2018年3月21日更新

レディー・ガガ、歌手としてだけでなく女優として活動する彼女の素顔に迫る

© Picture Alliance/Photoshot

奇抜なスタイルと独特のパフォーマンス、そして高いメッセージ性を持った楽曲が人気の歌手レディー・ガガ。歌手としてだけでなく、女優としても活躍するアーティスト、レディー・ガガの素顔に迫ります。

歌手、女優として活躍するレディー・ガガ

レディー・ガガ
© Picture Alliance/Photoshot

2008年に発表したアルバム『ザ・フェイム』が世界的にヒットし、その音楽性と独特のパフォーマンスで一躍有名になったアーティスト、レディー・ガガ。 世界各国のミュージックチャートで1位を飾った『ポーカー・フェイス』や、800万枚以上を売り上げたアルバムのタイトル曲『ボーン・ディス・ウェイ』など、彼女の楽曲は誰しも一度は耳にしたことがあるでしょう。 そんなミュージシャンとして知られているレディー・ガガですが、実は女優としても活躍しており、様々な分野で才能を開花させています。 そんな様々な側面を持つアーティスト、レディー・ガガについてまとめました。

レディー・ガガの基本プロフィールは?

レディー・ガガの本名はステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ。1986年アメリカで生まれ、イタリア系アメリカ人の裕福な家庭で育ちました。 幼少期から音楽面での才能を開花させ、4歳ですでに楽譜無しでピアノを演奏していたそうです。その後、11歳でジュリアード音楽学院に合格しますが、当時は音楽にあまり興味がなく入学を辞退。マンハッタンのお嬢様学校に進学します。 学校では周囲に馴染めなかったガガは14歳からクラブでパフォーマンスを始めたそうです。そして17歳でニューヨーク大学の芸術学部に早期入学。その頃から現在では浸透している奇抜なスタイルを確立していきました。 19歳のときに親元を離れ、ストリップクラブで働きはじめます。同時期にレコード会社とも契約、アーティストに楽曲提供を始めたガガ。次第に自身の歌手としての才能も認められ、ヒットとなったデビューアルバム『ザ・フェイム』のリリースにつながりました。

『アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル』でゴールデングローブ賞を受賞

歌手として活躍しながら、幼少期から女優になる夢を抱いていたというガガ。そんなガガの夢が2015年に叶います。 2,011年から放送されている人気ホラードラマシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」。その第5シーズンに当たる『アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル』でガガは主演を努めたのです。 ガガが演じたのは、妖艶で怪しげなホテルオーナーのエリザベス。R15指定となった過激なエロティックスリラーでの彼女の演技は高く評価され、第73回ゴールデングローブ賞女優賞を受賞しました。

『アメリカン・クライム・ストーリー』出演が噂されていた

#GagaFiveFootTwo

xoxo, Gagaさん(@ladygaga)がシェアした投稿 -

アメリカで実際に起こった事件を元にした犯罪ドラマシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー」。2016年にO・J・シンプソン事件をテーマにしたシーズン1が放送され、瞬く間に人気となりシリーズ4までが製作決定されています。 シリーズ3がフィーチャーするのは、ファッションデザイナーのドナテラ・ヴェルサーチ。兄のジャンニとヴェルサーチブランドを作りましたが、兄が殺された後に同ブランドの専任デザイナーに就任した人物です。 ドナテラ役を当初ガガが演じるのではないかと話題になりました。しかし実際の配役はペネロペ・クルスに決定したそうです。 ドラマのプロデューサーであるライアン・マーフィーは、ガガのスケジュールが多忙すぎたためオファーは実現されなかったと言い、しかし別の形でガガと仕事がしたいとも語っています。

前代未聞の新曲リリース

2017年4月に発表されたレディー・ガガの新曲『ザ・キュア』は今までにないやり方でリリースされました。 通常アーティストが新曲を発表する前には何らかの事前告知があるものです。しかし、ガガは個の新曲をアメリカの音楽イベント「コーチェラ・フェスティバル」に出演した際に前置きなくいきなり披露。そして、ステージ終了後、すぐに楽曲の全国配信がスタートしたのです。 前代未聞の新曲リリースですが、世界60カ国でiTuneチャート1位を記録するヒットとなっています。

彼女の素顔にせまるドキュメンタリー『レディー・ガガ:Five Foot Two』

歌手、そして女優としても才能を開花させてるアーティスト、レディー・ガガ。そんな彼女の真の姿に迫るドキュメンタリー映画が制作されました。 『レディー・ガガ:Five Foot Two』の監督は、ストリートアーティストとして有名なバンクシーに関するドキュメンタリー『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』で知られるクリス・モーカーベル。2016年にガガが発表したアルバム『ジョアン』の制作現場や、コンサートの裏側などを取材し、ガガの素顔を切り取った作品です。 本作は2017年のトロント国際映画祭で初披露された後、同年9月より動画サービスのNetflixで配信されています。

レディー・ガガ、休業宣言!?難病にかかっていることを公表

何かと話題に事欠かないレディー・ガガ。彼女はドキュメンタリー番組の中である病気を患ってることを公表し、更に注目を浴びました。 その病気とは線維筋痛症という難病。全身に痛みが走るという慢性疾患で、常に耐え難い痛みと戦わなければなりません。 ガガはドキュメンタリーで病名を発表すると同時に、活動休止も表明しています。しかし、休んだ後に次のステージを予定しているとも語っており、アーティストとしての活動は今後も続けていくようです。