2018年3月13日更新

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』あらすじ・キャスト【玉森裕太×吉岡里帆×染谷将太】

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』が2019年に公開決定しました。本作は東野圭吾によるベストセラー小説を実写映画化したもので、玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太が出演します。この記事では本作のあらすじとキャストを紹介します。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』、東野圭吾小説を実写化!

東野圭吾の恋愛小説『パラレルワールド・ラブストーリー』が2019年に実写映画化されることが決定しました。原作は2018年3月時点で累計発行部数110万部を突破したベストセラー作品で、東野作品では珍しい本格恋愛小説です。 本作品を手掛けるのは映画『宇宙兄弟』や『聖の青春』の森義隆監督。そして気になるキャストは、Kis-My-Ft2の玉森裕太、ヒロインに吉岡里帆、そして染谷将太という期待大の組み合わせです。 今回は映画『パラレルワールド・ラブストーリー』のあらすじ、キャストを紹介します!

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』のあらすじ

玉森裕太が2つの世界を生きる青年に!吉岡里帆、染谷将太との三角関係にも注目

脳の研究を行っている研究者・敦賀崇史(玉森裕太)は大学院生の頃、毎日乗っていた電車と並走する電車で津野麻由子(吉岡里帆)を見かけ、一目惚れをします。しかし、就職を機に麻由子を見かけることはなくなってしまいます。 そんなある日、同じ研究所で働く親友の三輪智彦(染谷将太)から彼女を紹介されるのですが、なんとその女性は麻由子だったのです。 一方で、崇史がある朝目覚めると自分の部屋で朝食を作っている麻由子の姿が。崇史の記憶の中では麻由子は崇史の恋人であり、智彦の紹介で2人は付き合っていました。 2人の仲は順調で幸せを感じていた崇史ですが、やがてある疑問を持つように。それは、親友であるはずの智彦の存在を自分がないがしろにしていること、また、麻由子は智彦の恋人として自分に紹介されたのではなかったか?ということでした。 麻由子が「親友の恋人である」という現実と、「自分の恋人である」と言う現実。同時進行する2つの世界で、愛する女性と親友の間で翻弄されながら真実を求めた先にあるものとは?

主演キャストは玉森裕太!2つの世界で愛と友情に揺れる難役を演じる!

敦賀崇史/玉森裕太

主役キャストを務めるのはKis-My-Ft2の玉森裕太。玉森はアイドルだけでなく、俳優としても活躍しており、2011年のドラマ『美男ですね』での主演を皮切りに、ドラマ『信長のシェフ』や『重要参考人探偵』に出演し、また映画『レインツリーの国』では映画で初めて主演を務めました。 難しい役どころを演じることになった玉森ですが、自身も「挑戦である」と語っているように、今回の作品は彼にとって大きな一歩となりそうです。

ヒロインを演じるのは吉岡里帆!異なる世界で2人の恋人に

津野麻由子/吉岡里帆

ヒロイン・津野麻由子を演じるのは大活躍中の女優・吉岡里帆。吉岡は本作品が玉森との初共演となります。 吉岡はドラマ『ゆとりですがなにか』や『カルテット』などに出演し、脇役ながらも多くの注目を集めてきた女優。そして2018年1月からはドラマ『きみが心に棲みついた』で連続ドラマ初主演を務め、女優として大きな一歩を踏み出した年となりました。

染谷将太が玉森の親友兼恋敵に!天才肌の研究者を演じる

三輪智彦/染谷将太

染谷将太は作品ごとに異なった表情を魅せるカメレオン俳優。2017年公開の映画『3月のライオン』では特殊メイクで衝撃のぽっちゃり体型に変身し、注目を集めました。2018年2月公開の日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』では主役・空海を演じています。 独特な雰囲気を持つ染谷が、玉森、吉岡とともにどのような化学反応を起こしてくれるのか楽しみです。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は2019年公開予定!

2019年に公開される予定の『パラレルワール・ラブストーリー』ですが、主要キャストの3人以外まだキャストは発表されていません。 新たな発表を待ちながら、原作小説をあらかじめ読んでおくのも良いかもしれませんね。