2018年10月5日更新

菅田将暉主演『アルキメデスの対戦』豪華キャスト発表【ベテラン俳優大集合!】

大人気の若手俳優、菅田将暉の主演最新作『アルキメデスの大戦』の製作が進んでいます。続報として、豪華キャストとその役が発表されています。この記事では豪華キャストを紹介します。

菅田将暉が映画『アルキメデスの大戦』で主演!若き天才数学者を演じる

日本の若手俳優の中でトップクラスの実力と人気を誇る俳優の菅田将暉。このほど、目下大活躍の続く彼の、新たな主演映画『アルキメデスの大戦』の製作が報じられました!『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠のゼロ』『海賊と呼ばれた男』など、多くのヒット作を飛ばしている山崎貴と初めてのタッグを組みます。 主演の菅田将暉も「是非お楽しみに」とツイートしており、超がつくほどの人気俳優と国内有数のヒットメーカー監督とのタッグに期待がかかりますね! 『アルキメデスの大戦』は三田紀房による同名のマンガが原作で、1930年代の日本の大日本帝国軍部における若き天才数学者の活躍を描く物語。2019年夏の公開を予定し、現在撮影が進んでいるようです。

原作マンガのあらすじは?

原作マンガの『アルキメデスの大戦』は2018年7月現在、10巻までの単行本が刊行されています。同作は1930年代の日本が舞台で、大日本帝国の軍部における知能戦を描く作品。当時、世界規模で見ても最大級となる戦艦"大和"の建設をめぐり、軍内部でそれぞれの思惑が錯綜するなかで、若き天才数学者 櫂直(かい ただし)が奔走するストーリーです。 この櫂直という青年は原作において、優れた語学力、発想力をもつ秀才でありながら人心掌握術にも長け、多くの人を惹きつける人間的な魅力にも溢れた人物。 菅田将暉の幅広い演技力がどのように活き、また彼の演技を山崎貴監督がどのように演出するのか?そうした点にも注目ですね。 また原作の物語はまだ完結には至っていないため、映画でどういった部分まで描くのかにも注目が集まりそうです。

主演は大人気実力派俳優・菅田将暉

主演は数々の映画・ドラマの他、歌手やモデルとしても活躍する今をときめく人気俳優・菅田将暉です。『帝一の國』『銀魂』『火花』など多くのヒット作に出演し続けています。 今作では、優れた語学力と発想力を持ち、人間的な魅力にも溢れる若き天才数学者・櫂直(かい ただし)を演じます。戦艦大和の建設に数学の力で反抗していくという燃える男はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。 彼は今作へのコメントで、「今やらなければならない作品だと思った」「使命感を持って臨む」と気合十分の様子。幅広く多くの役をこなしてきた彼が今作で見せる演技に注目です。

ベテラン揃いの豪華キャストが脇を固める!

主演の菅田将暉の他に、日本を代表する演技派俳優や期待の若手女優などがキャスティングされています。今作での役柄と今までの出演作は!?

舘ひろし/山本五十六

第42回モントリオール世界映画祭で最優秀男優賞を獲得した舘ひろしの出演が決定しました。 今作では、今までに三船敏郎、山本聡、役所広司など数々の名優が演じてきた聯合艦隊司令長官・山本五十六を演じます。今作の役作りのため、俳優人生初の丸刈りにしたそうです。 「あぶない刑事」シリーズで知られる演技派ベテラン俳優。今作についてコメントでは、「久々に映画の現場らしい現場を見た気がして楽しかった」と今作の製作を楽しんでいた様子。また、「映画をぜひ楽しみにしていて下さい」と仕上がりに自信を見せています。

浜辺美波/尾崎鏡子

櫂直に想いを寄せる造船会社の社長令嬢・尾崎鏡子を演じるのは、『君の膵臓をたべたい』で一躍人気女優としてブレイクした浜辺美波。『亜人』『となりの怪物くん』などに出演し着々とレベルアップし、今後の活躍に大きな期待がかかる女優です。 彼女は山崎監督について「だんだんと親近感をおぼえる不思議な方」「ついていきたくなる理由がわかる」と絶賛。作品については「一般人の視点で見てもらえると別の楽しみ方ができる」とのコメント。 今作でのベテラン俳優たちと共演は、彼女にとっても大きな経験となるのではないでしょうか。山崎監督がどのようにして彼女の魅力を引き出してくるのかも注目です。

柄本佑/田中正二郎

菅田演じる櫂直とバディとなって「戦艦大和」建造計画阻止に奔走する海軍少尉・田中正二郎を演じるのは柄本佑(えもとたすく)です。NHK朝ドラ主演の安藤サクラの夫であり、父は俳優の柄本明の二世俳優です。 『きみの鳥は歌える』『64(ロクヨン)』などに出演しています。第77回キネマ旬報ベストテン新人男優賞と第13回日本映画批評家大賞新人賞を受賞した経歴もあります。 彼は今作の役作りのため、江田島にある旧海軍兵学校で1日入隊体験をしてきたそうです。今作にかける想いは強いのではないでしょうか。

小日向文世/宇野積蔵

「戦艦長門」の艦長である宇野積蔵役には『サバイバルファミリー』の小日向文世がキャスティングされました。これまでに出演した作品は枚挙にいとまがないですが、「アウトレイジ」シリーズやNHK大河ドラマ『真田丸』などがは有名です。 「ALLWAYS 三丁目の夕日」シリーズで山崎監督とタッグを組んだ彼は今作について「穏やかで心地良く役に入れる現場だった」とコメント。「観客のような気分で楽しみ」と公開が待ち遠しい様子です。

國村隼/永野修身

山本五十六の上官であり、「超大型戦艦建造計画」の反対派である永野修身役を『パンク侍、斬られて候』の國村隼が演じます。「アウトレイジ」シリーズや「そして父になる」、『哭声/コクソン』など様々な映画に出演してきたベテラン俳優です。 彼は今作で共演した菅田将暉について「不思議なものを見ている感覚」「感心してしまった」と演技を絶賛しています。ベテラン俳優のお墨付きの演技にさらに期待が高まります。

橋爪功/嶋田繁役太郎

永野とは逆に、計画を強く推し進め、山本五十六陣営と対立する嶋田繁太郎役を演じるのは橋爪功。これまでに日本アカデミー賞を4度受賞している日本が誇るベテラン俳優です。 山田洋次監督の「家族はつらいよ」シリーズや『東京家族』などの他、大河ドラマやCM、ラジオなどで活躍しています。山崎監督の『永遠の0』にも出演していました。 今作の出演に際し、山崎監督に「嫌な役で出して」とオファーしていたとのこと。「監督の狙い通りに演じられていれば」と少し心配している様子のコメントをしていますが、彼なら心配ないでしょう。

田中泯/平山忠道

「戦艦大和」の建造案を作った張本人であり、櫂直や山本五十六と対立する造船中将・平山忠道役を『人魚が眠る家』の公開が控えている田中泯が担当します。 『永遠の0』『DESTINY 鎌倉物語』に続き、山崎監督とは三度目のタッグです。独特の演技で作品に深みを生み出してきた彼。今作に関して「1日1日が長く感じるほど濃密な時間」「貴重な体験」とコメント。

映画『アルキメデスの大戦』は2019年夏に公開!

菅田将暉が主演を務め、若き天才数学者の活躍を描く映画『アルキメデスの大戦』は、2018年9月に撮影が完了する予定。全国での公開は2019年夏を予定。お楽しみに!