© 2016 November Criminals Holdings, LLC.

映画『クリミナル・タウン』のキャストに注目!【U25俳優からベテランまで】

2018年5月18日更新

2017年、アメリカで公開された映画『クリミナル・タウン』がついに日本でも公開。甘いマスクのアンセル・エルゴートや、小悪魔的なルックスのクロエ・グレース・モレッツらが主演で目が離せないこの作品。そこで今回は簡単に当作品を紹介していきます。

青春×犯罪×ミステリー。いろいろ入り組んだ『クリミナル・タウン』

昨年(2017年)アメリカで公開された『クリミナル・タウン』がついに公開されます!なんとキャストは、映画がアメリカで公開される4年近く前には決定していたとのこと。この情報を知っていて心待ちにしていた方も多いはずです。 原作は2010年に出版された小説。青春・犯罪・ミステリーがテーマの『クリミナル・タウン』、これらのテーマが好きな方にはたまらない作品となるでしょう。 出演は、アンセル・エルゴートやクロエ・グレース・モレッツといった若手俳優や、デヴィッド・ストラザーンらベテラン俳優が脇を固めます。

『クリミナル・タウン』クラスメイトの死の真相とは?【あらすじ】

クリミナル・タウン
(C)2016 November Criminals Holdings, LLC.

アディソンはワシントンD.C.の高校に通う18歳。彼にはフィービーという女友達がいます。ある日、彼らはクラスメイトのケビンが働くベーカリーでお茶をしていました。そんな何気ない日常でしたが、ある日、アディソンがベーカリーの前を通り過ぎると、銃撃事件が起こっていて……。その事件により、ケビンは命を落としてしまったのです! ベーカリーの前にいた取材クルーに何があったのかとアディソンが尋ねると、ギャングの抗争があったのではないかという曖昧な答えがかえってきました。ケビンはそんな不良ではないのにとアディソンは疑問を拭えず……。ケビンの死の真相を確かめるため、アディソンとフィービーは、独自に捜査をはじめます。

多才な俳優アンセル・エルゴート【アディソン役】

クリミナル・タウン
(C)2016 November Criminals Holdings, LLC.

アンセル・エルゴートは1994年生まれの24歳。アメリカ出身で、芸術一家。父と姉は写真家、母は舞台演出のほか振付師もしており、兄は映像作家です。アンセル本人も、俳優のほかにアンソロ名義でDJとしても活躍している多才な人物。幼い頃、母の影響もあり、ダンスを学んでいたとのこと。 そんな彼の俳優としてのデビュー作は2013年公開の『キャリー』。この時すでに、クロエ・グレース・モレッツと共演していました。その後、2014年公開の『ダイバージェント』にも出演。シリーズ化されているものにももちろん出演しています。 2017年は、この『クリミナル・タウン』の他に『ベイビー・ドライバー』で主演をつとめるなど目覚ましい活躍をしています。

キュートなルックスで人気のクロエ・グレース・モレッツ【フィービー役】

クリミナル・タウン
(C)2016 November Criminals Holdings, LLC.

クロエ・グレース・モレッツは1997年アメリカ生まれの21歳。キュートな見た目が印象的な彼女、キャリアは10年以上あります。彼女の有名な出演作といえば2010年公開の『キック・アス』。ヒット・ガールを演じました。 彼女は2004年辺りから芸能活動を始め、映画『悪魔の棲む家』(2005年)などに出演。これまでに多くの作品に出演または声優として参加しており、2013年には『キャリー』でアンセル・エルゴートと共演済み。 過去には「世界で最も美しい顔」のトップテン内にランクインしています。2018年1月にはアメリカで『The Miseducation of Cameron Post』(原題)が公開されています。

シブい大御所俳優デヴィッド・ストラザーン【テオ役】

デヴィッド・ストラザーンは1949年アメリカ生まれ。映画やドラマのほか舞台でも活躍しています。 彼は1979年から芸能活動をはじめました。主な出演作は1992年公開の『プリティ・リーグ』、1997年公開『L.A.コンフィデンシャル』など。記憶に新しい作品だと、2008年公開の『スパイダーウィックの謎』でのスパイダーウィック役が印象的です。 また、2005年公開の『グッドナイト&グッドラック』でヴェネツィア国際映画祭の男優賞を受賞。他の作品でも様々な有名な賞にノミネートされています。

監督はサーシャ・ガヴァシ。実はいろいろ肩書があります!

『クリミナル・タウン』で監督を勤めたのは、1966年イギリス生まれのサーシャ・ガヴァシ。彼には、映画監督のほか脚本家やジャーナリストといった様々な肩書がついています。 映画監督としては2008年公開の『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』(製作総指揮も兼任)や、2012年公開の『ヒッチコック』で有名ですが、それ以前には2004年公開の『ターミナル』の原案と脚本を手がけています。 脚本家や監督として有名になる前は、ロンドンでロックバンドでも活躍していたとのこと。何でもやってのけるサーシャ・ガヴァシの頭の中を覗いてみたいものです。

気になる公開日は?

さて、『クリミナル・タウン』の気になる日本での公開日ですが、2018年8月25日です。この作品には他に、キャサリン・キーナーやダニエル・フラエティらが出演しています。 青春時代を過ぎてしまった人もそうでない人も、ハラハラドキドキするスリルを味わいたい方も、この作品を観てみる価値はあるかも??