(C)2013「ひまわりと子犬の7日間」製作委員会

堺雅人が演じたキャラの濃い役10選【七変化俳優】

2017年7月6日更新

ドラマに映画に引っ張りだこ、日本を代表する俳優の堺雅人。優しい笑みと柔らかな雰囲気、時に見せる鋭い表情。老若男女問わず多くのファンを集めている俳優です。そんな彼が演じた役はどれもインパクトが強い人物ばかり!今回は堺雅人が今までに演じた、個性の強い役柄を10選、ご紹介します。

七変化俳優、堺雅人の魅力に迫る!

堺雅人は1973年生まれ、43歳です。学生時代も演劇部に所属していた彼ですが、実は俳優になる前は官僚を目指していたんだとか。『クライマーズ・ハイ』で第32回日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞、『鍵泥棒のメゾット』で第36回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞するなど、人気と実力を兼ね備えた俳優です。妻は女優の菅野美穂。おしどり夫婦として知られています。

ドラマ『半沢直樹』/半沢直樹役

『半沢直樹』

堺雅人といえば真っ先にこのドラマを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?2013年に放送された『半沢直樹』 です。

堺雅人は主役、半沢直樹を熱演。悪に立ち向かうバンカー、半沢役を迫力たっぷりに演じました。『半沢直樹』のヒットの理由は堺雅人の、”もう半沢にしか見えない”と思わせる演技力にあると言われています。また

「やられたらやり返す。倍返しだ!」
引用:劇中より

という半沢の言葉は流行語大賞にも選ばれました。

映画『ツレがうつになりまして。』/ツレ役

ツレがうつになりまして。-スタンダード・エディション

宮崎あおいと共演した映画『ツレがうつになりまして。』。堺雅人は疲労とストレスで鬱になってしまった男”ツレ”を演じました。 心の病気になり、ぐらぐらと不安定に揺れ動く心情を繊細に演じた堺雅人。鬱というテーマを取り扱いながらも暖かく優しい雰囲気あふれる『ツレがうつになりまして。』は金鶏百花映画祭外国語最優秀作品賞を受賞しました。

大河ドラマ『新撰組!』/山南敬助役

NHK大河ドラマ-新選組-スペシャル-DVD-BOX

2004のNHK大河ドラマ、香取慎吾が主演をつとめた『新撰組!』。堺雅人は新撰組総長、山南敬助役を演じました。武士の魂の力強さと、優しく温和な山南敬助というキャラクターを絶妙な演技で魅せてくれました。

堺雅人が演じた山南敬助は、回を追うごとに人気が急上昇。山南が死ぬ回が近づくにつれ、「殺さないでほしい」という声が殺到したそうです。

ドラマ『ジョーカー 許されざる捜査官』/伊達一義役

ジョーカー-許されざる捜査官-DVD-BOX

2010年に公開されたドラマ『ジョーカー 許されざる捜査官』では警視庁捜査一課の主人公、伊達一義を演じました。この『ジョーカー 許されざる捜査官』が堺雅人にとって初の連続ドラマ主演作となりました。

伊達一義は昼はその頭脳と洞察力で犯人をつきとめる優秀な捜査官。温厚で人当たりの人物です。しかし夜になると、法の裁きを受けなかった犯罪者に”制裁”を加える裏の一面を持っているのです。

温かさ滲み出る優しい表の顔と、冷酷な裏の顔の差が恐ろしくすごいと話題になりました。その狂気的な役ができるのは、実力派俳優の堺雅人だからこそです。

映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』/速水晃一役

ジェネラル・ルージュの凱旋-DVD

大人気医療小説が原作の『チーム・バチスタの栄光』の映画に続いて公開された『ジェネラル・ルージュの凱旋』。堺雅人は演じたのは速水晃一、天才ドクターという役どころです。

温厚なイメージの堺雅人ですが、この速水晃一は孤高で謎が多い天才というキャラクター。怪しくつかめない人物を、周囲を圧倒する存在感で演じました。堺雅人はこの速水晃一役で、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しています。

映画『ジャージの二人』/僕役

『ジャージの二人』-DVD

2008年に公開された映画『ジャージ二人』。この物語は仕事が嫌いな父と息子が、都会から離れた山奥で2人暮らしをするという一風変わった作品です。堺雅人は小説を書きたいけれどなかなか書けない、冴えない男”僕”を好演しました。

近年ではピシッと決まったスーツ姿が印象的な堺雅人ですが、この映画では終始ジャージ姿。ゆったりとしたスローな物語で、のんびりとした堺雅人の演技になんだか気持ちが和んでしまいます。

ドラマ『リーガル・ハイ』/古美門研介役

リーガル-ハイ-DVD-BOX

2012年に放送されたテレビドラマ『リーガル・ハイ』。堺雅人は主役の古美門研介役を演じました。

古美門研介は敏腕弁護士でありながらも、かなり変わった人物。いつも七三分けの髪型、喋る時は早口でまくしたて、人の食べ物を勝手に食べたり法廷でおかしな行動をとったり・・・堺雅人のコミカルな演技が、法廷ものという一見堅そうなイメージのドラマを親しみやすいものに仕上げています。

エキセントリック、しかし憎めない古美門というキャラクターに誰しもはまってしまうはずです。

映画『ゴールデンスランバー』/青柳雅春役

ゴールデンスランバー-DVD

2010年に公開された伊坂幸太郎の小説が原作の映画、『ゴールデンスランバー』。首相暗殺の濡れ衣を着させられた男の物語です。堺雅人は主人公、青柳雅春を演じました。

この青柳という男は無類の釣り好き、入った店のランキングを作っているなど少々不思議な人物です。濡れ衣を着させられた被害者と理解していても、堺雅人が演じることにより視聴者もどことなくつかめない、個性的なサスペンスドラマになっています。

映画『クヒオ大佐』/クヒオ大佐役

クヒオ大佐-DVD

2009年に公開された映画『クヒオ大佐』。堺雅人は主人公、クヒオ役を熱演しました。

このクヒオ大佐は自ら外国人の軍人”ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐”と名乗り、数々の女性を騙した結婚詐欺師というなんともインパクトの強い人物。さらに驚くことに、このクヒオ大佐は実在の人物なのです!

堺雅人の女性を騙すコミカルな演技と、驚きのストーリーに引き込まれてしまう映画です。

映画『クライマーズ・ハイ』/佐山達哉役

クライマーズ・ハイ-DVD

2008年公開の映画『クライマーズ・ハイ』。1985年に起こった日航機墜落事故を追った記者たちを描く作品です。堺雅人が演じたのは県警キャップの佐山達哉役です。

佐山も堺雅人が演じるキャラクターに多い、物腰柔らかく穏やかな微笑みを常に浮かべているような人物。しかし内側からは揺れる感情と狂気的な情熱を感じ取れます。堺雅人の演技が光る、重厚な人間ドラマなのです。

堺雅人はこの『クライマーズ・ハイ』で、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しました。