月9ドラマ歴代平均視聴率ランキングTOP20【本当に面白い2000年代作品はこれだ!】

2017年7月6日更新 189848view

これまでたくさんの名作恋愛ドラマを生み出してきたフジテレビのドラマ枠「月9」。ここでは2001年以降に区切り、歴代平均視聴率トップ15をランキング形式でまとめてみます。

数々の名作恋愛ドラマを生んだ「月9」の視聴率をまとめてみた

有村架純、高良健吾、いつ恋、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

言わずと知れた「月9」と呼ばれる、月曜夜9時に始まるフジテレビの看板連続ドラマ。社会現象を巻き起こした作品など、これまで数々の名作を生んできました。

第一作目は1962年の『レッツ・ゴー三人娘』で、一時中断期を挟み、2016年7月期時点でトータル148作品を数えます。

一般に90年代から2000年代が「月9」の黄金期とも言われていますが、ここでは2001年以降の作品で、平均視聴率ランキングトップ15のドラマを順に振り返ります。

20位『月の恋人〜Moon Lovers〜』:視聴率16.8%

キムタクと3人の女性によるラブストーリー

月の恋人〜Moon Lovers〜

2010年5月に放送されたの木村拓哉が主演のドラマです。

木村拓哉演じる「葉月蓮介」はインテリアを扱うメーカーの若手社長、蓮介をめぐり3人の女性が絡みあう恋模様が見どころです。

『アンフェア』で主人公を演じた篠原涼子や台湾の一流モデルで女優のリン・チーリン、『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』でヒロインを演じた北川景子が蓮介を取り巻く3人の女性として共演しています。

上海と東京で繰り広げるラブストーリーの結末は?

月の恋人~Moon Lovers~ 通常版DVD-BOX

人気のインテリアショップ「レゴリス」を1代でトップメーカーに上り詰めたやり手の社長・葉月蓮介(木村拓哉)と「レゴリス」が上海に進出することを機に関わる3人の女性のラブストーリーです。

「レゴリス」の経営する葉月(木村拓哉)は、同社の上海出店視察のため現地へ赴きますが、「レゴリス」出店の煽りを受け傾いた地元家具工場の反対を知ります。そんな地元の工場で働いていたヒロインのシュウメイ(リン・チーリン)を見つけ自社の宣伝モデルになるよう説得するた葉月、シュウメイは閉鎖になる工場の従業員を雇うことを条件に承諾します。

イメージモデルとしても成功したシュウメイでしたが、その後日本で暮らす父親を捜しに日本へ渡ることを決意します。そんなシュウメイは葉月に惹かれているのでした。

一方、葉月とは古い付き合いの二宮真絵美(篠原涼子)は葉月に信頼され仕事も任される良きパートナー、仕事に付き合いでしたが実は葉月の事を秘かに慕っていますが、なかなか本心を打ち明けられず反対に恋に奔走するシュウメイの相談役として二人に関わってゆきます。

そんな葉月にもう一人思いを寄せる女性が、大貫柚月(北川景子)です。柚月はカリスマ人気モデルであり、葉月のライバル会社「マストポール」の社長令嬢で、一途に葉月を追いかけますが本当は葉月を兄の様に思っていました。

順調にビジネスを成功させた葉月がプロポーズしたのはシュウメイでした。その言葉を受け入れつつも不安に悩まされるシュウメイ、そんな時、強引な仕事の進め方で仲間から裏切られ葉月は社長の地位を追われることになります。

葉月を巡る3人の女性、仕事ゆえに葉月に裏切られ復讐さえ誓ったシュウメイ、ビジネスパートナーとして長年の友人でもありながら募る思いを言い出せない真絵美と葉月を追いかけるお嬢様の柚月は、自身の気持ちを打ち明け自分の恋の結末をむかえます。

最後に葉月が選んだ女性は、長年のビジネスパートナーであった真絵美なのでした。

18位『スローダンス』:視聴率17.1%

妻夫木聡が夢をあきらめた男を演じる

『スローダンス』 DVD-BOX

2005年7月スタートの月9連続ドラマで、お笑いコンビキングコング西野亮廣のデビュー作でもあります。

映画『どろろ』で百鬼丸を鬼気迫る演技を見せた妻夫木聡が主人公で自動車教習所の教官・芹沢理一を熱演、ヒロインの牧野衣咲役には『踊る大走査線』シリーズで熱血女刑事の恩田すみれを演じた深津絵里が共演しています。

以前、映画監督を夢見ていたものの志半ばで諦め、今は自動車教習所の教官をしている理一でしたが、ある時コーヒーショップで見覚えのある女性(生徒)と出会い、恋と以前の夢がよみがえってくるのでした。

妻夫木聡と深津絵里の微妙な距離感がもどかしい

スローダンス

映画監督になる夢を持ちながらも夢実現せず自動車教習所に勤める芹沢理一(妻夫木聡)は、いつものコーヒーショップで注文間違いのトラブルから牧野衣咲(深津絵里)と出会います。その場のみと思っていた二人でしたが、またもや二人は出会います。実は衣咲は理一が教官を務める自動車学校の生徒なのでした。

衣咲は元彼にプロポーズされますが、ドイツ行きとなることに二の足を踏み結局別れてしまい自暴自棄になりますがひょんなことから理一に「好き」と伝えてしまします。一方理一も彼女であった広瀬歩美(小林麻央)となかなかうまく行っておらずヤキモキしている所に衣咲から言われた「好きだから」の言葉を頭の中で繰り返していました。

そんな理一は、ある時諦めていた夢である映画の仕事に進むことを決意します。背中を押してくれたのは他ならぬ衣咲でした。二人はお互いに惹かれあいながら、正直な気持ちを確かめることなく今までの関係が続いて行きます。

18位『愛し君へ』:視聴率17.1%

菅野美穂と藤木直人が紡ぐ純愛ラブストーリー

『愛し君へ』 ディレクターズカット DVD-BOX

2004年4月から全11話で放送された純愛ドラマです。

さだまさしの短編小説『解夏』をドラマ化して放送されました。

純愛物語のこの作品は、不治の病(ベーチェット病)に侵された安曇俊介(藤木直人)と俊介を愛した小児科医の友川四季(菅野美穂)が、生きる希望と愛する人の運命の中で生きていく二人の姿を描いています。

四季の友人役で伊東美咲や『ウオーターボーイズ』の玉木宏らが共演しています。

涙なしでは観られない感動のラブストーリー

愛し君へ

友川四季(菅野美穂)は二人の友達、浅倉亜衣(伊東美咲)と折原新吾(玉木 宏)と3人で長崎を訪れます。亡くなった友人の安曇利也(岡田義徳)の葬儀に向かっていました。そんな四季達と偶然すれ違った安曇俊介(藤木直人)を何気に見ていた四季でしたが、葬儀の後海辺で再度俊介と出会います。

色々話しかける俊介に怪訝な態度の四季、そんな俊介にあまり良い印象を持たない様子でしたが、俊介が話す「恋人は飛行機に乗っていて、間もなく墜落すると言う。そんな状況になったら、四季は恋人に何を言う」そんな問いかけに返答することが出来ず四季は東京へと戻ります。

東京に戻った四季、研修医を勤める病院で再度俊介と出会うことになります。実は俊介は視力を失うベーチェット病という難病に侵されているのでした。

そんなことは知らない四季でしたが、ある日俊介の病気を知ることになり四季の心は揺れていました。俊介を支えていくことを決心した四季でしたが、父親の猛反対に悩みながらも俊介への想いを募らせていきます。

いつしか愛し合う様になった二人ですが、俊介は四季の事を想いながらも、自身の病気故に将来を悲観し四季の為に別れを決意するのでした。別れを告げられた四季でしたが、悲しみに暮れながらも周囲の励ましや父親の真意を知り俊介を追って長崎へ旅立ち俊介に思いを告げました。

そんな四季の想いを改めて知った俊介が最後に見たのは四季の笑顔、そして俊介の目は見えなくなってゆきます。

16位『プロポーズ大作戦』:視聴率17.4%

ドラマに合わせて主題歌も大ヒット

プロポーズ大作戦

2007年4月から山Pこと山口智久・長澤まさみが共演し放送されたこのドラマ、桑田佳祐が歌う主題歌の『明日晴れるかな』もヒットしています。

幼馴染みの吉田礼(長澤まさみ)を子供の子らから好きだった岩瀬健(山口智久)でしたが、礼は別の男性多田哲也(藤木直人)と結婚してしまいます。

ひょんなことから過去へのタイムスリップする方法を知り、へんてこな言葉を唱え過去へ戻り礼との関係をやり直そうとしますが...

山Pに胸キュンのラブストーリー

プロポーズ大作戦

結婚式場へ急ぐ一人の男性、岩瀬健三(山下智久)は幼馴染みの吉田礼(長澤まさみ)の結婚式会場へ向かいます。自分は告白できないまま別の男性である多田哲也(藤木直人)と結婚してしまう礼、大好きな人の結婚式へ参加するという悔しさの中を堪えてスピーチまで行いますが、スライドショーに映る二人とは裏腹に情けない自分の姿を見た健三は自分のふがいなさを後悔し過去に戻ってやり直したい!と念ずるのでした。

そんな健の願いが通じたのか、突然現れた男(三上博史)は健を高校生の時代までタイムスリップさせるのでした。

過去に戻ることが出来るようになった健三でしたが、なかなかうまく告白ができず未来は変わらないまま時は過ぎていきました。そうこうしているうちに礼は哲也にプロポーズされ焦る健三、哲也の受賞パーティーに来ていた礼を強引に思い出の小学校へ誘います。

健三は懐かしい思い出のある場所で礼に告白するつもりでしたが、ある事に気付きます。それは今までしてきたことは過去の出来事を変えて違う未来にしようとしているだけで、自分自身が変わらなければ未来は変わらないということでした。

現在に戻った健三、そこは哲也と礼の結婚式でスピーチを始まろうとしていた場面、健三はそのスピーチで今まで礼を想っていた気持ちを素直に話し始めます。そのスピーチを聞き涙を流す礼...

ついに礼は哲也との結婚を取りやめ健三の元に行くことを決意し健三を捜しますが、無情にも健はタクシーに乗り走り過ぎて行くのでした。ここで再び男(三上博史)が現れます。

落ち込む礼に男は、過去に戻っても未来は変えられない、今行動することで未来を変えられると告げるのでした。そんな時、走り去ったはずのタクシーがガス欠で止まり車を押す健三に大好きな礼の声が聞こえてくるのでした。

16位『ラブ・レボリューション』:視聴率17.4%

月9では珍しく登場人物がアラサー

『ラブレボリューション』

若者中心の月9ドラマですが、アラサーが主演を務める今までにないドラマとして2001年4月より主演を『花より男子』でデビューしたの藤木直人や『ショムニ』の江角マキコ、『黒革の手帖』の米倉涼子らが出演しています。

外科医・スチュワーデス・テレビ記者などキャリアのある主人公らが繰り広げる大人の恋の物語、できる女を演じるのは、外科医・浅丘恭子役の江角マキコ、また女性にとって花形職業の国際線スチュワーデス・真理子役を、米倉涼子が熱演しています。

そんな話題のドラマ『ラブ・レボリューション』は、大人を意識した為か、キスシーンが多いことでも有名です。

アラフォー女子が賭ける大人のラブストーリー

ラブレボリューション

高学歴・高収入・地位が高い女性版「3高」の浅丘恭子(江角マキコ)は都内の総合病院でバリバリ働く心臓外科医、デキル女の恭子はローマに居る恋人の医師の家を訪れますが、彼の家で他の女性と鉢合わせしました。

そんな恭子でしたが友人の真理子(米倉涼子)に連れられたセント・バレンタイン聖堂で、恭子は聖堂に居た老婆に「あんたは、突然現れすべてをぶちまける男と恋に落ち結婚する」と予言されるのでした。

日本に帰った恭子の前に現れた男、テレビ記者の須賀(藤木直人)、須賀は恭子の勤める病院へ偽装入院した片桐代議士を追って病院に潜り込み恭子に巧みに近づき強引にも恭子の唇を奪い、恭子はそんな須賀に惹かれていくのでした。

やがて須賀と恭子は婚約しますが、二人にはそれぞれ違う道を進めべく須賀はワシントンへまた恭子も大学の研究室入りの道を歩むことになります。恭子は映画スターの座を射止めた矢吹(押尾学)と交際するようになりますが、婚約を破棄した須賀への想いを捨て切れず思い悩みます。

須賀を忘れるため恭子は矢吹とキスをしようとしますが矢吹に本心を見透かされてしましました。須賀と恭子結局はお互いに擦れ違い須崎はワシントンへ恭子は東京を離れ北海道の診療所で新しい生活を始めるのでした。

北海道で診療所勤務を始めた恭子がある日バスに乗ろうとしたときそこに1台のタクシーが止まり、降りてきたのは誰あろう須賀でした。驚く恭子に須賀はワシントンでいろいろ考えた末仕事を辞め日本に帰って来たことを明かします。そして恭子にもう一度プロポーズするのでした。

15位『priceless』(2012年):視聴率17.4%

月9といえばやっぱりキムタク!

プライスレス

2012年10月に放送された木村拓哉主演のドラマです。

主人公の名前は金田一二三男(きんだいち ふみお)。無実の罪によって職を追われ、家も所持金も全てを失ってしまいます。しかし、金田一の逆境の中でも前向きに行動する生き様は周囲の人間に影響を与えていきます。そして彼自身がお金では買えないものの大切さに気づいていくという物語です。「わらしべ長者」がテーマのヒューマンコメディドラマとなっています。

木村拓哉と演出の鈴木雅之は『ロングバケーション』、『HERO』に続く3作目のタッグとなります。

共演者は、香里奈、中井貴一、藤井直人など豪華キャストが起用されました。

どん底から這い上がったサクセスストーリー

プライスレス、サントラ

金田一二三男(木村拓哉)はミラクル魔法瓶の課長。人望があり皆に信頼されている社員でしたが、ミラクル魔法瓶の社長大屋敷巌(中村敦夫)が亡くなることから有らぬ疑念を受け事件に巻き込まれます。

会社をクビになり自宅は突然の爆破消失、何もなくなった二三男は極貧の生活を余儀なきうされるが、元同僚で二三男の解雇に疑念を持ったために仕事をなくした二階堂彩矢(香里奈)とともに人生の再起をかけた戦いに繰り出すことになりました。

苦労して手に入れた1000万円を元に魔法瓶会社「ハピネス魔法瓶」を設立した二三男は、新商品のヒットで順調に進んだだと思われていた矢先、元の会社ミラクル魔法瓶の妨害に合い再び窮地をむかえるのでした。

ミラクル魔法瓶の社長統一郎に特許権侵害で告訴されミラクル魔法瓶の廃業を決意した二三男に協力するミラクル魔法瓶の従業員たち、二三男は従業員を説得し自ら考案した究極の魔法瓶をミラクル魔法瓶で販売すること、そして一度は会社を追われた統一郎を再び社長に迎えた後、再び社を後にしました。

14位『トップキャスター』(2006年):視聴率18.4%

天海祐希の月9初主演作

『トップキャスター』

2006年4月に放送された主演・天海祐希のドラマで、脚本は前クールの2006年1月に放送された『西遊記』を担当した坂元裕二が続投しました。

なお、天海祐希は今作品で「月9」初主演を果たしました。

主人公の椿木春香はCNBテレビのニュースキャスターです。かつてはスクープを連発し、伝説のニュースキャスターとして名を馳せていました。しかし、ある事件が原因で番組を降板になってしまったのです。その後はジャーナリストとしてアメリカで活動していたのですが、突然新番組の総合司会として日本に呼び戻されるところから物語は始まります。

他にも、矢田亜希子、玉木宏、松下奈緒、松田翔太など豪華なキャスト陣が揃っています。

天海祐希がキレまくり!の社会派コメディドラマ

トップキャスター

かつてはトップキャスターとして知られた椿木春香(天海祐希)は、以前の強引な取材と報道が問題視され職を追われて現在はニューヨークでテレビキャスターをしていました。

そんな春香が日本の新番組「ニュースDEゴー!」のメインキャスターとして復帰することになり、社内は騒然となり番組スタッフからはブーイングが噴出、しかも復帰早々新番組「ニュースDEゴー!」をやめスクープニュースを報道する「ザ・ニュース」を立ち上げると宣言し周囲を唖然とさせました。

そんな春香は、新番組のお天気キャスターであった飛鳥望美(矢田亜希子)をアシスタントに抜擢しある大学病院の医療事後に関するスクープを追うのでした。

様々な事件やスクープを追い続け「ザ・スクープ」は人気番組となりますが、ある時「ザ・ニュース」を制作するCNB会長と政治家の献金問題のスクープを追うことを決意した春香、自社告発報道に世間が騒然となる中番組が打ち切られてしまいました。

番組最後の放送が始まる直前、春香宛てに爆破殺人予告の脅迫状が届きますが、そんな事には構わずニュースを続ける春香は、番組中花屋に扮した爆破犯人を見事に明かし爆破予告は実行されず無事番組は終了します。

そして2年後、終了した「ザ・ニュース」はお天気キャスターから抜擢されたあの望美がメインキャスターを務め再始動します。番組の初回ニューヨークのキャスターで春香が登場、驚く望美と春香は以前の様に止まらない話を続けるのでした。

13位『薔薇のない花屋』(2008年):視聴率18.6%

SMAPの香取慎吾が父親役を好演!

『薔薇のない花屋』

2008年1月に放送された野島伸司による脚本のドラマです。

花屋を営みながら男手ひとつで娘を育てている男性を中心に、周囲の人々の思惑や愛情が描かれていて、サスペンス要素も含むヒューマンラブストーリーになっています。

主演は香取信吾、竹内結子で、共に野島伸司脚本のドラマは2回目となりましたが、両者にとっては初共演となるドラマになりました。

出生の秘密をめぐる過酷なヒューマンドラマ

薔薇のない花屋

汐見英治(香取慎吾)と雫は二人暮らしの親子、父の英二は花屋を営み幼い娘とつつましやかに暮らしていました。

ある日盲目の女性白戸美桜(竹内結子)と出会いいつしか英二の家に頻繁に出入りる様になりました。一方英二の配達先のホストクラブでいざこざを起こしていた工藤直哉(松田翔太)を引き取り居候させるようになり、4人は共同生活を送る様になるのでした。

そんな英二の行動を監視する一人の男・安西(三浦友和)は病院の院長で脳外科医の権威ですが、娘(瑠璃)を妊娠させた上に捨てられたと思い込み恋人であった英二を憎んでいました。ある時、安西の病院で美桜そっくりの看護師がいることを知らされます。実は美桜は英二を騙し近付いた安西の部下だったのでした。

雫は英二の子供ではないことを知った安西は、直哉を使い新たな真実を探ろうとしますが、過酷な真実を知ることになります。

12位『のだめカンタービレ』(2006年):視聴率18.9%

月9ドラマがクラシックブームの火付け役に!

『のだめカンタービレ』

2006年10月に放送された、二ノ宮知子による漫画が原作のドラマです。

とある音楽大学を舞台に、オーケストラを題材にした学園ラブコメディドラマで、2009年、2010年には『のだめカンタービレ 最終楽章』として、二部作の映画が公開されました。

生活態度はだらしないがピアノに関して非凡な才能が有り、周囲から変態と呼ばれる型破りなヒロイン、のだめこと野田恵役に上野樹里が、指揮者を志すも過去のトラウマから海外留学できずにいるエリート音大生、千明真一役に玉木宏が起用されました。

天才ピアニスト野田恵(のだめ)は天然?

のだめカンタービレ

桃ケ丘音楽大学ピアノ科3年生に通う天才的ピアニストの「のだめ」は本名野田恵(上野樹里)、天才の素質を持っていますが、落ちこぼれのダメ学生しかも変わり者です。

ある日、同じ大学のピアノ科4年生の千秋真一(玉木宏)はひょんなことでやけ酒を飲みながら愚痴をこぼしのでしたが、元恋人の多賀谷彩子(上原美佐)にも愛想をつかされてしまします。酔いつぶれた千秋が目覚めるとベートーベンのピアノ・ソナタのメロディ、飛び起きた千秋が見たのは隣の部屋でピアノを弾いていた野田恵(のだめ)でした。

落ちこぼれ演奏者が集まるSオケのメンバーになったのだめでしたが、ひょんなことから指揮者に選ばれ、かねてより指揮者希望の千秋はSオケの練習を開始することになりました。

Aオケを率いるシュトレーゼマン(竹中直人)との対決となった千秋とSオケのメンバーは打倒Aオケを合言葉に練習に取り組むのでした。

11位『ランチの女王』(2002年):視聴率19.1%

美味しそうな料理も見どころの1つ!

『ランチの女王』

2002年の7月期に放送されたドラマで、主演を務めるのは竹内結子です。

竹内結子演じる麦田なつみはカフェで働く、ランチが大好きな普通の女性です。しかしある日突然、鍋島健一郎(堤真一)に、婚約者のふりをして欲しいと頼まれてしまいます。そして、健一郎が3人の弟と切り盛りする洋食店「キッチンマカロニ」に住み込んで働くことになるのです。なつみと鍋島兄弟、そしてその周囲の人々との人間関係や恋愛を描いたホームコメディドラマになっています。

鍋島四兄弟には堤真一、江口洋介、妻夫木聡、山下智久が起用され、さらに山田孝之、伊藤美咲といった豪華キャスト陣が名を連ねています。

きっかけはオムライス?

ランチの女王

ランチ大好きの麦田なつみ(竹内結子)は大好きなオムライスを食べている最中に突然声を掛けられます。声を掛けたのは鍋島健一郎(堤真一)という男の旨いいオムライスを食べさせてやるという誘いにつられ、ある依頼を引き受けることになりました。

そんな依頼は健一郎の婚約者の振りをすること、なつみは健一郎の言葉を信じ「キッチンマカロニ」というレストランを訪れ健一郎の婚約者を演じますが、当の健一郎はなつみを残し店の金をもって姿をくらましてしまうのでした。取り残されたなつみは、健一郎が帰ってくるまで「キッチンマカロニ」で働くことを決意し、強引に居座ることとなります。

キッチンマカロニで働く勇二郎と純三郎はなつみに恋心を抱くが、健一郎の婚約者だと思い込んでいるため思いを伝えられず悩む二人ですが、ある時嘘であることを知ると恋心を募らせるようになります。

ついに告白するべく勇二郎は純三郎を呼び出しなつみを好きなことを純三郎に告げるが、なつみに聞かれてしまい逃げ出す勇二郎、それを追いかけるなつみ。そんな姿を見た純三郎は恋を諦めることを決意します。

その後、ある男から父親が亡くなったと知らされたなつみは悲しみに暮れます。そんななつみを父親の墓参りに連れていく勇二郎は、なつみをなぐさめついにプロポーズするのでした。

10位『HERO』(2014年):視聴率21.3%

木村拓哉主演大ヒット作は続編も高視聴率

2001年に放送された大ヒット同名ドラマの続編として、2014年7月14日から9月22日まで放送されました。平均視聴率は、前作には及ばなかったものの、それでも2014年の民放連続ドラマの中では見事1位を獲得しています。

主人公はもちろん、木村拓哉演じる検察官の久利生公平。今回コンビを組むヒロインは、北川景子演じる担当事務官の麻木千佳です。木更津の元ヤンキーという設定は、前作の松たか子に劣らずユニークキャラで、新しい面白さがありました。

角野卓造、小日向文世、八嶋智人、田中要次など個性キャラは再集結、それ以外にもゲスト出演があり、前作からのファンを楽しませてくれました。

キムタク主演の社会派ドラマ

東京地検城西支部では新しく着任する検事がどんな人なのか?噂は噂を呼び仕事どころではない支部の中で、ひときわナーバスになる支部の事務官である麻木千佳(北川景子)、というのも新しい検事と千佳はコンビを組むことないなっているからです。検事部長の川尻健三(松重豊)から紹介された新任の検事の名は久利生公平(木村拓哉)、検事にしてはジーパン姿のいでたちに千佳は不安な視線を送るのでした。

見た目の軽さはどう見ても検事に見えない公平でしたが、実は正義感の強い熱血検事でした。公平は自身の観察力とひらめきで他の検事とは違う観点から事件を追い自らも現場に赴くタイプの検事でした。

そんな公平と千佳のコンビですが、初めは不信感から衝突するも公平のひたむきな姿勢に徐々に信頼していく千佳でした。

様々な事件を追い、また解決してゆく二人ですが最後には検事のあり方について法廷で持論を展開する公平の姿、見ていた千佳は検事としての良心を再度問い掛け司法試験に向けて進むのでした。