(C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

映画『悪と仮面のルール』あらすじ・キャスト【玉木宏主演!中村文則の小説が原作】

2017年11月14日更新

中村文則原作のサスペンス小説『悪と仮面のルール』が玉木宏主演で映画化され、2018年1月13日に公開されます。本作は絶対悪としての教育を受けた主人公が、愛する少女を影ながら守るために殺人を犯すというハードな内容で、玉木宏がどう演じるかに注目が集まります。

中村文則のサスペンス小説『悪と仮面のルール』が玉木宏主演で映画化

芥川賞作家、中村文則が著したサスペンス小説『悪と仮面のルール』が実写映画化されます。主演は『のだめカンタービレ』、『あさが来た』などの玉木宏。

海外でも高い評価を得ている原作は、「悪」となるための教育を受けた主人公が、1人の女性を守るためには殺人さえも辞さないというハードな内容です。「善悪」とは何か?「真の愛」とは何か?などのテーマがつきつけられます。

映画『悪と仮面のルール』は2018年1月13日公開です。

2018年公開予定、『悪と仮面のルール』のあらすじ

ポスター『悪と仮面のルール』
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

久喜財閥の家に生まれた文宏少年は、実父から「絶対悪」となるように教育され、14歳の誕生日に地獄を見せられると教えられます。地獄とは、愛する少女・香織が父によって汚されることでした。

香織のために文宏は父を殺すことを決心します。父の望む通りに、悪に染まってしまった文宏は香織の前から姿を消し、10数年後に顔を変え、新谷弘一として香織を影ながら守るのです。

そして、彼の前に過去の事件を追っている刑事が現れて……。

映画『悪と仮面のルール』の主演キャストには玉木宏

新谷弘一(久喜文宏)/玉木宏

玉木宏

悪になるように教育されながらも、1人の女性を守ろうとする優しい心を持った主人公・新谷弘一。新谷を演じる玉木宏は1980年、愛知県出身の俳優です。

2001年の映画『ウォーターボーイズ』の佐藤勝正役で注目され、2006年のドラマ『のだめカンタービレ』の千秋先輩役でブレイク。2015年にNHKの朝ドラ『あさが来た』で主人公の夫を演じました。

新木優子が玉木宏に守られるヒロインとして出演!

久喜香織/新木優子

新木優子『悪と仮面のルール』
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

新木優子演じる香織は、玉木演じる久喜文宏(新谷弘一)に生きる意義を与えますが、皮肉にも悪に足を踏み入れるきっかけとなってしまう存在です。 もともと原作を読んでいたという新木は、香織役に抜擢されたことについて嬉しさとプレッシャーがあったと言います。 怪奇的なストーリーの中で、香織は純粋でまっすぐした存在。物語の繊細な部分を担っている彼女をどのように演じているのか、気になりますね。

吉沢亮が初のテロリスト役に抜擢!髭をはやしてイメージ一新

伊藤亮祐/吉沢亮

吉沢亮『悪と仮面のルール』
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

テログループ「JL」の一員として、主人公の新谷弘一をメンバーに引き込もうとする伊藤亮祐。演じるのは注目の若手イケメン俳優・吉沢亮です。 初めて髭をのばした挑んだという吉沢。公開されたビジュアルでは、今までの爽やかな印象とは違った彼の姿が映っています。イケメン俳優が魅せる新しい一面に注目が集まります。

映画『悪と仮面のルール』の追加キャストが発表!

久喜幹彦/中村達也

中村達也『悪と仮面のルール』
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

玉木宏演じる久喜文宏の兄・幹彦。演じるのはミュージシャン・ドラマーとして知られている中村達也です。 様々なバンドでドラマーとして活躍している中村ですが、俳優としても活動しており2006年公開の映画『涙そうそう』や2014年公開の映画『るろうに剣心 京都大火編』にも出演しています。 久喜幹彦は父が亡くなった後一族を仕切り、闇を体現するようになります。公開された場面写真からもただならぬ気配が漂っています。

刑事・会田/柄本明

柄本明『悪と仮面のルール』
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

顔と名前を変え新谷弘一となった文宏のことを、殺人容疑で追いかける刑事・会田を演じるのは、ベテランバイプレイヤーとして知られる柄本明です。 刑事という立場の会田は、正しい悪を見破ることができるのでしょうか?

探偵・榊原/光石研

光石研『悪と仮面のルール』
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

新谷から依頼され、香織や久喜家の周囲を探る探偵・榊原を演じるのは、重厚感のある演技に定評がある俳優の光石研。 榊原はもともと文宏の父が雇った探偵でしたが、のちに文宏から探偵の依頼を受けることになります。

『悪と仮面のルール』の監督を務めるのは中村哲平

メガホンをとる中村哲平は、関ジャニ∞の映像作品『8UPPERS』(2010)、UVERworldのドキュメンタリー映画『UVERworld DOCUMENTARY THE SONG』(2012)をはじめとして、ミュージシャンのMVで知られています。

また、福山雅治主演の「アサヒスーパードライ」のCMシリーズを監督しています。さらには『一億分の一の小説』という小説の原案も担当と、幅広い分野で活躍です。

映画の主題歌はUruが担当することに決定

Uruアーティスト写真

本作の主題歌に抜擢されたのは2013年から歌手として活動しているUru(ウル)。2017年までに5枚のシングルを発売しており、ファーストシングル「星の中の君」は、映画『夏美のホタル』の主題歌としても使用されています。 映画の主題歌を歌うのは今回が2回目。映画『悪と仮面のルール』のために書き下ろしたという新曲「追憶のふたり」は、映画を鑑賞したUruが感じたことを歌詞や曲に込めて制作したとのこと。 作品から感じ取れる、嫌でも感じるような人間らしさ、そんな登場人物たちのラブストーリーという世界観を壊さないよう書き下ろしたという楽曲に期待が高まります。

善と悪に揺れる玉木宏の演技に注目

玉木宏

普段とは打って変わって複雑な内面をもつ主人公を、玉木宏がどう演じるのかという点が見どころです。

久喜文宏=新谷弘一は整形で外見を変えてるがゆえに、外見と内面、善と悪という対立に悩まされるというデリケートな役柄です。爽やかなイメージが定着している玉木宏が、この役をどう料理するか楽しみです。

原作『悪と仮面のルール』は海外でも評価されている

Evil and the Mask

原作者の中村文則は『土の中の子供』で、2005年に芥川賞を受賞しましたが、その後2012年に『掏摸』、2013年に本作『悪と仮面のルール』でウォール・ストリート・ジャーナル紙のベストミステリーの10作品に選ばれました。

その功績もあって、『狼は天使の匂い』、『ピアニストを撃て』などのノワール小説で名高いデイヴィッド・グーディスの名を冠した賞を2014年に受賞しています。

原作者の中村文則は完成した映画を鑑賞し、自分の小説が原作という意味を超えて観客として感動に巻き込まれたとコメント。原作者が太鼓判を押す仕上がりになっているようです。

映画『悪と仮面のルール』は2018年1月13日公開

読者を虜にした傑作サスペンス『悪と仮面のルール』は2018年1月13日より公開されます。この記事では続報が発表され次第、随時更新していきます!