2018年4月10日更新

30代人気イケメン俳優20人を年齢でランキング【主演級のかっこいい俳優ばかり!】

(C)2016 映画「星籠の海」製作委員会

20代でデビューし、その後も様々なキャリアを積んで円熟みを増す30代の俳優たち。「イケメン」という言葉だけでは魅力を語れない彼らを年齢別にランキングしまとめました。

脂の乗ってる30代俳優がかっこいい!

1_large

(C)2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会

エンターテイメントから文学作品まで、幅広いジャンルの映画が製作される邦画界。現在その邦画の魅力を担っている要素の一つは30代の俳優たちだと言っても過言ではないでしょう。邦画だけでなく、TVドラマ、CM、歌手活動など幅広く活躍する30代俳優たちを年齢ごとにまとめました。

東出昌大

埼玉県出身、1988年2月1日生まれの東出昌大。2018年に30歳になっています。2017年のドラマ『あなたのことはそれほど』で見せた、笑顔でなじる束縛夫の演技が恐ろしいと大きな話題になりました。 東出昌大は高校時代、「メンズノンノ」専属モデルオーディションでグランプリを獲得しモデルデビュー。2012年公開の映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビューしたのを機に、モデルから俳優へとシフトを図っています。 プライベートでは、2013年NHK朝の連ドラ『ごちそうさん』で共演した女優の杏と2015年に結婚。三児の父となっています。

松坂桃李

神奈川県茅ケ崎市出身、1988年10月17日生まれの松坂桃李。雑誌「FINE BOYS」の専属モデルとして芸能活動を開始し、特撮ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』の志葉丈瑠/シンケンレッド役で世間の注目を集めることとなりました。 正統派イケメンながら、ドラマ『ゆとりですがなにか』では童貞の小学校教諭役、2018年公開の映画『不能犯』では殺人鬼役、『娼年』では娼夫役と幅広いジャンルにチャレンジしています。 『孤狼の血』では暴対法成立前の広島を舞台に、失踪事件を追う若きエリート刑事役を熱演。映画は2018年5月12日公開の予定です。

高良健吾

熊本県熊本市出身、1987年11月12日生まれの高良健吾。地元熊本のタウン誌「クマモト」のモデルにスカウトされたのを機に芸能界入り、2005年放送のドラマ『ごくせん』第2シリーズで俳優デビューしています。 2008年公開の映画『蛇にピアス』では、全身に入れ墨、顔に15個のピアスを開けた青年・アマ役に挑戦。特殊メイクとはいえ、別人さながらの変貌ぶりに驚かされること必至です。 2016年下期のNHK朝ドラ『べっぴんさん』ではヒロインすみれの幼なじみ野上潔役に抜擢され、青年期から老年期に至るまでの半生を見事に演じ切りました。

松田翔太

640-54

(C)2016「オーバー・フェンス」製作委員会

1985年9月10日東京生まれ。父は故松田優作で母は松田美由紀、兄は松田龍平と、芸能一家に育った松田翔太。

劇場版も数作公開されるほどの大人気ドラマ『ライアー・ゲーム』や、TBS系ドラマ『ディアスポリス 異邦警察』などで主演を務めています。auのCM三太郎シリーズの桃太郎役も人気を集めています。

松山ケンイチ

640-53

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

1985年3月5日青森県生まれ。2006年の映画『デスノート』や2009年の日本テレビ系ドラマ『銭ゲバ』など、漫画原作でクセのある役柄をリアルに演じる松山ケンイチ。

2016年は『聖の青春』で伝説の棋士・村山聖を演じ、さらに新境地を開きました。2018年にはドラマ『隣の家族は青く見える』で不妊治療に取り組む夫婦を深田恭子とともに演じ、妻を温かく見守る夫役は好評を博しました。

城田優

7_large

(C)2014 枢やな/スクウェアエニックス (C)2014 映画「黒執事」製作委員会

1985年12月26日東京都生まれ。日本人の父とスペイン人の母の間に生まれ、そのエキゾチックな容姿を活かして個性的な役を演じています。

TVや映画の出演も多いですが、舞台でも活動している城田優。2015年に出演した『エリザベート』は高い評価を得ました。

山田孝之

sub2_large

(C)「BUNGO ささやかな欲望」製作委員会

1983年10月20日鹿児島県生まれ。2001年のNHK朝ドラ『ちゅらさん』で主人公の弟役として人気を集め、2003年にはフジテレビ系ドラマ『WATER BOYS』で初主演を務めます。

その後は『世界の中心で、愛をさけぶ』などの純愛ものから『闇金ウシジマくん』などのヘビーな社会派作品まで演じ分ける実力派俳優として活躍中です。

松田龍平

main_large-2

(C)2015 いがらしみきお・小学館/「ジヌよさらば かむろば村へ」製作委員会

1983年5月9日東京都生まれ。1999年に世界的名監督として知られる大島渚の遺作『ご法度』で鮮烈なデビューを飾りました。

2007年にはNHKのTVドラマ『ハゲタカ』では中村獅童の代役として急遽主演が決まるものの、見事な演技力でドラマは大ヒットします。2017年はTBS系ドラマ『カルテット』で松たか子、満島ひかり、高橋一生と共演し、ドラマは好評のままに幕を閉じました。

鈴木亮平

character_05_large

(C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

1983年3月29日兵庫県生まれ。

映画『HK 変態仮面』は体重を15キロ増量してその後脂肪をそぎ落として見事な身体を作り上げたり、TBS系ドラマ『天皇の料理番』では主人公の病気の兄役で体重を20キロ減量するなど、役に合わせて徹底的な肉体改造をすることで有名な鈴木亮平。

2018年は大河ドラマ『西郷どん』で主役の西郷隆盛役に抜擢。彼の演じる西郷隆盛役に期待が高まっています。

小栗旬

sub4_large-2

(C)2012 中村光/スクウェアエニックス・AUTBパートナーズ

1982年12月26日東京生まれ。1998年にTVドラマに初出演した小栗旬。

2003年には、名演出家・蜷川幸雄の『ハムレット』に初めて出演し、それからは蜷川作品の常連になりながらTV・映画でも頭角を現します。

2017年は4月からフジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主演が決定。映画も『君の膵臓をたべたい』が公開されました。

瑛太

jp-pub-photosub4-wild7_large

(C)2011「ワイルド7」製作委員会

1982年12月13日新潟県生まれ。モデルを経験後に2001年俳優としてデビューし、『WATER BOYS』や『アンフェア』などの人気TVドラマに出演し、その存在感で注目されます。

抜群の運動神経を持ち、それを活かしたドラマ『ラッキーセブン』から、冴えない男性を演じた『最高の離婚』まで、幅広い役柄を演じ分ける実力の持ち主です。

綾野剛

sub2_large-2

(C)2012「シャニダールの花」製作委員会

1982年1月26日岐阜県生まれ。2012年の朝ドラ『カーネーション』では、ヒロインの不倫相手という異例の役柄ながらも人気を博し、彼の登場する回は同作品最高視聴率を記録しました。

2016年にはTBS系ドラマ『コウノドリ』の主演が記憶に新しい綾野剛。クールな外見と裏腹に、バラエティでは腰の低い人柄で親しまれています。

藤原竜也

sub4_large

(C)2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

1982年5月15日埼玉県生まれ。深作欣二監督に気にいられて2000年の映画『バトル・ロワイアル』に出演したり、蜷川幸雄の舞台に出演して注目を集めます。

映画では『デスノート』の主人公夜神月役や『るろうに剣心』の志々雄真実などの当たり役があり、2016年には主演映画『僕だけがいない街』が話題になりました。

向井理

sub05_large

(C)2013「劇場版 SPEC 結 漸ノ篇」製作委員会 (C)2013「劇場版 SPEC 結 爻ノ篇」製作委員会

1982年2月7日神奈川県生まれ。2010年のNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』で水木しげるをモデルにした村井茂役で注目され、一躍人気俳優となります。

2016年は同じ朝ドラの『とと姉ちゃん』やTBSドラマ『神の舌を持つ男』で活躍。プライベートでも女優・国仲涼子との間に第一子が誕生。これからの飛躍が期待されます。

星野源

sub6_large

(C)2013「箱入り息子の恋」製作委員会

1981年1月28日埼玉県生まれ。2000年に結成したインストルメンタルバンドのSAKEROCKのリーダーとして活動し、俳優、歌手、作家など様々な才能を発揮している星野源。

これまでも幅広いファンから愛されていましたが、2016年のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でさらに大ブレイク。主題歌として発表した「恋」も大ヒットしました。

斎藤工

sub04_large-2

(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社

1981年8月22日東京都生まれ。2014年のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で上戸彩の不倫相手として人気を博し、2017年には同作品の劇場版の出演も決まっています。

2016年には『映画妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』でぬらりひょん役になるなど、かっこいいだけではない意外な役柄にも挑戦しています。

玉木宏

nkv_sb3_large

(C)2009 フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社

1980年1月14日愛知県生まれ。容姿端麗ながらも個性的な役も厭わず演じる玉木宏。

2015年~2016年にかけて放送されたNHKの朝ドラ『あさが来た』では、豪快なヒロインを優しく見守る夫役が人気に。美しい着物の所作も注目され、雑誌「週刊ザテレビジョン」が主催するドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。

妻夫木聡

640-55

(C)2017「愚行録」製作委員会

1980年12月13日福岡県生まれ。コメディ映画『ウォーターボーイズ』の主演で一躍脚光を浴びます。

2016年には女優のマイコと結婚しプライベートでも発展の年になりました。2017年には主演映画『愚行録』が公開されました。

玉山鉄二

hmi_ba4_large

(C)「星守る犬」製作委員会

1980年4月7日京都生まれ。1999年に藤原紀香主演のドラマ『ナオミ』でデビュー。以後脇役としてドラマを支える側が多く、悲劇的な役柄も多かった玉山鉄二。

2014年~2015年に放送されたNHK朝ドラ『マッサン』で夢に生きる男性を好演しました。その他ダイハツのCMでもコミカルな姿を見せています。

桐谷健太

chara03_large

(C)浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会/写真:太田好治

1980年2月4日大阪府生まれ。2016年には『水族館ガール』の主演や『カインとアベル』などTVドラマに多く出演した桐谷健太。

さらにauの三太郎シリーズのCMで歌った『海の声』では歌だけでなく三線の腕前も披露。同年の紅白歌合戦にも抜擢されました。2017年には『彼らが本気で編むときは』が公開されました。