(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

映画『空飛ぶタイヤ』キャスト・あらすじ(原作ネタバレ)【池井戸潤原作、長瀬智也主演!主題歌はサザン】

2018年6月15日更新

池井戸潤原作『空飛ぶタイヤ』が長瀬智也を主演に迎え映画化されます!『半沢直樹』や『下町ロケット』で企業の闇を描いてきた池井戸。本作は大手自動車メーカーのリコール問題に迫ります。監督は『超高速!参勤交代』で知られる本木克英です。

映画『空飛ぶタイヤ』が公開!主演キャストは長瀬智也!

ドラマ『半沢直樹』や『下町ロケット』の原作者として知られる池井戸潤の作品『空飛ぶタイヤ』が、ついに公開されました。映画公開は2018年6月15日。 本作は2009年に仲村トオル主演でWOWOWドラマ化されています。今回はTOKIOの長瀬智也を主演に迎え、ディーン・フジオカや高橋一生ら豪華俳優陣が集結しています。気になる映画『空飛ぶタイヤ』についてご紹介します!

【ネタバレ注意】映画がもっと面白くなる最速レビューはこちら

6月15日に満を持して公開された映画『空飛ぶタイヤ』。 ciatrのこちらの記事では、モデルとなったと言われている実際のリコール隠し問題や原作と、映画を徹底比較。池井戸潤作品が初めて映画化された背景についても考察しています。

『空飛ぶタイヤ』あらすじ【記事後半に原作ネタバレあり】

映画の予告編が解禁!

主人公の赤松徳郎は運送会社の2代目経営者。 ある日、走行中のトラックからタイヤが外れ死傷者がでる事故が起こります。そのトラック事故に巻き込まれたのは赤松が経営する会社だったのです。事故の原因を自社の整備不良と決め付けられ、赤松は突然容疑者になってしまいました。 しかし彼は自分の会社を信じ、事故の本当の原因を突き止めようと動き出します。トラック自体に欠陥があったのではと考えた赤松は、大手自動車会社を相手に戦いに挑みます。

映画『空飛ぶタイヤ』で主演キャストを務めるのは長瀬智也

赤松徳郎/長瀬智也

『半沢直樹』では堺雅人が銀行の闇に立ち向かいましたが、『空飛ぶタイヤ』で大手企業の闇に立ち向かうのはTOKIOの長瀬智也。 ジャニーズの中でも個性的な演技をこなす貴重な俳優として知られている長瀬智也。過去にはドラマ『池袋ウエストゲートパーク』、『マイボスマイヒーロー』や、映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』など多くの作品で主演を務めています。 主人公の赤松とは年齢も近いということで、彼自身共感することが多かったとのこと。社会の闇に立ち向かう勇敢な役を演じる長瀬に注目です。

赤松と対立する男・沢田悠太役はディーン・フジオカ

沢田悠太/ディーン・フジオカ

『空飛ぶタイヤ』ティザービジュアル
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

本作でディーン・フジオカが演じるのは、ホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太。 沢田は、赤松と対立しつつも自ら事件の調査を開始し、やがて自社のリコール隠しに気づいてしまうという役どころです。彼は正義感とサラリーマンとしての立場の板挟みとなっていきます。なお、ドラマ版では田辺誠一が同役を演じていました。

ホープ銀行調査・井崎一亮役は高橋一生!

井崎一亮/高橋一生

高橋一生が本作で演じるのは、ホープ銀行調査役の井崎一亮。グループ会社であるホープ自動車の担当をしている彼は、ホープ自動車の経営計画に疑問を覚え、自ら調査に乗り出していくという役どころです。 常に冷静沈着でありながら、心の中には熱い正義感を持っているキャラクター。ドラマでは萩原聖人が同じ役を演じています。なお高橋は井崎を演じる上での意気込みを語っており、その様子はYouTube上で公開されいます。

更なる追加キャスト36名が一挙発表!

赤松徳郎の妻・赤松史絵は深田恭子

深田が本作で演じるのは、長瀬演じる赤松の妻・赤松史絵役。長瀬と深田の共演は、2009年に放送されていたドラマ『華麗なるスパイ』以来約8年ぶりとなります。 深田は久しぶりの長瀬との共演に、(長瀬は)昔と変わらず優しいお人柄とコメント。また、本作で親子役を演じた高村佳偉人については、照れ屋で可愛らしいと言及し、親子3人の共演シーンは楽しかったと語っています。

ホープ自動車常務取締役・狩野威は岸部一徳

岸辺が本作で演じるのは、ホープ自動車常務取締役の狩野威。ドラマ版では國村隼が同じ役を演じました。また、岸辺はこの役を演じるに当たって、久しぶりの社会派映画を楽しんだと語っています。

赤松運送の専務・宮代直吉役は笹野高史

笹野が本作で演じる宮代は、ドラマ版では大杉漣が演じた重要な役どころ。長瀬を支える笹野の演技に今から期待が高まります!

港北中央署刑事・高幡真治は寺脇康文

『相棒』シリーズをはじめ、数多くの刑事役を演じてきた寺脇は本作にも刑事役で出演します。ドラマ版では遠藤憲一が演じていた高幡は、長瀬演じる赤松の捜査をしていくといった役どころ。 そんな高幡を演じるに当たって寺脇は、「ジョジョに負けないリーゼント頭で頑張りました!」とユーモラスなコメントを寄せています。

週刊潮流記者・榎本優子は小池栄子

週刊潮流の記者・榎本優子は赤松とは互いに情報提供したり、取材協力をしたりと、協力関係を結んでいく役どころです。映画版で彼女を演じるのは、小池栄子。 小池は長瀬やディーンといった「イイ男」たちとの共演が嬉しかったとコメントしています。なお、ドラマ版の榎本役は水野美紀でした。

赤松運送整備士・門田駿一役は、映画初出演の阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)

赤松運輸の若き整備士・角田役を演じるのは、映画初出演となる阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)。 ドラマ版では柄本佑が演じていた同役ですが、劇中では若さゆえの葛藤や失敗なども描かれている繊細なキャラクターです。 映画版では、映画初出演となる阿部がどのようにこの役を演じ切ったのか、注目したいですね。

ムロツヨシはホープ自動車車両製造部・小牧重道役で出演

沢田の協力者となるホープ自動車車両製造部の小牧重道役は、映画『銀魂』への出演などでも知られるムロツヨシ。 ムロは劇中ではディーンとの撮影がほとんどで、他のキャストとはあまり共演できなかったそうです。その分、作品の完成を楽しみにしているとコメントしています。なお、同役はドラマ版だと袴田吉彦が演じていました。

ホープ自動車品質保証部・杉本元役には中村蒼

中村蒼が本作で演じるのは、ホープ自動車品質保証部の杉本元役。中村は正義感溢れる杉本のようになりたいなと思いながらこの役を演じたそうです。 なお原作・映画版ともに男性の杉本ですが、ドラマ版では女性として描かれており、尾野真千子が演じています(ドラマ版での役名は杉本恭子)。同作の映像化作品で杉本が男性として描かれるのは初となるので、そういった意味でも中村の演技は楽しみですね!

柄本明、佐々木蔵之介、谷村美月…その他の豪華キャストにも要注目!

『空飛ぶタイヤ』
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

主要キャストはもちろん、本作にはさらに豪華なキャストたちが集まっています。 野村陸運社長・野村征治役の柄本明や、富山ロジスティック元整備課長の相沢寛久役の佐々木蔵之介をはじめ、事件の被害者となる柚木妙子役は谷村美月、門田の恋人役の池上紗理依らが名を連ねています。 更に、大倉孝二、浅利陽介、六角精児、木下ほうか、村杉蝉之介、岡山天音、田口浩正、津田寛治など、一人一人がメインキャスト級の俳優陣が多数起用されています。それぞれの役どころなどは、是非オフィシャルサイトでチェックしてみてくださいね!

映画主題歌はサザンオールスターズが担当!3年ぶりの新曲

「闘う戦士たちへ愛を込めて」主題歌入り予告が解禁

2018年6月にデビュー40周年を迎えるサザンオールスターズ。彼らが3年ぶりに世に放つ新曲が、本作の主題歌に決定しました。タイトルは「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」。 今回の情報解禁と同時に主題歌入り予告編も公開されています。映画を盛り上げるとともに、脳裏に残る印象的なサウンドが流れます。桑田佳祐が書き下ろした痛烈な歌詞をうまくポップスに昇華させ、サザンオールスターズの原点ともいえる楽曲が誕生しました。 主演の長瀬は楽曲について「社会で日々戦っている汗臭さみたいなもののを感じた」と、映画の内容をうまく再現できていることについて言及し、本木監督も「映画の内容を鋭く捉えた歌詞、深刻な本質をからりと奏でるオリジナリティ溢れた曲に鳥肌が立った」と絶賛しています。

監督を務めるのは本木克英

本木克英は、本作にも出演する深田恭子や佐々木蔵之介が出演した映画『超高速!参勤交代』などの作品で知られている監督です。 池井戸潤が初めて本格的に書いた経済小説だという『空飛ぶタイヤ』の映画化に携われることを光栄に思っているとコメントしています。

『空飛ぶタイヤ』過去にはドラマ化も

『空飛ぶタイヤ』を原作とした映像化作品は過去にも製作されています。2009年にWOWOWドラマで放送された『空飛ぶタイヤ』。仲村トオルを主演に迎え、大杉漣や柄本佑、尾野真千子ら豪華俳優陣が脇を固めています。 2002年に起こった三菱自動車トラックによるタイヤ脱輪事故と、それに伴うリコール隠しをベースに書かれた本作は、大手自動車メーカーをスポンサーとするテレビ局ではドラマ化をすることができず、WOWOWにて映像化されたという経緯がありました。 これまでドラマ化は多くされてきた池井戸潤作品ですが、映画化されるのは本作が初めてです。

原作は『半沢直樹』などで知られる池井戸潤作品

原作はドラマ『半沢直樹』の原作となった『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』や『下町ロケット』、『民王』などを執筆してきた池井戸潤です。

池井戸自身、銀行員だったこともあり経済小説を得意としています。本作『空飛ぶタイヤ』は彼がはじめて「まともに経済小説を書こうと思った」作品であり、吉川英治文学新人賞を受賞。直木三十五賞候補作にも選出されました。

【ネタバレ注意】『空飛ぶタイヤ』の原作を紹介!

映画『空飛ぶタイヤ』の原作は、「三菱自動車リコール隠し事件」を題材に描いた池井戸潤の経済小説です。2005年から2006年にかけて「月刊J-novel」に連載されていました。 本作は、「第28回吉川英治文学新人賞」、「第136回直木三十五賞」候補となりました。

小説のあらすじネタバレ

走行していたトラックのタイヤが突然外れ、側を歩いていた主婦を直撃し、亡くなる事故が発生したことから物語は始まります。亡くなった女性には幼い子供と夫がいました。 そのトラックは、赤松運送という中小企業が所有するもので、その社長を務めるのが赤松徳郎です。これまで父親のあとを継いでからというもの、必死で会社を守ってきた人物。 自社の所有するトラックが起こした事故は、「整備不良」が原因であるとされ、赤松運送は被害女性の遺族や世間の非難の的となりました。 しかし、自社の整備について自信を持っていた赤松は、事故の本当の原因は、トラックを製造した巨大企業・ホープ自動車にあるのではないかとの疑いを強めるのです。 最大の窮地に立たされた赤松にも協力者がいました。以前同じ経験をしたことのある児玉通運や、従業員、家族などです。赤松は彼らの助けを借りて、次第にホープ自動車の不正を暴いていきます。 そんな赤松らの努力のおかげで、警察やマスコミをも味方につけ、ラストでは見事に疑いが晴れるという感動的な結末をむかえます。