(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

映画『昼顔』あらすじ・キャスト【衝撃の結末をネタバレ!】

2017年7月6日更新 1208137view

2014年、社会現象ともなったドラマ『昼顔』が、映画となって帰ってきます!物語はドラマから3年後、不倫の末に別れた紗和と裕一郎が再び出会います。2人は結ばれるのでしょうか?注目の映画についての情報をまとめてみました。

映画『昼顔』のラストに戦慄が走る!【記事後半にネタバレあり】

不倫劇を描いた2017年6月10日公開の映画『昼顔』。2014年放送のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』の続編となっており、ドラマに引き続き監督西谷弘が、脚本は井上由美子が担当します。

ドラマ版では配偶者のある紗和(上戸彩)と北野(斎藤工)が不倫関係に陥った結果、最終的に別れるという結末を迎えており、タイトルである『昼顔』が2014年当時の流行語大賞にノミネートされる程の話題作となりました。

記事の後半ではラストが衝撃的と話題の映画『昼顔』の詳しいストーリーとネタバレをしています。

映画『昼顔』のあらすじ【ドラマネタバレあり】

映画『昼顔』

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

ドラマでは夫と2人で平凡に暮らしていた紗和が教師、北野裕一郎と出会い不倫関係へと発展していきます。互いに愛し合い逃避行も試みた2人でしたが、裕一郎の妻がその居場所を突き止め、2人は示談の末に別れる事となりました。その後、紗和は夫と離婚して独り身になり、裕一郎は妻と共に離れた場所へと引越していきます。

今回の映画は紗和と裕一郎が離れてから3年後が舞台。紗和は1人慎ましく海辺の街で、レストランで働きながら静かに暮らしていました。一方の裕一郎も紗和と離れた街で妻・乃里子と暮らしていましたが、ある時講演のために訪れた街は偶然にも紗和の暮らす街だったのです。

そして、偶然のめぐり合わせによって再会した2人は、3年前の事が忘れられず再び関係を持つようになります......。

【ネタバレ注意】映画『昼顔』を深堀り

ciatrのこちらの記事ではより詳しいネタバレと、映画の解説を含めた考察をまとめています。

映画『昼顔』禁断の恋に溺れていく2人はやはりこの人!

笹本紗和/上戸彩

映画『昼顔』

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

北野と出会い不倫関係を持った主人公・紗和はドラマに引き続き上戸彩が演じます。不倫関係を解消した後、夫とは離婚。海辺の街で1人静かに暮らしています。

上戸は1999年にアイドルグループZ-1にてデビューし、2002年にグループが活動を休止してからはソロでもCDを出しています。女優業は2000年に『涙をふいて』で活動を開始して以来数々のドラマに出演。2007年にソフトバンクのCMで上戸家長女を演じ、2017年現在も同じシリーズCMに続けて出演しています。

2012年の9月に元EXILEのHIROと結婚し、2015年に第一子を出産。今作品『昼顔』は産後の復帰作品となっており、過激なシーンが予測される事、久しぶりの登場となる事から上戸の演技に期待が寄せられています。

北野裕一郎/斎藤工

映画『昼顔』

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

紗和と不倫関係に陥った教師・北野裕一郎はドラマに引き続き斎藤工が演じます。ドラマでは不倫を解消した後、教師も辞めて妻と2人で離れた街へと引越し、3年後の本作品で偶然に紗和と再会する事になります。

斎藤工は2001年に映画『時の香り〜リメンバー·ミー』で俳優デビューしています。イケメン俳優のポジションにいながら、本人がイロモノな役を好んでいるためか多様な役を演じており、2014年のドラマ『昼顔』の人気と共に広く知られる事となりました。

映画監督にも挑戦し、2012年にはショートムービー『サクライロ』を制作。2014年には『半分ノ世界』ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014のミュージックShort部門で特別上映作品に選ばれています。

2人の禁断の恋に目を見張る登場人物とキャスト

北野乃里子/伊藤歩

映画『昼顔』

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

北野乃里子は裕一郎の一つ年上の妻で、ドラマに引き続き伊藤歩が演じています。ドラマの中では研究所で准教授をしており、仕事は順調なものの家事は苦手で、紗和と裕一郎の不倫をきっかけに夫婦仲が悪くなっていました。

伊藤は6歳の頃からモデルの仕事を始め、1993年に映画『水の旅人-侍KIDS-』で女優デビューしました。1996年の映画『スワロウテイル』にて日本アカデミー賞新人俳優賞および優秀助演女優賞を受賞した時にはまだ16歳で、その演技力が高く評価されています。

近年では2015年にNHKBSプレミアムのドラマ『その男、意識高い系。』で連ドラマ初主演を果たしました。

杉崎尚人/平山浩行

映画『昼顔』

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

杉崎尚人は映画版からの新しいキャストで、新しい人生を歩み始めた紗和が務めるレストランのオーナーという役どころです。紗和とどのような関係を持つのか、注目が集まっています。

杉崎を演じる平山浩行は2003年にドラマ『高原へいらっしゃい』で俳優デビューし、それ以来数多くの作品に出演。イケメン俳優ながら、親しみが持てる演技で好感度が高く、代表作は2005年のビートたけし監督作品『菊次郎とさき』や、江戸にタイムスリップした医者を描いた2009年のドラマ『JIN-仁-』などです。

2008年に所属事務所を移籍しており、その時に芸名を平山広行から平山浩行に改めました。近年では2015年にドラマ『オトナ女子』に出演し、オシャレな眼鏡姿を披露しています。

欠かせない存在だった吉瀬美智子の出演は?【ドラマネタバレあり】

ドラマ『昼顔』で、紗和を不倫の世界にいざなった“平日昼顔妻”の滝川利佳子。夫の収入によって贅沢な生活を送りながら、常にほかの男性と不倫を楽しんでいます。最終的に子どもたちのために不倫相手との縁は切りますが、彼女はドラマにとって欠かせない重要人物でした。 そんな利佳子を演じたのは、クールな女性を演じるのを得意としている女優・吉瀬美智子です。本作が映画化されることになり彼女の出演はあるのかとファンの間で話題になりましたが、映画への出演はないようです。 もう1度、吉瀬演じる利佳子の妖艶な演技を観たかったというファンが多かっただけに残念ですが、映画ではより紗和と北野のラブストーリーが濃く展開されるのではないでしょうか。

ドラマのダイジェスト動画が公開!

2014年に放送されたドラマ版『昼顔』のダイジェスト動画が公開されました。

本映像ではドラマの見どころを凝縮した名言やキスシーンを見ることができます。ドラマでは平穏な生活を送っていた紗和が高校教師の裕一郎と出会い、ダメだと分っていながらも少しずつ近づいていく2人が描かれました。

また吉瀬美智子扮する滝川利佳子をはじめとする、2人を取り巻くキャストたちの名演技も垣間見れます。

映画『昼顔』の主題歌をLOVE PSYCHEDELICOが担当!

LOVE-PSYCHEDELICO

ドラマ『昼顔』では歌手の一青窈がジャズバンド・SOIL & "PIMP" SESSIONSとコラボレーションし艶やか且つ力強く主題歌「他人の関係」を歌い上げ話題になりましたが、今回は音楽ユニットのLOVE PSYCHEDELICOが悲しい二人の恋の行方を彩る主題歌を歌い上げます。

映画のために書き下ろした楽曲ということもあり、作品にぴったりのイメージに出来上がっているのだとか。

LOVE PSYCHEDELICOといえば、錦織圭出演のクレジットカードのCMで楽曲が使われていることが記憶に新しく、ポップなイメージが強いですが、今回は悲しくも力強い歌声を聴くことができます。

新たな映画『昼顔』のみどころは?

映画『昼顔』

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

映画で一番気になるのは、紗和と裕一郎が結ばれるのかどうか、についてではないでしょうか?メインキャストである上戸彩と斎藤工が次のようにコメントしています。

上戸彩のコメント

台本が上がってきたときは、一視聴者として、さらに紗和の気持ちでも読んだのですが、読み終わって台本を閉じたあとにすごく胸が苦しくなって、涙が出てきちゃいました。今は感情移入しながら台詞を覚えていますが、どのシーンでも泣きそうになっています。 この「昼顔」は私の中でも新境地を開けた作品だと思いますし、映画「昼顔」ではもうひと踏ん張りして、皆さんにもう一歩新しい「上戸彩」を見ていただけるように、そしてまわりの方々に代表作として認めていただけるように頑張っていきたいなと思います。

斎藤工のコメント

ドラマの方は色々なとらえ方ができる終わり方だったのですが、映画の台本を読んで、ラストについてはその衝撃をいまだに受け止めきれずにいます。2年前のドラマからこの期間を空けるという意味が、きちんと台本に落とし込まれていたのが素晴らしいと思いました。 ドラマを観ていない方でも楽しめる内容になっているというのがこの映画の強さでもあると思います。映画祭などで出会った海外の方からもいまだに「昼顔」のことを言われたりするんです。なのでこの「昼顔」が映画としてまた海を渡ってほしいと思います。体の芯に響くような作品なので、これを是非劇場で受け止めていただきたいなと。まだ公開は先ですが、我々日々魂を込めますので、映画「昼顔」よろしくお願いいたします。

斎藤のコメントで「ラストで衝撃を受けた」という一文が気になりますね。新しいキャストであるレストラン杉崎尚人が紗和とどんな関係になるのか、裕一郎の妻はどんな行動に出るのか、その辺りも気になるポイントになってくると思います。

監督はドラマに引き続き西谷弘が担当

映画『昼顔』

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

西谷弘は共同テレビジョンに入社後、CM部を経て2005年に映画『県庁の星』で監督デビューを果たしました。2009年の外交官を主人公にしたサスペンス映画『アマルフィ 女神の報酬』では、脚本、監督の両方を務めるなど多彩な才能も発揮しています。

代表作は、物理学者が難事件を解決する2008年のドラマ『ガリレオ』や、ヤクザが介護ヘルパーになる2009年のドラマ『任侠ヘルパー』などで、今回、ドラマに引き続き脚本を担当する井上由美子とは2003年の医療ドラマ『白い巨塔』でもタッグを組んでいます。

映画『昼顔』の脚本は井上由美子!衝撃の結末を書き下ろす

映画『昼顔』

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

今回の脚本はドラマに引き続き井上由美子が担当します。彼女が映画の衝撃的なストーリーを書き下ろしました。井上は1991年に『過ぎし日の殺人』で脚本家としてデビューして以来、数々の有名ドラマや映画を手掛けています。

代表作に未成年の少女による妊娠と出産を描いた社会派ドラマ『14歳の母』や、医療の現場を派閥や権力の観点から捉えた『白い巨塔』があり、2006年には弁護士が奮闘するドラマ『マチベン』で向田邦子賞を受賞しています。

雑誌「anan」とコラボ!サイドストーリーを掲載

映画『昼顔』
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

6月7日に発売される雑誌「anan」と本作のコラボ企画で、サイドストーリーが展開されています。このエピソードはドラマと映画を繋ぐ物語のようで、脚本を担当した井上が書き下ろしました。 ドラマから3年後が舞台の映画。サイドストーリーでは北野を主人公に、彼の心中を描写しながら物語が展開しています。 また「anan」には上戸彩と斎藤工によるロングインタビューも掲載。ドラマの名シーンを振り返るコーナーなどもあり、ドラマファンは映画を観る前にぜひ読んでおきたい特集になっています。

上戸彩は「不倫映画」に複雑な心境

映画『昼顔』
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

本作は2014年に放送されたドラマの映画化。ドラマ放送から3年もの時間が経ち、スクリーンに帰ってくる作品はそう多くはありません。 主演の上戸彩もドラマのヒットを受けて映画化されることは嬉しいと語りましたが、「不倫」が題材ということで複雑な心境なようです。その背景には連日報道されていた不倫騒動の影響があるのかもしれません。 『昼顔』が不倫ドラマの火付け役となり、2017年1月に放送された『奪い合い、冬』や4月より放送が開始した『あなたのことはそれほど』など不倫を題材に扱った作品が反響を呼んでいます。