱われていることに疑問を持ち始めます。この映画では、「子供のまま成長しないこと」、「ありのままでいること」に対して疑問を投げかけることがテーマの中に組みこまれている様です。

6.キャストが訴えられてクビになっていた!?

『セブンス・ヘブン』エリック役などで有名なスティーブン・コリンズは『テッド2』の出演が決定していました。しかし、コリンズが性的虐待容疑で訴えられたため契約は解除され、彼の演じる予定だった役はカットされています。小さな役だったため、ストーリーに及ぼす影響はほとんどありませんでした。

7.ギャグは使い回し!?

『ファミリー・ガイ』

『テッド2』にはセス・マクファーレンが今まで作品で使用してきたジョークやギャグがたくさん登場します。例えば、ジョンが精液の入ったビンを間違って落としてしまうシーンに関して言えば、『ファミリー・ガイ』エピソード“Sibling Rivalry”で同じようなハプニングが起こります。また、テッドが法廷で自分の魂の存在を証明するために歌った曲は“Brian the Bachelor.”でブライアン・グリフィンが歌った曲と全く同じです。

8.カメオ出演が豪華!?

『ナイトライダー』

豪華俳優陣のカメオ出演が『テッド2』の見所の一つでもあります。本作では、アメリカ人気テレビシリーズ『ナイトライダー』などで有名なデビッド・ハッセルホフ、フラッシュ・ゴードンを演じたサム・J・ジョーンズがカメオ出演することが決定しています。サムはテッドの結婚式で神父を演じます。さらに人気アメリカンフットボール選手のトム・ブイレディがテッドに精子提供する候補の一人としてカメオ出演します。

9.縁起の悪い事実!?

『荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~』

2014年のセス・マクファーレン作品『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』は評判が悪く、興行的にも失敗に終わりました。しかしこの作品に関わった多くのキャスト、スタッフが『テッド2』製作のために集結しています。

新キャストとして発表されたアマンダ・サイフリッド、リーアム・ニーソンはセス・マクファーレンと共に『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』に出演、脚本家アレック・サルキンとウェルズリー・ワイルドは共同脚本を務めていました。

10.『テッド2』はスタートレックファン必見!

『スタートレック』

スタートレックファンにとって『テッド2』は必見の作品かもしれません。なぜなら、ベイジョー人女性のキラ・ネリスとして有名なナナ・ヴィジター、クリンゴン人の士官ウォーフとして有名なマイケル・ドーンが出演している為です。二人の詳しい設定や役柄などはまだ明らかになっていません。