南沙良、第2のガッキーが新作映画で堂々の女優デビュー!

2017年7月6日更新

ニコラの専属モデルとして活躍している南沙良がついに話題の映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビューします。「第2のガッキー」とも噂される南沙良の魅力とその活躍ぶりに迫ります。

美少女モデルの南沙良がついに女優デビュー!

南沙良は2002年6月11日生まれの神奈川県出身。星座はふたご座で血液型はA型です。2017年5月現在、まだ中学3年生で14歳という若さながら、さらさらヘアと可愛い過ぎるルックス、そして身長159.5センチのスレンダーな体型はただ者ではありません。 そんな抜群のルックスからは意外な感じすらしますが、趣味はなんと大仏鑑賞という古風で渋いところも。このギャップもファンにとっては萌え要素の一つなのかもしれません。とはいえ、今ハマっているのは?と聞かれて、アニメとコスメと答えているあたり、やはり普通の女の子ですね。 2014年、叔父にすすめられたのが応募のきっかけだという、第18回ニコラ(nicola)モデルオーディションで見事グランプリを受賞し、デビューしました。それ以来、同誌の専属モデルとして活躍しているほか、大手芸能事務所のレプロエンタテインメントに所属して芸能活動もスタート。2017年には、ついに話題の新作映画『幼な子われらに生まれ』への出演が決定しました。

人気雑誌ニコラで専属モデルとして活躍中!

オーディションでグランプリを受賞した2014年以後、ニコラ専属モデルとして数々の誌面を飾っている南沙良。同誌は小学校高学年から中学生の女の子向けファッション雑誌として多数の人気モデルを抱えているほか、創刊以来、本誌を巣立って人気女優やタレントへと飛躍していったモデルも数多くいます。 本人のツイートなどをみると、モデル仲間の白井杏奈とは特に仲が良さそうで、頻繁に2人のツーショットが登場します。

You TubeのニコラTVチャンネルでは、白井杏奈や青島妃菜らと仲良さそうにしている様子や、久間田琳加やアンジェリカと共に「わくわく動物セーラー戦士」と題したダンスを披露している動画もアップされており、なかなかお茶目なところもあるようです。 ニコモ(ニコラのモデル)になってよかったこととして、色々な可愛い洋服を着用できることと、新しい自分が発見できることだと述べており、モデルの仕事を楽しんでいる様子が伝わってきます。一方で、やはり体型維持にはかなり気をつかっているようで、思春期の女の子らしい悩みは人気モデルゆえにいっそう大変そうです。

第2のガッキーと噂される南沙良!新垣結衣との共通点は?

南沙良はしばしば「第2のガッキー」などと呼ばれています。その根拠として、2人には様々な共通点が多いということです。 まず新垣結衣もニコラのオーディションでグランプリを受賞し、長らく人気専属モデルとして活躍していた経歴であること。さらに所属する芸能事務所がレプロエンタテインメントというのも共通しています。それだけはありません、誕生日が6月11日というのも同じなのです。 そういった経歴や物理的共通点のほか、もちろん容姿もどこか似たところがありますね。さらりとした髪質、爽やかな透明感などはどことなく共通した雰囲気です。実際、南沙良自身、新垣結衣の主演映画『恋空』を見てずっと憧れていたと語っています。

舞台『ローファーズハイ!!』のメンバーとしても活動!

レプロエンタテインメントに所属する若手女性タレントが、ローファーを履いた女子高生に扮して即興で歌い踊るという話題の舞台『ローファーズハイ!!』。現在総勢15人がメンバーとなっており、南沙良もそのうちの一人です。 2017年4月には、東京・浅草にある劇場「浅草九劇」で定期公演が上演され、連日話題をさらいました。1回の公演には15人のうち毎回違う9人が出演し、それぞれ自由に舞台を駆け回ります。南沙良のほか、メンバーにはベイビーレイズJAPANの林愛夏、佐々木七海、哀川翔の娘である福地桃子らがいます。 ゴールデンウイーク中にも『GW浅草九劇祭・ハイ‼振り返り』と題した公演が開催されたほか、8月の次回定期公演もすでに決定しています。

南沙良が女優デビューする映画『幼な子われらに生まれ』

直木賞作家・重松清のよる同名小説を原作に、初のメジャー長編監督作『しあわせのパン』が高い評価を受けた三島有紀子がメガホンをとった新作映画が『幼な子われらに生まれ』です。公開は2017年8月26日に決定しました。 再婚同士の一組の夫婦を主人公に、ふたりの元妻と元夫、さらに親が異なるそれぞれの子供たちなど、入り組んだ「家族」の中で悩み苦しみながら前向きに生きていこうとする姿を描く、心温まるヒューマン・ドラマです。 夫婦を浅野忠信と田中麗奈という実力派俳優が演じているほか、寺島しのぶ、宮藤官九郎、新井美羽といった共演陣にも豪華な顔ぶれが揃いました。

主人公夫婦の娘役に大抜擢された南沙良

本作で南沙良が演じるのは夫婦の娘である薫です。とは言っても、田中麗奈演じる奈苗が最初の結婚でもうけた連れ子であり、浅野忠信演じる信は義父、実の父は宮藤官九郎演じる沢田という非常に難しい役どころです。 その分、物語の展開においてカギとなる重要なキャラクターであることには相違なく、まだ新人の南沙良は大抜擢だと言えるでしょう。 女優デビューにして、話題作での大役を射止めた南沙良がいかに演じきるかに注目です。