高畑充希がかわいい!その魅力と出演ドラマ・映画を徹底紹介!【朝ドラヒロイン】

2017年7月13日更新 110391view

映画・舞台・ドラマ、そして歌手。実写『シンデレラ』では吹き替え声優を務め、朝ドラ『ごちそうさん』への出演でその名を広く知られるようになりました。様々な方面で活躍する人気女優・高畑充希について情報をまとめています。

朝ドラ出身人気女優・高畑充希の経歴に迫る!

高畑充希

1991年大阪生まれの女優、高畑充希。舞台・映画・ドラマと枠に囚われず多方面に活躍しています。NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』に主演し、今最も輝いている若手女優の一人です。

2005年、中学生の時にホリプロ主催『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』のオーディションで見事主演をゲットし、女優デビューを果たしました。このときの倍率はなんと9621倍!

ドラマや映画に大忙しの彼女の出演作や交友関係、恋愛事情、そして今後の活動などを一挙紹介します。

高畑充希は歌がうまい!歌手としても活動

ドラマや映画での活躍が目立つ彼女ですが、「みつき」として歌手としても活動をしていました。2014年には過去に発表したシングルや出演したミュージカル・ドラマで歌唱した楽曲が収録されているアルバム『PLAY LIST』を「高畑充希」名義でリリースしています。

2015年の向井理主演ドラマ『わが家』では、主題歌の「ホームにて」を歌っています。

また、出演CMでも歌唱力を存分に披露しています。

ドコモのCMでは、演歌の衣装に身を包みズンドコ節でこぶしを効かせているのが印象的です。また、かんぽ生命保険のCMで高畑が歌っている「それは人生、わたしの人生」は、なんとあの椎名林檎が彼女のために書き下ろした楽曲!

これからも演技だけではなく歌唱力も生かした仕事が増えていきそうですね。

ピーター・パンとして活躍した高畑充希

1950年代から各国で上演されている歴史あるミュージカル『ピーター・パン』。日本では1981年から上演が開始された、歴史と権威のある舞台です。

高畑充希は2007年から6年間、8代目ピーターパン役として主演を務め続けていました。両親がミュージカル好きだったことから、影響を大きく受けていたのでしょう。

そして2012年には榊原郁恵ら先輩から受け継いだピータ・パンを卒業し、9代目唯月ふうかへとタスキをつないだのです。

その後、『奇跡の人』『美男ですね』『コーヒープリンス1号店』『靑い種子は太陽のなかにある』等の多くの舞台で主演を務め、一躍舞台女優として人気を博するようになりました。

『過保護のカホコ』で民法ドラマ初主演を飾る!

2016年に放送された『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』以来のドラマとなった『過保護のカホコ』。2017年7月より放送されています。

朝ドラや映画、CMなどで認知度をあげてきた彼女ですが、民法ドラマで主演を飾るのは本作が初なんだとか。

ドラマは、箱入り娘として深い愛情を注がれながら育てられた大学生・根本加穂子を中心に物語が展開していきます。脚本は『家政婦のミタ』も担当した遊川和彦ということで、注目が集まっています。

有村架純との仲良しツーショット写真が話題に

有村架純が自身のツイッターで高畑とのツーショット画像をアップし、そのそっくりで可愛らしい二人の写真がファンの間で話題を呼びました。

ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で共演した高畑と有村。双子のようにそっくりな2人に、「姉妹みたい」といったコメントが寄せられました。

高畑充希と前田敦子が所属する「ブス会」ってなに?

「ブス会」とは、ドラマ『Q10』で知り合ったメンバー、高畑充希・前田敦子・池松壮亮・柄本時生4人による集まりのことです。

4人ともとっても仲が良く、よく前田らがSNSでその様子をつぶやいています。

その仲の良さは、メンバーの誕生日をみんなで祝うことをはじめ、前田が自身のtwitterで「僕らの時代でたいよ、4人って無理なのかな?」(フジテレビのトーク番組、「ボクらの時代」のこと)とつぶやいたことから、2015年5月に4人での出演がかなったほどです。

結成の発端は、柄本が高畑のことを好きになってしまい、柄本の恋に前田と池松の2人が協力したことだとか。結局柄本は振られてしまったけれど、「友達でいよう」ということになり、今の「ブス会」ができたそうです。

グループ名の由来は、みんなが「うちら全員ルックス微妙じゃね?」という話になり、みんなで「ブス」と言い合うからだそうです。

俳優業と学業の両立!法政大学を卒業している

??

高畑充希さん(@mitsuki_takahata)がシェアした投稿 -

高畑充希は法政大学キャリアデザイン学部を卒業しています。地元の大阪では中高一貫の女子高に進学。そのときは早稲田大学の演劇研究会に入ることを考えていましたが、舞台以外の道の人とも出会いたいと思い進路を切り替えました。

大学入学後は写真サークルに入り、合宿や飲み会、スポーツの応援など大学生らしいことを楽しんだそうです。

高畑充希の出演ドラマ

国民的ドラマ『3年B組金八先生』でドラマデビュー

3年B組金八先生

中学校を舞台にした人気ドラマシリーズ『金八先生』のレギュラー放送最後の作品である第8シリーズ(2007年10月から2008年3月)にクラスのマドンナ的存在、田口彩華役で出演しています。ドラマ初出演ながら、恋人と駆け落ちしてしまうクラスの主要人物を演じました。

昼ドラマ『ナツコイ』では主題歌も担当

ナツコイ

2008年には昼ドラマ『ナツコイ』では兼子舜演じる佐々木和真に恋する後藤なつき役で出演しています。本作は母と子の2世代のラブストーリーを描いています。

また本作で高畑は竹内まりや作詞・作曲の主題歌「夏のモンタージュ」を歌っています。

お茶の間に知られるきっかけ『ごちそうさん』(2013)

『ごちそうさん』

東出昌大演じる悠太郎の妹・希子としてNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』に出演し、女優としての高畑充希の知名度は急上昇。特に、劇中で彼女が歌う「焼氷の歌」が話題になりました。

この歌唱シーンは元々は脚本にはなく、『ごちそうさん』脚本家の森下良子が、高畑の出演したミュージカル『スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師~』での歌声を聴き、急遽追加されたものだそう。それほどに素晴らしい歌声を持つ女優なのです。

『あすなろ三三七拍子』(2014)ではチアリーダーに!

あすなろ三三七拍子

中年サラリーマンの藤巻大介がひょんことから、廃部の危機に陥った翌檜大学の応援団団長に任命。応援団の立て直しに奮闘します。

高畑は翌檜大学のチアリーダー部、部長で明るい正確の葉月玲奈を演じています。

“きらきら巻髪量産型女子”を演じた『問題のあるレストラン』(2015)

問題のあるレストラン

2015年に放送されたテレビドラマ『問題のあるレストラン』では、男社会で理不尽な目に遭った主人公・たま子(真木ようこ)と共にレストランを開店する川奈藍里を演じ、女性ならではのコメディに挑戦しています。

『女の価値は人生いくら奢って貰ったかで決まるから。割り勘は女の敗北。負けた女は最終的にデニムの裾がよれよれの男にパチンコ代取られるか、カメラはじめてクラゲの写真撮るか、どっちかだから』
『え?なんで皆さん水着着ないんですか?あたしいっつも心に水着着てますよ。おしりとか触られても全然何も言わないですよ。おしり触られても何にも感じない教習所卒業したんで。痩せろーとかヤラせろーとか言われても笑って誤魔化せる教習所も出ました。免許証お財布にパンパンです』

様々な名言を残したこのキャラクターは一部では“きらきら巻髪量産型女子”と呼ばれ、多くの女性の共感を呼ぶ存在となりました。また、本作での演技が認められ、高畑充希が第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞において助演女優賞を受賞しています。

月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』での熱演が話題に

有村架純、高良健吾、いつ恋、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

2016年1月から放送されたフジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』にも出演しました。有村架純演じる杉原音と高良健吾演じる曽田練が田舎から上京してきて、都会の波にもまれながら恋をしていくというストーリーの本作は、『東京ラブストーリー』の坂元裕二が脚本を担当します。

高畑充希は物語の前半のパートで高良演じる練の恋人・木穂子を演じます。

朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロインに!

連続テレビ小説 とと姉ちゃん 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]

2016年4月4日から放送の朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』においては、主人公の小橋常子を務めるています。

『とと姉ちゃん』は戦後に、生活総合誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎮子の半生を題材に製作された作品です。

戦後の昭和を舞台に亡き父親の代わりに「とと姉ちゃん」として母と2人の妹を守りながら奮闘する常子。将来は出版社を立ち上げ、女性向け雑誌の創刊します。

朝ドラヒロインとしてますます高畑充希の人気を不動のものとしました。

高畑充希の出演映画

『女子ーズ』(2014)でのクールでツッコミ役・イエローを演じる

『HK/変態仮面』『勇者ヨシヒコ』シリーズ等で有名な、独特の空気感を作り出す天才のコメディ監督・福田雄一の映画である『女子ーズ』において、桐谷美玲、藤井美菜有村架純、山本美月と言った今とときめく人気女優達と共演しています。

文字通り女性が戦隊ヒーローとして活躍する物語で、全編に散りばめられるコメディを的確な突っ込みによってまとめ上げるキャラクターとして、可愛いだけでなく異彩な雰囲気を醸し出しています。

『バンクーバーの朝日』(2014)では妻夫木聡(レジー笠原)の妹役を熱演

バンクーバーの朝日

『バンクーバーの朝日』に出演した高畑充希。その演技力には高い評価が集まっています。「バンクーバー朝日」とは、1914年からカナダで活躍した実在した日系移民の野球チーム。その実話を、『舟を編む』の石井裕也監督が映画化したものです。

1900年代初頭のカナダ。まだ日本人に対する差別が強く、新天地を夢見てやってきた人々は過酷な労働と貧困に苦しんでいました。そんな中、日本人野球チームは体格で劣る白人チームに負け続けていましたが、日本人にとっての希望でもありました。

高畑は「バンクーバー朝日」のキャプテン・レジー笠原の妹・エミー笠原を演じています。

彼女の演技力は監督にも高く評価されたようで、公開に先駆けて石井裕也監督自らがメガフォンをとり、高畑充希主演で『バンクーバー朝日』のスピンオフムービー『メモリーズ・オブ・バンクーバー朝日』が撮影され、日本映画専門チャンネルで放送されました。

一人の少女が現代から、戦前のカナダ・バンクーバーへ迷い込むファンタジー。こちらでも本編に負けず劣らずの演技を披露しています。

実写版『シンデレラ』(2015)で吹き替えに挑戦!

2015年に公開された、ディズニーの実写化プロジェクト『シンデレラ』において、高畑は王子役の城田優と共に吹き替え声優を務めました。

ディズニーの名作ラブストーリーの吹き替えと言う事で責任感が重くのしかかる作品だったはずですが、見事に務め切り評判も上々。女優として一段ステップアップした作品と言えるでしょう。

人気少女漫画の実写映画『アオハライド』(2015)

主人公の恋敵役、成海唯役で出演していた『アオハライド』では、主人公役の本田翼と共に制服姿を披露していました。

「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」の3位にもなる人気作の映画化作品にメインキャストとして出演するほどに、名実ともに人気女優になったことが伺えます。

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』に主人公のさやか役で出演

2016年6月4日に公開された映画『植物図鑑』に、高畑充希は主人公のさやか役で出演し、EXILE岩田剛典と共演しています。

普通の女の子、さやかはある日道で行き倒れになった青年・樹と出会います。半年という期限付きで始まった同棲生活ですが、彼のことは名前と野草に詳しいということしかわかりません。樹の秘密や二人の恋の行方が繊細に描かれます。

原作は『図書館戦争』『阪急電車』など数々のヒット作を生んだ有川浩の同名恋愛小説です。

豪華出演者が揃う映画『怒り』に出演

吉田修一原作、李相日監督、渡辺謙主演の映画『怒り』にも出演した高畑。

物語は、「怒」という血文字が残され、未解決になっている八王子ので起きた殺人事件を描いた日本中を舞台としたサスペンス。千葉・東京・沖縄の3都市で前歴が不詳な3人の男と出会った登場人物たちを描いた群像劇です。

高畑充希は、綾野剛演じる東京に現れた住所不定の男・大西直人役の過去を知る女、薫役を演じました。

映画『アズミハルコは行方不明』ではギャル風のハタチ女子を演じる

原作は山内マリコによる同名の青春小説。28歳のOL、安曇春子の失踪を背景としながら「アラサー・ハタチ・女子高生」という三世代の女子の生き方を描いた本作で、高畑充希はハタチのギャル風女子の役を演じています。

主人公が行方不明につきポスター以外では出演しないという異例の体裁をとった本作。また、主題歌は人気女性バンド、チャットモンチーが担当しました。主人公不在の新感覚映画です。

高畑充希の彼氏は誰?噂のお相手

1:北山宏光

ジャニーズグループKis-My-Ft2の北山宏光との噂がありました。きっかけは舞台『美男ですね』で共演し、劇中ではキスシーンもあり、練習では何度もキスをしていることから噂になったようです。しかしこれは証拠などは何もなくただの噂にすぎないようです。

2:千葉雄大

千葉雄大

映画『アオハライド』で共演した、千葉雄大とは焼肉デートを2015年の夏に報道されています。実際に交際しているのかは不明ですが、仲の良いツーショットが載せられていることから、距離の近い関係であることが伺えます。

3:高橋優

高橋優

歌手としての一面もあることからシンガーソングライターの高橋優との噂もあります。高畑が出演したドラマ『Q10』の主題歌を担当していたのが出会いだったとか。

また彼女は彼の作る音楽のファンだとも公言しています。二人は焼肉デートを報道されましたが、正式にコメントなどは出していないようです。

進化し続ける女優・高畑充希の今後の活躍

2017年、最も活躍している若手女優といっても過言ではない女優・高畑充希。演技から歌までこなせる彼女は、舞台、ドラマ、映画、CMなど幅広いステージで活躍しています。

2017年11月には関ジャニの丸山隆平が主演を務める映画『泥棒役者』で藤岡美沙役を演じることが決まっており、12月9日には堺雅人の妻・一色亜紀子を演じる映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の公開も決まっています。

今後の活躍からも目が離せません!