2018年7月3日更新

アラサー女が高校生と不倫!女のリアルな欲望描くドラマ『恋のツキ』とは?

恋のツキ 徳永えり
©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会

講談社「モーニング・ツー」で連載中の新田章の漫画『恋のツキ』が、徳永えり主演でドラマ化されることが明らかになりました。この記事では、同作のあらすじ、キャスト情報を紹介していきます。

アラサー女子のリアルな浮気心描く、『恋のツキ』ドラマ化!

恋のツキ
©新田 章/講談社

講談社「モーニング・ツー」で連載中の新田章の漫画『恋のツキ』のドラマ化が発表されました。同作は2018年7月26日からテレビ東京、7月31日からBSジャパンで放送された後に、Netflixで11月30日から全話一挙配信されます。 同作の主人公となるのは、トキメキは感じられない同棲中の彼との結婚か、見た目もタイプで趣味も合う高校生との恋の間で揺れ動くアラサー女子。この記事では、欲望と葛藤が渦を巻く、アラサー女子の日常を描いた本作のあらすじ・キャスト・スタッフ情報などを紹介していきます。

ヒロインは男子高校生と浮気?『恋のツキ』ってどんな話なの?

ワコ 恋のツキ
©新田 章/講談社

ドラマ『恋のツキ』の主人公・平ワコは、交際して4年目になる彼・ふうくんと同棲中の31歳。ふうくんにトキメキは感じられないものの、自身の年齢を考えると、別れるという選択肢はありませんでした。 そんな中、ワコはバイト先の映画館で見た目がタイプで趣味が合いそうな高校生・伊古ユメアキと出会い、欲望に負け、彼と浮気してしまいます。 こうしてワコは、「ふうくんとの目先の結婚」と、「伊古くんとの焦がれるような恋愛」の間で揺れ動くようになります。果たしてワコは最終的にどんな決断を下すのでしょうか?

徳永えりが連ドラ初主演!その意気込みは?

恋のツキ 徳永えり
©新田 章/講談社 ©「恋のツキ」製作委員会

主人公・ワコを演じるのは、ドラマ『わろてんか』『健康で文化的な最低限度の生活』など様々な作品に出演している徳永えり。30歳となる徳永が連続ドラマで主演を務めるのは、本作が初となります。 自身初の連ドラ主演作品となる本作について徳永は、「今回私が演じる平ワコの中には、理屈ではないどうしようもない何かが沢山芽生えます。 それはとても苦しくヒリヒリと痛いものですが、その感情から逃げずに自分自身で受け入れ、 ありのままを芝居でさらけ出したいと思います」とコメント。 また、「きっと皆さんの中にも、ワコのカケラはあるはず。 幸せを追い求めた先に何が待っているのか、見守っていただけたら幸いです」と視聴者に向けたコメントも併せて発表しています。

スタッフには酒井麻衣、松本花奈ら注目の若手監督も!

本作の監督を務めるのは、森義仁、酒井麻衣、松本花奈、桑島憲司の4名。脚本は、高田亮、ペヤンヌマキ、大江崇允ら3名が担当します。 中でも注目なのは、映画『ウィッチ・フウィッチ』などを手掛けた酒井と、『脱脱脱脱17』の松本という2人の若手女性監督ではないでしょうか?共に1990年代生まれの若手女性監督のこの二人が、自身より年上となるアラサー女子の不倫や葛藤をどのように表現するのか?その演出にも注目が集まります。

ドラマ『恋のツキ』はテレビ東京&BSジャパンで放送、Netflixで配信も!

ふうくん役や伊古ユメアキ役のキャストなども気になるドラマ『恋のツキ』。不倫が題材の作品も数多く制作されていますが、本作は何と言っても高校生との不倫という点が見どころではないでしょうか?刺激的なラブストーリーに注目ですね! ドラマ『恋のツキ』は2018年7月26日からテレビ東京、7月31日からBSジャパンで放送!11月30日からNetflixで配信スタートです!