(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

映画『昼顔』をネタバレ解説&考察。禁断の恋の代償は?【6/25地上波初放送】

2018年6月25日更新

2014年に放送されたドラマの続編となる映画『昼顔』が2018年6月25日に地上波で初放送されます。「不倫」というテーマを描いた同作が私たちに与えるメッセージは一体なんだったのでしょうか?

映画『昼顔』が地上波初放送!結末まで徹底ネタバレ

1967年のカトリーヌ・ドヌーブ主演の映画『昼顔』にちなんだ「平日の昼顔妻」という言葉が生まれるなど、既婚女性の不倫に関心が集まっていたのは2014年。その年に放送された、ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』はセンセーショナルな内容で注目を集めました。 ドラマ版で描かれたのは、とある事件がきっかけで出会った平凡な主婦の笹本紗和(上戸彩)と、頻繁に不倫を楽んでいた滝川利佳子(吉瀬美智子)の不倫模様。最終的に家庭を優先した利佳子とは対照的に、北野裕一郎(斎藤工)との駆け落ちに失敗した紗和は全てを失いました。 そんなドラマの3年後を舞台に、紗和と裕一郎の恋の行く末を描いたのが映画『昼顔』です。

映画『昼顔』のあらすじ・キャストを紹介

映画『昼顔』のあらすじ

映画『昼顔』
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

裕一郎と別れ、夫とも離婚してから3年後、紗和は海辺の町にいました。杉崎(平山浩行)が営むレストランでアルバイトとして働きながら、独りで静かにひっそりと暮らしていたのです。 そんなある日、紗和は町内で開かれるシンポジウムのお知らせに驚きます。あの北野裕一郎が自分の住む町にやって来ると知った紗和。もう会わない旨の誓約書を書いていたにも関わらず、たまらずシンポジウムを見に行き、裕一郎も紗和を見つけました。 再会した2人は、始めこそは距離を置いて言葉を交わしていたものの、すぐに恋心が再燃してしまいます。

【結末ネタバレ】2人を待ち受ける衝撃のラスト

映画『昼顔』
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

暗く落ち込んでいた紗和が裕一郎との再会で笑顔を取り戻したのも束の間、2人の復縁は裕一郎の妻・乃里子(伊藤歩)の知るところになります。激怒した乃里子が自分か紗和のどちらかを選ぶよう裕一郎に迫った結果、彼は紗和を選びました。 その後、乃里子が怪我で車椅子生活になったことを知らなかった紗和は、裕一郎に不信感を覚えたりしましたが、紆余曲折を経て乃里子が離婚する決意をしたことで、やっと心に平穏が訪れます。裕一郎は紗和にプロポーズをし、2人は再婚に向けて準備を始めました。 しかし、乃里子の家に裕一郎が離婚届を取りに行った帰り、裕一郎の一言がきっかけで乃里子が激怒。2人を乗せた車は崖から転落し、裕一郎はその事故で死んでしまったのです。

渡されなかった指輪の行く末は?

映画『昼顔』
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

裕一郎は離婚が成立したらすぐに紗和と再婚するつもりでした。そして、再び逢瀬を重ねた思い出の場所である三浜自然の森で、2人だけのささやかな結婚式をサプライズで挙げる予定だったのです。ところが、裕一郎の死亡によって実現することはありませんでした。 結婚式で交わされるはずだった指輪も隠されたまま、わからなくなっていましたが、その行方は映画のラストで判明します。 ある日、三浜自然の森で遊んでいた男の子が百葉箱の中に裕一郎が隠していた結婚指輪を見つけたのです。男の子は指輪を一緒に遊びに来ていた女の子に渡しました。

映画『昼顔』を考察!紗和と子供はどうなる?

上戸彩『昼顔』
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

思わぬ形で最愛の人・裕一郎を失った紗和。遺体を引き取ることすらできなかった彼女は自殺を決意しますが、思い直して生きることを選びました。後に、紗和のお腹の中には、裕一郎との間の子供が宿っていることが明らかになります。 おそらく紗和は子供を無事出産するでしょう。多くを失った彼女に、子供まで失わせることはないように思われます。そして、子供を産んだ紗和は、新天地でやり直すのではないでしょうか。 事故を生き延びた乃里子や、紗和とまできっぱりと縁を切った利佳子のように、本作に登場する女性は強い女性たちばかりです。自分で線路から起き上がれた紗和も、彼女たちと同様に強く生き延びていくことでしょう。

【考察】何が悲劇をもたらしたのか?

映画『昼顔』
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

北野夫婦の信頼関係の崩壊、乃里子の自殺未遂、そして裕一郎の死。周囲の人まで不幸にした紗和と裕一郎の恋は悲しい幕引きで終了してしまいました。ドラマ版から始まっていた様々な不幸の原因は「不倫」であり、最初から不倫をしなければ良かったのにと結論づけるのは簡単です。 しかし、お互いに配偶者を持つ身でありながら惹かれあっても、取り返しのつかない悲劇を回避する方法はたくさんあったのではないでしょうか?紗和と裕一郎が乃里子をないがしろにする言動を取り続けなければ、ここまでの不幸に見舞われることはなかったかもしれません。

映画『昼顔』の結末をあなたはどう思いますか?

斎藤工『昼顔』
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

裕一郎の死は、お互いに夢中になりすぎてしまった紗和と裕一郎に対する「しっぺ返し」だったのでしょうか?それとも不倫をしても幸せにはなれないというメッセージなのでしょうか? もしかすると、自分の周りにいてくれる人たちをないがしろにすべきでない、という教訓を本作は教えてくれるのかもしれません。 映画『昼顔』の結末からあなたは何を感じましたか?