JR SKISKIに起用された歴代女優【ブレイク必至!若手女優の登竜門】

2017年12月19日更新

いまや冬の風物詩となったJR SKISKIのキャンペーンCM。各メディアで輝かしい活動を続けているあの若手女優も、このCMでの瑞々しい姿が話題に上る事もしばしば。改めて歴代のキャンペーンガールを振り返るとその豪華さに驚くばかりです。

ポスターのインパクト大!冬の話題をかっさらうJR SKISKIのキャンペーンガール

冬が近づくと駅の構内や電車内に登場する同キャンペーンのポスター。大きく映し出される若手女優のきらめく表情が評判となり、毎年誰がキャンペーンガールを努めるのかが話題となります。 またCM内では想い寄せる相手との物語が展開していき、見ているだけで胸がときめくと夢中になる視聴者も続出。白銀を舞台に繰り広げられる恋物語と翻弄される美しき若手女優たちの顔ぶれを見ていきましょう。

まずはJR SKISKIの歴史をおさらい

始まりは1990年代初頭。JR東日本がスキー旅行のキャンペーンとして展開を広げ、当時のアーティスト「ZOO」が出演とCMソングを担当しました。その後1995年度に初めてのキャンペーンガールに江角マキコを起用し、翌年に青山恭子を抜擢。ダウンタウン・浜田雅功や吉川ひなのと続き、残念ながら1999年にキャンペーンは一時中断となります。 2006年度に木村カエラを起用した小規模展開を経て、2012年度に6年ぶりに復活。その際キャンペーンガールを努めた本田翼の魅力で一気に話題のCMとなります。その後は中断する事なく2017年度まで続き、今や若手女優の登竜門と呼ばれるまでになりました。

2017年度は特別企画!30周年を記念したコラボレーション

CMソングに松任谷由実の「BLIZZARD」

共に1987年に発足と映画公開を迎えたJR東日本と『私をスキーに連れてって』。2017年~2018年度のキャンペーンはこちらを記念して、特別に企画されたコラボレーションとなっています。既存の映画シーンから主人公である2人(原田知世/三上博史)のやりとりを抜粋し、現代風にアテレコし直したもの。懐かしい“ あの頃”を彷彿させるロケーションと、クスリと笑える例年とは違った内容で話題を呼んでいます。 また映画の主題歌同様、今キャンペーンのCMソングとして松任谷由実の「BLIZZARD」を起用し、当時の雰囲気を演出。2017年12月現在ではまだ公開されていないバージョンのCMもあり、今後の展開にも期待が高まります。

2016年度は桜井日奈子!岡山の奇跡と言われた透明感

CMソングに[Alexandros]の「SNOW SOUND」

仲間内で訪れたスキー場で、恋心を抱く相手の些細な視線や行動に翻弄される初々しい主人公を好演し、新しいファンを獲得した桜井日奈子。また、初めての“ 冬ソング”を同CMのために書き下ろした[Alexandros]が、冬の淡いラブストーリーを甘く盛り上げてくれます。 2018年には出演した映画の公開が2本控えており、女優としての活動の場を精力的に広げてる彼女。初主演となる映画『ママレード・ボーイ』は集英社「りぼん」にて1992年5月号から1995年10月号まで連載されていた人気作品であり、ヒロイン役を射止めた『ういらぶ。』も累計発行部数100万部を超える人気漫画。そのため、出演者の演技にも注目が集まります。

2015年度は山本舞香と平祐奈!初のダブルヒロイン

CMソングにMAN WITH A MISSIONの「Memories」

初めてのダブルヒロインとなった2015年度は、リハウスガールも務めた山本舞香と平愛梨の妹としても知られている平祐奈。マンウィズのCMソングにのせ、2人の主人公が1人の青年を巡るライバルとしてスキーを楽しむ物語がテンポよく展開されていきます。ライバルでもありながら親友でもある、そんなステキな青春がテーマとなっていました。 2018年1月より始まる日本テレビ水曜日深夜枠『漫画みたいにいかない。』の出演が決定している山本舞香。また、2017年に9本の映画に出演している平祐奈は、2018年に公開される映画『honey』のヒロイン役が決定しています。

2014年度は広瀬すず!今や誰もが知る若手女優に

CMソングにback numberの「ヒロイン」

押しも押されもせぬ人気の若手女優、広瀬すずも2014年度に同キャンペーンに抜擢されていました。back numberの甘い歌声に乗せ、2人の男性の間で揺れ動くせつない気持ちを繊細に演じ分け話題に。 2018年には、映画シリーズの完結作となる『ちはやふる -結び-』の公開、『ラプラスの魔女』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の出演、1月より放映される日本テレビ水曜日・22時枠『anone』の主演も決まっています。また、2019年の朝ドラヒロインとして『夏空 -なつぞら』の主人公にも決定し、名実ともに大女優の道を歩み始めていますね。

2013年度は川口春奈!大人の魅力を開花させる

CMソングにSEKAI NO OWARIの「スノーマジックファンタジー」

第1弾ポスターに大写しになったピエロの顔(SEKAI NO OWARIのDJ LOVE)が鮮烈な記憶として残る2013年度は、突然の恋に落ちて大胆にな行動に出る女性を川口春奈がキュートに演じました。 リハウスガールやポカリスエットのCMでの素朴な可愛らしさが評判の彼女でしたが、近頃では大人の魅力を身につけますます綺麗に。2018年春から配信が決定した、ハワイを舞台にしたAmazonプライム・ビデオのドラマ『しろときいろ』に主演も。こちらではハワイで話題のパンケーキ店「Eggs'n Things」を日本に進出させた、実在の女性を演じます。

2012年度は本田翼!6年ぶりのキャンペーンガールに

CMソングにGReeeeNの「雪の音」

好きと言い出せない男女のもどかしい恋心をキラキラとした笑顔で演じきった本田翼。彼女が2012年度のキャンペンガールに抜擢された事からJR SKISKIの復活劇は始まりました。 目覚ましいほどの活躍を続け、2017年12月22日(金)から配信が開始されるAmazonプライム・ビデオのドラマ『チェイス 第1章』にて大谷亮平と共に主演を努める他、2018年に公開される『今夜、ロマンス劇場で』にも出演が決定しています。 このように数々の若手女優がその透明感あふれる魅力でJR SKISKIのキャンペーンを盛り上げ、その後のキャリアも着実に歩んでいる様が見て取れますね。