©UPI/アフロ

クリント・イーストウッド、新作『15時17分、パリ行き』事件当事者が主演でテロを描く

2018年1月9日更新

クリント・イーストウッドの新作映画『15時17分、パリ行き』が2018年3月1日に公開されることが発表されました。実は、主演を務めるのは実際の事件の当事者なのだそう。こちらの記事では、映画『15時17分、パリ行き』のあらすじやキャストなど気になる情報をまとめて紹介します。

クリント・イーストウッドの新作は無差別テロが題材!

今作は、アムステルダム(オランダ)からパリ(フランス)へ向かう特急列車内で起きた、「タリス銃乱射事件」という無差別テロを題材とする物語です。こちらの事件を元に、クリント・イーストウッドがメガホンを取ります。 こちらの記事では、映画『15時17分、パリ行き』のあらすじやキャストなど気になる情報をまとめて紹介します。

『15時17分、パリ行き』のあらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発でパリ行きの「特急列車タリス」が乗客554名を乗せ発車しますが、決して安穏な列車ではありませんでした……フランスの国境内へ入った後、列車内に潜伏していたイスラム過激派の男が突然、自動小銃を乱射したのです。 頼みの乗務員は乗務員室に逃げ込み鍵をかけてしまい、乗客は「銃乱射男」と同じ列車に閉じ込められてしまいます。 逃げる場所を失い混迷を極める状況に、欧州を旅行中だった幼馴染3人組の若者が、無差別殺傷を企む男に立ち向かう決意をすることに……。 恐怖に満ちた列車内で起きた人間ドラマをリアリティに描きます。

監督は、クリント・イーストウッド

クリント・イーストウッド
WENN.com

『アメリカン・スナイパー』『許されざる者』『ミスティック・リバー』『ハドソン川の奇跡』『硫黄島からの手紙』など数々の名作で知られる、クリント・イーストウッドが監督を務めます。 87歳を迎え尚新作を発表する彼が、リアリティや真実を追求をする今作をどのような作品に仕上げていくのか、楽しみです。

主演はまさかの「当事者本人」!?

15時17分、パリ行き
©UPI/アフロ

この事件は、3名の若者のアメリカ人が犯人を取り押さえることに成功した事で収束へと向かいました。その若者とは、スペンサー・ストーン、アレク・スカラトス、アンドニー・サドラーの3名です。 軍人であるアレク・スカラトスがアフガニスタンでの駐留を終え帰国したことを祝って、幼馴染で米空軍兵のスペンサー・ストーンと、同じく幼馴染で大学生のアンドニー・サドラーで旅行に出かけていたのです。そして「特急列車タリス」に乗車し、偶然テロ事件に居合わせることになってしまうのです。 驚きなのが、今作はその実際に事件を解決した3名が本人役として出演するのです! 彼らはなぜ、自動小銃を乱射するテロリストへ立ち向かうことができたのでしょうか。恐怖の中で描かれるリアリティと、テロリズムへ向き合う人間ドラマを本人達が実際に演じます。

クリント・イーストウッドの新作、リアリティの追求は当事者出演だけに止まらず……!

クリント・イーストウッドのリアリティの追求は本人の出演だけに止まらず、なんと実際に事件の際に乗車していた乗客も出演するとのこと! さらに、撮影自体も事件が起きた実際の場所で行われたようです!このようにして今作はテロリズムに対して正面から向き合い、リアリティを追求します。

『15時17分、パリ行き』公開日は2018年3月1日予定!

電車 フリー画像

日本公開は2018年3月1日を予定しています。いつ誰がテロに直面してもおかしくない昨今。他人事とは思えない今作を是非劇場でチェックしてみてください!