(C)「アイスと雨音」製作委員会

映画『アイスと雨音』のあらすじ・キャストまとめ【『アズミ・ハルコは行方不明』松居大悟監督】

2017年8月15日更新

『アズミ・ハルコは行方不明』で話題をよんだ松井大悟監督の新作が公開になります。今度は一体どのような映画なのでしょうか。その期待の新作のみどころに迫ります。また、音楽を担当するMOROHAの魅力についてもご紹介します。

映画『アイスと雨音』松居大悟が手がける前代未聞の新作!

『アイスと雨音』
(C)「アイスと雨音」製作委員会

蒼井優、高畑充希を主演に迎えた映画『アズミ・ハルコは行方不明』やクリープハイプなどのPVを手がける映像監督・松居大悟が新たにメガホンを握ることが発表されました。映画のタイトルは『アイスと雨音』。なんと、主要・サブキャストを一般募集し、応募者400人選ばれた8人の中には、演技未経験者もいるのだとか!

そんな前代未聞の映画『アイスと雨音』のあらすじ・キャストを紹介します!

映画『アイスと雨音』のあらすじ

『アイスと雨音』
(C)「アイスと雨音」製作委員会

2017年3月、日本の小さな町で舞台が予定されていました。オーディションで集められた演技未経験の6人の少年少女たち。初演技に意気込む彼らでしたが、その舞台は突然中止に。 どうしても舞台を成功させたい彼らは、直談判しますが結果は覆りません。舞台が上演される予定だった当日、6人の少年少女は警備を振り切り、劇場に突入したのです。

映画『アイスと雨音』のキャストは一般公募

キャストはプロアマ問わず、中学1年から高校3年までの男3名、女3名が一般公募で選ばれました。松井監督がフレッシュな才能を求めていることが伺えます。

演技未経験者も!?主要キャスト6人は彼ら!

『アイスと雨音』

約100時間の募集期間で集まった400人の中から、松居大悟が演技経験の有無を問わず、本人たちから放たれる光やエネルギーに重きを置いて選考された6人を紹介します!

森田想

? 目がオカシイね 気にしないね いってくるね

森田想 kokoro moritaさん(@kokoro_morita)がシェアした投稿 -

森田想は、現役女優として活躍する高校3年生(2017年4月)。主な出演映画作品には、映画『ソロモンの偽証』や、『SCOOP!』、『orange』などがあり、様々なジャンルの作品に出演する今大注目の若手女優です。

2017年4月現在で公開映画は本作を含め、映画「笑う招き猫」(4月29日公開)、「心が叫びたがってるんだ。」(7月22日公開)が決定しています。

今回の作品に関して、森田は自身のInstagramで以下のようにコメントしています。

田中怜子

メインキャストの中で唯一演技経験のない田中怜子が選ばれました。彼女も森田と同じく2017年4月に高校3三年生になります。新たなミューズとして作品の中で光を発する彼女に注目です。

紅甘(ぐあま)

MA déshabillé Photo:Chikashi Suzuki

紅甘(ぐあま)さん(@ganma_____)がシェアした投稿 -

紅甘(ぐあま)は、父に貴山侑哉、母に内田春菊を持つ女優。彼女も2017年4月に高校3年生になります。

出演作には『白河夜船』(2015年)などがあり、2012年公開の映画『家をたてること』では自身の母の原s買う作品で主演を務めています。独特の雰囲気を持ち、放つ紅甘に目が離せません。

青木柚

2017年4月に高校2年生になる青木柚は、フジテレビ『リーガル・ハイ』や映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』など、人気作に登場している俳優です。

2016年公開の映画『14の夜』での演技が話題となり、今回の映画出演にも注目が集まっています。

田中偉登

田中偉登は、ドラマ『相棒 season15』に出演していた2017年4月に高校3年せいにる俳優です。映画やドラマだけでなく、人気ロックバンド"GLAY"のPV『疾走れ!ミライ』や、人気バラエティ番組『痛快TVスカッとジャパン』の人気コーナー”胸キュンスカッと”に出演するなど、お茶の間でもよく見る若手イケメン俳優です。

戸塚丈太郎

舞台を中心に活躍する戸塚丈太郎がキャスティングされました。 今回の出演に関して自身のTwitterでこのようにコメントしています。

映画『アイスと雨音』のサブキャストの2人は演技未経験!

サブキャストとして若杉実森と門井一将(2017年4月現在高校3年生)が発表されました。2人はなんと演技未経験! 彼らがどのように作品に関わってくるのか、どのような雰囲気を放ち演技をするのか、見たことがないからこそ、期待が膨らみますね。

映画監督、脚本家にして俳優の松居大悟

松居大悟

松居大悟は1985年福岡市出身、慶応大学在学中に劇団ゴジゲンを結成しました。劇団の作・演出・出演を担当しています。

2009年にNHK連続ドラマ『ふたつのスピカ』で脚本家デビュー。2012年、映画監督デビュー作となる『アフロ田中』を発表します。その後、『スイートプールサイド』(2014)、『ワンダフルワールドエンド』(2015)、『私たちのハァハァ』(2015)とほぼ1年に1〜2本のペースと多作です。

2016年に『アズミ・ハルコは行方不明』が東京国際映画祭コンペティション部門にノミネートされ、話題になりました。『アズミ・ハルコは行方不明』は山内マリコによる小説で、街に描かれ続ける女の顔のグレフィティアート、無差別に男を殴る女子高生集団、OL安曇春子の失踪を記述しています。これを蒼井優主演で映画化し、高い評価を受けました。

また、クリープハイプや大森靖子のミュージックビデオを手がけたり、『真夏の方程式』などの映画に出演もしています。

音楽を担当するのはMOROHA

音楽を担当するのはラップグループ、MOROHAです。メンバーはMCのアフロとギターのUKという最少の編成で、2010年にデビューしました。

UKが弾くアコースティックギターに乗せて、アフロがラップをするという破格でミニマルな音楽性は、業界に波紋を呼びました。

松居大悟が監督を務めたミュージックビデオ『tomorrow』は、2016年に発表され、『桐島、部活やめるってよ』の東出昌大、『愛の渦』、『私たちのハァハァ』の中村映里子が出演しているのです。サラリーマン(東出昌大)の何気ない日常が延々と描かれ、最後にふと街角で昔の恋人(中村映里子)を見かけたことから、心の底に溜まっていた思いが溢れるというストーリー仕立てになっています。

KEISUKEYOSHIDAが衣装を担当!

KEISUKEYOSHIDA

映画『アイスと雨音』でキャストのスタイリング・衣装を担当するのはファッションデザイナーのKEISUKEYOSHIDAです。映画衣装を担当するのは初めてとのことですが、「是非担当したい」という強い思いがあったそう。 監督と同じように、思春期の少年少女たちからインスピレーションを受け、それを作品にアウトプットしているというKEISUKEYOSHIDA。撮影現場にも同行し、キャスト1人1人の魅力が伝わるようスタイリングしたと語っています。

映画『アイスと雨音』は2018年春公開!

映画は2018年春に公開されます。

プロの俳優にはない、初々しい魅力に満ちた演技が堪能できるのではないでしょうか?