朝ドラ『あまちゃん』出演キャストのその後の活躍に迫る!【ヒロインからアイドルメンバーまで】

2018年1月24日更新

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』は2013年上半期に放送され、人気俳優・女優、流行語、ヒット曲などを生み出し、一大ブームを巻き起こしました。そこで、『あまちゃん』のキャストたちの現在をまとめてみます。

朝ドラ『あまちゃん』に出演していたキャスト一覧【2013年上半期】

宮藤官九郎の脚本の大人気ドラマ『あまちゃん』。主役を務めた能年玲奈は、この作品で大ブレイクし、劇中のセリフ「じぇじぇじぇ」は、2013年「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞。 ドラマに登場したアイドルグループには若手女優が多数起用され、彼女たちのブレイクのきっかけにもなりました。 高視聴率を維持した朝ドラ 『あまちゃん』出演キャストたちのその後の活躍をまとめてみます。

『あまちゃん』ヒロイン・天野アキ(あまの・あき)/能年玲奈

東京から北三陸市に移住して海女となり、その後アイドルの道を歩むヒロイン・天野アキを演じたのは、能年玲奈です。能年は、『あまちゃん』で一躍国民的アイドル女優となり、2014年、映画『ホットロード』や『海月姫』で主役を務めました。 しかし、独立の噂がもちあがってからは、独特なテイストのブログ以外に目立った活動はありません。2016年6月で事務所との契約が切れるそうで、その後の動向が注目されます。

天野夏(あまの・なつ)/宮本信子

アキの祖母で、海女クラブ会長・天野夏は、宮本信子が務めました。宮本は、2014年に紫綬褒章を受章。日本を代表する名女優です。2016年4月放送のNHK BSプレミアム ドラマ『奇跡の人』に出演しています。

天野春子(あまの・はるこ)/小泉今日子

若い頃アイドルを目指していたアキの母親・天野春子は、小泉今日子が演じました。小泉は、二階堂ふみとダブル主演する映画『ふきげんな過去』の公開を2016年6月に控えています。また、自身がプロデュースし出演もする舞台『日の本一の大悪党』の公演も、同年6月に幕を開けます。

若き日の天野春子(あまの・はるこ)/有村架純

天野春子の若い頃は、有村架純が演じました。有村もまた、この作品で人気女優となりました。ドラマやコマーシャルで活躍するほか、2016年だけでも、3月『僕だけがいない街』、4月『アイアムアヒーロー』、6月『夏美のホタル』、10月『何者』など、複数の出演映画が公開されます。『あまちゃん』でブレイクした女優の中で、最も目覚ましい活躍をしているのが有村といえるかもしれません。

黒川正宗(くろかわ・まさむね)/尾美としのり

離婚後も春子とともにアキの芸能活動を支えたアキの父親・黒川正宗を演じたのは、尾美としのりです。ベテラン俳優として安定感のある演技で、ドラマを中心に活動する尾美。2016年現在は、1月放送のNHK BSプレミアム『はぶらし/女友だち』、3月放送の松本清張ドラマスペシャル『黒い樹海』に出演しています。

天野忠兵衛(あまの・ちゅうべえ)/蟹江敬三

アキの祖父で春子の父親、漁師の天野忠兵衛を務めたのは、蟹江敬三です。味のある渋い演技で数多くの作品で活躍した蟹江ですが、『あまちゃん』放送の翌年、2014年の3月30日に胃がんのため亡くなりました。69歳でした。

足立ユイ(あだち・ゆい)/橋本愛

白✴︎

橋本愛さん(@ai__hashimoto)がシェアした投稿 -

アキとともに「潮騒のメモリーズ」を結成した足立ユイは、橋本愛が演じました。2012年の映画『桐島、部活やめるってよ』からすでに注目されていましたが、この『あまちゃん』への出演でさらに人気が高まりました。 その後、映画を中心に女優活動を精力的にこなす橋本。2016年2月公開の『シェル・コレクター』、同年10月公開予定の『バースデーカード』、2017年5月公開予定の『美しい星』にも出演しています。

種市浩一(たねいち・こういち)/福士蒼汰

アキの先輩で初恋相手の種市浩一は、福士蒼汰が演じました。この作品でブレイクし、映画やドラマ、コマーシャルでもひっぱりだこの福士。 2015年の映画『ストロボ・エッジ』では、天野春子の若い頃を演じた有村架純と4度目の共演をしています。2016年4月スタートのドラマ『お迎えデス。』や同年12月公開の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』への出演も決定。

足立ヒロシ(あだち・ひろし)/小池徹平

ユイの兄でアキに片思いする足立ヒロシを演じたのは、小池徹平です。ドラマや映画、舞台も精力的にこなす小池。2016年6月公開予定の映画『サブイボマスク』に出演し、同年7月には主演の舞台『キンキーブーツ』の公演を控えています。ウエンツ瑛士とのデュオ「WaT」を2016月2月に解散し、それぞれソロ活動に力を入れているようです。

今野弥生(こんの・やよい)/渡辺えり

海女で「北三陸の越路吹雪」と呼ばれるほどの歌唱力を持つ今野弥生は、渡辺えりが演じました。2016年3月1日付で、日本劇作家協会副会長に就任した渡辺。ドラマ『100の資格を持つ女シリーズ』を長く務めるほか、2016年4月にミュージカル『わがまま』、同年8月にミュージカル『狸御殿』の公演を控えています。

大向大吉(おおむかい・だいきち)/杉本哲太

北三陸駅の駅長で春子に片思いする大向大吉を務めたのは、杉本哲太です。ロックバンド「紅麗威甦(グリース)」でデビューした杉本ですが、多くのドラマや映画に出演し、俳優としての地位を確立しました。2016年3月公開の映画『僕だけがいない街』、同年4月スタートの『グッドパートナー 無敵の弁護士』『世界一難しい恋』と同クール2本のドラマに出演しています。