「青山表参道X」の注目メンバー7人を一挙紹介!【ブレイク必至】

2018年5月31日更新

オスカープロモーションが設立した「男劇団・青山表参道X」。すでに注目を集めている若手イケメン俳優から、これからブレイクしそうな俳優まで30名が所属しています。劇団としての今後の活動や、ブレイク必至の注目メンバーをご紹介します。

「青山表参道X」から目を離すな!注目メンバー7人を紹介

オスカーがついに動いた!イケメン俳優界に新たな風を吹き込む

オスカープロモーションといえば、米倉涼子や上戸彩、武井咲といった人気女優が所属する大手芸能事務所です。どちらかといえば女優が活躍している印象が強い同事務所が、創立47年にして初となる男性のみのエンターテインメント集団「男劇団・青山表参道X」を立ち上げました。 大手芸能事務所による若手イケメン俳優の集団といえば、城田優や瀬戸康史もかつて所属していたワタナベエンターテインメントのD-BOYSが有名です。同じく大手のオスカープロモーションが青山表参道Xを設立したことで、業界内での若手イケメン俳優の勢力図にも変化があるかもしれません。

「男劇団・青山表参道X」とは?

青山表参道Xは、2017年11月に始動したプロジェクトで、オスカープロモーション内でこれまで個々で活動していた俳優やモデルら総勢30名で構成されるエンターテインメント集団です。30人の経歴は様々ですが、「ジュノンボーイ」や特撮経験者、「テニミュ」などの2.5次元舞台を中心に活躍する俳優らが所属しています。 所属メンバーの日頃の活動分野がバラけている分、それぞれの強みを生かした活動が今後見られるのではないでしょうか。2018年6月14日からは旗揚げ公演となる舞台『SHIRO TORA~beyond the time~』の上演が控えています。 それでは、様々なタイプのイケメンが揃う男劇団・青山表参道Xの注目メンバーを紹介していきましょう。

栗山航

栗山航(くりやま・わたる)は、東京都出身、1991年6月15日生まれの俳優。2013年まではモデルとしても活動しており、青山表参道Xではリーダーを担当。2013年にドラマ『牙狼GARO〜闇を照らす者〜』の主人公を演じ、俳優としてのキャリアをスタートさせています。 「牙狼GARO」シリーズは、大人向けのダークな特撮として人気のある作品です。これまでのシリーズで主人公だった冴島鋼牙から力を受け継いだ道外流牙という、シリーズにとっても重要な意味をもつ役を見事に演じきりました。 2018年10月から12月に上演される、上川隆也・溝端淳平らが出演する舞台『魔界転生』への出演が決まっています。同劇団で年長組の栗山。大人な男性がタイプという人にはぜひ注目をしてほしいメンバーです。

塩野瑛久

塩野瑛久 2016年 カレンダー 壁掛け B2
出典 : amzn.asia

塩野瑛久(しおの・あきひさ)は、東京都出身、1995年1月3日生まれの俳優。青山表参道Xでは副リーダーです。中学卒業後、実家のクレープ屋を手伝っていた塩野は、第24回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞・AOKI賞を受賞し芸能界に入りました。 2012年放送のドラマ『GTO』レギュラー出演後、2013年放送の『獣電戦隊キョウリュウジャー』で立風館ソウジ・キョウリュウグリーンで一躍注目のイケメン俳優に。以降、ドラマや舞台を中心に活躍しています。 2019年公開予定の映画『PRINCE OF LEGEND』ではメインキャストに抜擢されており、解禁されたビジュアルではメガネ王子として知的なメガネ姿を披露しています。

飯島寛騎

飯島寛騎(いいじま・ひろき)は、北海道出身、1996年8月16日生まれの俳優です。第28回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞したことで芸能界入りします。 デビュー作は2016年放送の『仮面ライダーエグゼイド』。主人公の宝生永夢・仮面ライダーエグゼイドとして鮮烈なデビューを果たしました。永夢は研修医として大学病院に勤務している優しい好青年ですが、ゲームをやる際や戦闘時には「天才ゲーマーM」の好戦的な性格が顔を出します。その演じ分けも、デビュー作とは思えない演技でした。 2019年公開予定の映画『PRINCE OF LEGEND』では、塩野瑛久と共にメインキャストに抜擢。下剋上王子として映画を盛り上げます。今後注目されること間違いなしのイケメン俳優です。

西銘駿

西銘駿(にしめ・しゅん)は、沖縄県出身、1998年2月20日生まれの俳優です。高校在学中に第27回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを獲得。その数カ月後のオーディションで『仮面ライダーゴースト』の主演の座を射止め、『仮面ライダー電王』の佐藤健が持つ単独主演最年少記録タイとなりました。 ドラマや舞台で活躍しており、2018年には舞台『おおきく振りかぶって』で三橋廉役を演じ、舞台初主演を経験。劇団の旗揚げ公演後には、舞台『ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018~The End of 希望ヶ峰学園~』への出演が決まっています。 劇団でもムードメーカーと言われる西銘は、元気なワンコ系イケメンが好きな人にはイチオシのメンバーです。

中村嘉惟人

中村嘉惟人(なかむら・かいと)は、愛知県出身、1998年4月5日生まれのモデル・俳優。10歳の頃から芸能活動をしており、劇団のなかでも芸歴が長いメンバーです。 小学生時代は、NHK「天才てれびくんMAX」にてれび戦士としてレギュラー出演していました。俳優としては、2015年放送の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で松尾凪・キニンジャー役として出演。明るく人懐っこいキャラクターで、かわいい弟的存在として注目を集めました。 2018年4月からはテレビ神奈川で放送中の若手俳優による情報番組「猫のひたいほどワイド」の月曜レギュラーとして出演中。番組観覧に行けば、毎週中村の姿を観ることができます。

小沼将太

小沼将太(おぬま・しょうた)は、茨城県出身、1989年8月9日生まれのモデル・俳優。代表作は「テニミュ」こと『ミュージカル「テニスの王子様」』です。 小沼は、「テニミュ」2ndシーズンの「全国大会 青学vs立海」公演にて、氷帝学園の跡部景吾役を演じ、一躍話題となりました。以降、2.5次元舞台での活躍が続いています。 2018年に第3作が上演された舞台『黒子のバスケ』では、メインキャラクターのひとり青峰大輝を熱演し、ファンを魅了しました。同劇団には、2.5次元舞台で活躍する仲田博喜、宇野結也、定本楓馬や新井裕介といったメンバーも揃っています。

沖津海友

沖津海友(おきつ・みゆ)は、神奈川県出身、1995年4月2日生まれの俳優です。2014年ドラマ『ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~』で俳優デビューを果たしました。 沖津はスポーツ系イケメンで、特技に挙げているのはロードバイクとトライアスロンです。とくにロードバイクは2018年時点で7年続けているそうで、BSスカパーで2016年に放送されたドラマ『弱虫ペダル』にも川田拓也役で出演しています。 沖津も出演する旗揚げ公演『SHIRO TORA~beyond the time~』には、回替わりキャストも含め多数の所属メンバーが出演します。 「推し」がまだ決まっていない人も、この機会にぜひ生で彼らの魅力に触れて青山表参道Xの推しを見つけてみてはどうでしょうか。