広瀬すずが朝ドラ100作目『なつぞら』のヒロインキャストに!出演キャスト一覧【2019年放送】

2018年5月17日更新

広瀬すずが2019年度前期の連続テレビ小説『なつぞら』に主演することが明らかになりました。同作は、連続テレビ小説100作目となる作品です。この記事では、『なつぞら』のあらすじやキャスト、スタッフを紹介していきます。

広瀬すずが2019年放送朝ドラ『なつぞら』でヒロインに!

女優の広瀬すずが、2019年度前期の連続テレビ小説『なつぞら』でヒロインを務めることが発表されました。本ヒロインは99作目のヒロインが明らかになっていない中での異例のお披露目となったことも話題に。 この記事では、同作のあらすじ・キャスト・スタッフなどを紹介していきます。

朝ドラ『なつぞら』のあらすじは?

空、フリー画像

『なつぞら』は、かつて「漫画映画」と呼ばれていた日本アニメーションの草創期をテーマにした作品。戦争で両親を失った主人公・奥原なつは、北海道・十勝の大地に傷ついた心を癒されていきます。 そして成長したなつは、十勝で育まれた想像力を活かして、アニメーションの世界に関わっていくことになります。

『夏空』から『なつぞら』へ。タイトル変更にはこんな理由があった。

NHKの制作統括である磯智明が明かすところによると、物語の舞台となる十勝の澄んだ美しい「空」と、主人公であるなつの名前から、タイトル『夏空』が決まったそうです。 しかし、2018年4月に行われた出演者発表会見では、タイトルが漢字表記の『夏空』からひらがな表記の『なつぞら』に変わっており、記者たちはもちろん質問を飛ばしました。その経緯はというと、本作ではアニメーションがテーマとなることから、アニメータの刈谷仁美にタイトルロゴの制作を依頼しており、ひらがな表記のデザインがとても良かったため、正式なタイトルが『なつぞら』になったとのことでした。 刈谷は2017年に新人アニメーター対象を受賞している若手の星であり、アニメキャラクターのデザインだけでなく、こういったロゴの制作もこなせることから、そのポテンシャルの高さがうかがえます。

朝ドラヒロインキャストに広瀬すず!道産子で戦災孤児でアニメに関わる?

『なつぞら』で広瀬が演じるのは、戦災孤児で北海道で育った「道産子」の奥原なつ。 劇中でなつはアニメーションに関わっていくということは明らかになっていますが、これがアニメーターとしてなのか、声優としてなのか、あるいは経営者としてなのかなどはまだ不明なため、想像が膨らみますね!

また、広瀬自身も『なつぞら』に主演することは会見の前日に明かされたとのこと。自身のSNS上でも不安を感じている事を吐露しつつ、作品に真摯に取り組む意気込みを語っています。 2018年冬ドラマ『anone』や、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』などの話題作の公開を控えている広瀬ですが、本作も大きな話題となりそうです。

脚本はテレビ界の大御所・大森寿美男!

『なつぞら』の脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説『てるてる家族』、大河ドラマ『風林火山』、2017年11月25日から放送がスタートする大河ファンタジー『精霊の守り人 最終章』などで知られる大森寿美男。 先述の作品以外にも、映画『64(ロクヨン)』『クライマーズ・ハイ』などのNHK作品を多数手掛けているベテランですから、作品のクオリティには期待が持てます。 それでは記念すべき100作目の朝ドラ『なつぞら』に出演するキャストを紹介していきます!

奥原咲太郎役/岡田将生

181cmという高身長とクールな顔で人気の俳優、岡田将生が主人公なつの兄、咲太郎を演じます。 2006年に俳優としてデビューを果たして以降、着々と経験を積んだ岡田は、2009年に映画賞の新人賞を総なめ。整った顔立ちを活かした2枚目の人物だけでなく、熱血系や下品な役も演じ、第34回日本アカデミー賞では、助演男優賞にノミネートされています。 最近ではコメディタッチな役柄でもキャスティングされることが多く、非常に幅の広い俳優と言える岡田ですが、本作ではどんな兄を演じてくれるのでしょうか。

柴田泰樹役/草刈正雄

主人公なつの育ての父である柴田泰樹を演じるのは、近年再び脚光を浴びている草刈正雄です。 ハーフで高身長、と見た目だけでも魅力的な草刈は、1970年から1980年代には『華麗なる刑事』や『真田太平記』などで主役を演じ人気を集めます。1990年から2000年代には、父親役や味のある脇役などでその演技の幅を集めましたが、2016年、大河ドラマ『真田丸』でその人気が再び爆発しました。 草刈が演じたのは、主人公である真田信繁の父、真田昌幸。ときに飄々と、ときに豪快なそのキャラクターは老若男女を問わず人気を集め、その死が描かれた回の後には、「昌幸ロス」という言葉が生まれたほどでした。その人気の証拠に、2017年には自身初となる写真集を発売しています。

柴田富士子役/松嶋菜々子

1990年初め頃にモデルとして芸能界入りした松嶋。女優としては1996年のNHK連続テレビ小説『ひまわり』で開花し始めます。 『リング』や『GTO』、『救命救急病棟24時』などでさまざまな役柄をこなした松嶋は、2000年の『やまとなでしこ』で平均視聴率30%、2011年の『家政婦のミタ』では、最高視聴率40.0%と、ヒット作に関わってきました。 今でこそ活発な女優活動はしていない松嶋ですが、なつの育ての母となる柴田富士子役で、『なつぞら』にも高視聴率の縁を繋いでくれるよう期待が高まります。

柴田剛男役/藤木直人

なつの育ての父であり、富士子の夫である剛男を演じるのは藤木直人です。 歌手としてデビューしながら、直後に俳優としても活動を開始、と多彩な才能をもつ藤木。『ナースのお仕事』でコミカルな一面を見せたかと思えば、『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』では寡黙なパティシエを演じるなど、活動当初から俳優としての幅もある程度持っていました。 その後も俳優活動を継続し、2018年現在まで、コンスタントにテレビ・舞台で活躍している藤木。本作では藤木のどんな一面を引き出してくれるのでしょうか。

柴田照男役/清原翔

なぜかお久しぶり!ふー

清原翔さん(@mrkiyotan)がシェアした投稿 -

「MEN'S NON-NO」のモデルであり、俳優としても活動する清原。2017年から活動を開始したばかりで、これからの成長に期待が集まる俳優で、目がパッチリで顔立ちが整ったジャニーズ系とは違い、綾野剛を思わせるような顔立ちであり、独特な存在感を持っています。 TVドラマでは、『警視庁いきもの係』や、『レンタルの恋』。映画では、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』などに出演しており、『なつぞら』では柴田家の長男である照男を演じます。

柴田夕見子役/福地桃子

#mintdesigns

福地桃子さん(@lespros_momo)がシェアした投稿 -

1997年生まれで2016年に女優デビューしたばかりの福地。実はあの哀川翔の娘なのです。当初は哀川の娘であることを公表していませんでしたが、2017年、TV番組での共演をきっかけに公表。丸い目が魅力的な顔立ちですが、親子並んでみると、似たパーツがいくつもあり、微笑ましい気持ちになります。 女優としての経験は浅いですが、2018年公開予定の映画、『あまのがわ』では映画初出演にして初主演を務めており、今回の朝ドラ出演でその演技にはさらに磨きがかかっていくことでしょう。演じるのは、柴田家の長女、夕見子です。

戸村悠吉役/小林隆

とにかく優しそうな顔が特徴の小林。「古畑任三郎」シリーズの向島音吉役や、『新選組!』の井上源三郎役など、三谷幸喜作品へ多く出演しています。 印象に残りにくい役を演じることが多いですが、その実力は確かなもので、2014年、市村正親が病気療養のため降板したドラマ『おやじの背中』では、その代役を見事に演じきりました。 『なつぞら』では泰樹の右腕的な存在である戸村悠吉を演じる小林。脇役として、いつものいい仕事が期待できそうです。

戸村菊介役/音尾琢真

大泉洋らが所属する演劇ユニット、TEAM NACSに所属する音尾。大泉程の人気はありませんが、『相棒』シリーズや、大河ドラマ『花燃ゆ』、『ブラックペアン』など様々な作品に出演しています。 自身のソロ舞台公演では、日系のミュージシャンに扮して自作の楽曲でツアーを行うなど、個性的な人物であり、これからの活動に目が離せません。 本作で演じるのは戸村悠吉の息子である、菊介。音尾のユーモアが爆発する機会はあるのでしょうか!?

小畑雪之助役/安田顕

通称「ヤスケン」と呼ばれる安田は、音尾琢真と同じく演劇ユニットTEAM NACSに所属しています。大泉洋がレギュラーで出演していたバラエティー番組『水曜どうでしょう』で大泉とともにじわじわと人気を獲得していき、俳優活動も増えていきました。 バラエティ番組での印象とは打ってかわって、『必殺仕事人2016』や『小さな巨人』では真面目でワイルドな人物を演じており、この二面性が安田の魅力のひとつと言えます。 『なつぞら』では、「帯広のお菓子発明王」と呼ばれる小畑雪之介を演じることになっており、「安田の破天荒な一面がNHKで見れる!」と期待しているファンも多いことでしょう。

小畑とよ役/高畑淳子

女優として数々の作品に出演してきた高畑淳子。近年では『真田丸』で演じた真田昌幸の妻・薫のような、ちょっと変わった面白い役を演じることが多いようです。 高畑の性格もあるのでしょうが、その演技は独特で、他の女優では演じることができない独特のポジションを確立しています。一時期息子の不祥事で活動を自粛していましたが、徐々に活動を再開しているようです。物語をほぼ確実に面白くしてくれる女優が復帰してくれる、という意味で視聴者としては嬉しい限りですね。 小畑雪之助の母、とよを演じるということで、安田との化学反応に期待がもてるキャスティングです。

小畑雪次郎役/山田裕貴

俳優集団D-BOYSに所属する山田は、『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー役で俳優デビューを果たしました。着実な俳優活動を続けていましたが、2017年には大河ドラマ『おんな城主直虎』で大河初出演のほか映画に14本出演するなど、2018年注目の俳優のひとりです。 切れ長の目と低めの声で、クールな役柄の似合う俳優ですが、現在様々な役柄に挑戦しており、『なつぞら』で演じる主人公なつの幼馴染、雪次郎は彼のターニングポイントになり得る役柄と言えるでしょう。

山田天陽役/吉沢亮

2011年に俳優としてデビューした吉沢亮。福士蒼汰が主演を務めた『仮面ライダーフォーゼ』で、仮面ライダーメテオ役を務めていた吉沢ですが、2017年から2018年にかけて、注目が集まっています。 ぱっちりとした目に甘い顔立ちで2枚目役がぴったりな吉沢。その顔立ちを活かした映画『ママレード・ボーイ』の松浦遊役から、暗めの役柄、コミカルな3枚目などを演じ、演技の幅を広げている真っ最中です。 本作で演じる山田天陽は、主人公なつに絵を教える画家であり非常に重要なポジションです。

山田タミ役/小林綾子

NHK連続テレビ小説『おしん』で主人公おしんの少女時代を演じたことで有名な小林が、山田天陽の母、タミを演じます。 女優経験は長く、実力も申し分ない小林ですが、小堺一機に「師匠」と呼ばれるほど天然な一面も。

山田正治役/戸次重幸

音尾や安田と同じ演劇ユニット、TEAM NACSに所属する戸次。主役に選ばれるような華々しい演技ではなく、きっちりと脇を固める着実な演技で、2000年初め頃から2018年現在に至るまで、俳優としてコンスタントにテレビなどに出演しています。 山田天陽の父、正治を着実に演じ切ってくれることでしょう。

広瀬すず主演朝ドラ『なつぞら』は2019年度前期に放送スタート!

ドラマ『なつぞら』の放送は2019年度の前期からとのこと。記念すべき100作目の朝ドラに期待が高まります。 まだまだ追加キャストの発表もあるかと思いますので、続報を楽しみに待ちましょう。