悟空よりも強い?『ドラゴンボール』のチチは最恐の妻にして偉大な母

2018年10月10日更新

「ドラゴンボール」シリーズの主人公・悟空の奥さんであり、悟飯と悟天の母でもあるチチ。悟空との出会いや、その後の結婚生活、どんな奥さんでお母さんなのか、気になるチチのキャラクターについてまとめました。

悟空の妻であり、悟飯と悟天の母・チチ!

「ドラゴンボール」シリーズに登場するチチは、主人公・悟空の妻となり、後に息子・悟飯と悟天を設ける重要なキャラクターです。 チチは牛魔王の娘で、フライパン山で育ち、幼いころは悟空たちと同じように武術をたしなんでいました。そんなチチのキャラクターや悟空や息子たちとの関係についてまとめてみました。

気になる馴れ初めは?悟空との出会いと結婚まで

チチが未来の夫悟空と運命的な出会いを果たしたのは、彼女が12才の時でした。フライパン山で偶然会った2人でしたが、悟空にいきなり股間を蹴られて、チチはもうお嫁にいけない体になったと思い、悟空に結婚の約束を迫ります。 深く考えずにOKしてしまった悟空を信じて待ち続けていたチチでしたが、悟空の方はというとすっかり彼女のことを忘れていました。嫁にもらいに来てくれないならこっちからとばかりに、悟空が参加している天下一武道会に出場、悟空と数年ぶりの再会を果たすことに。 恥じらいながら悟空への長年の想いを伝えるチチでしたが、悟空はチチとの約束を忘れていてぽかんとしています。ショックを受けるチチでしたが、悟空との対戦後、自分がフライパン山で会った少女であることを告げ、ようやく悟空に思い出してもらえました。 チチが結婚の約束をしていたことを話すと、悟空はその時は意味が分からずOKしてしまったと言いましたが、約束してしまったものはしょうがないとあっさりチチの想いを受け入れます。 こうしてチチと悟空は晴れて夫婦となったのでした。

悟飯誕生!子供ができてからは鬼嫁化・教育ママ化するチチ

天真爛漫すぎるキャラクターの悟空もついに父親に!チチと結婚してすぐに息子・悟飯が誕生しています。サイヤ人の血を引く存在でもあり、悟空譲りの戦闘能力を秘めている悟飯でしたが、チチは息子に学者になってもらうことを願います。 これからは平和な時代が訪れると考えていたチチは、息子・悟飯に、学者として成功してもらいたいと願ったのです。幼少の頃は弱虫で泣き虫だった悟飯。しかし、ピッコロに出会い、内に秘めた戦闘能力を見事開花させ、たくましい少年として育ちました。 一方、パパになった悟空は妻・チチに尻にしかれまくります。様々な敵が襲来し、ひん死の状態で地球を守っているにも関わらず、チチは悟空よりも息子・悟飯の心配ばかり。悟飯のお勉強やお稽古を邪魔する悪い仲間とピッコロたちの事を敵視までしています。 素朴で純粋な美少女だったチチは、地球の未来よりも、息子の将来とお勉強やお稽古の方が大事だと豪語する、強烈な教育ママになってしまったのでした。

チチは鬼嫁?

チチは出会いから結婚まで一途に悟空を思い続け、情熱的に結婚まで迫ったというのに……。息子命でその教育に必死になり、息子をたぶらかしたり邪魔しようとする人間はどんな人物でも容赦なく攻撃するほどです。夫の悟空に対しても同じで、そのせいで悟飯を修行に向かわせようとするとチチに毎回怒鳴りつけられていました。 修行や闘いのことばかり考えている悟空に呆れ、まともな仕事をして金を稼いで来いといつもヒステリックに注意ばかりしているチチ。『ドラゴンボール超』では、一向に働かない悟空に無理やり農作業をさせていました。 悟空がウイスのところにしばらく修行に出たいと懇願すると怒って腕をねじ上げる始末。しかし、最終的には夫の願いを受け入れ、不在の間しっかりと子どもたちと家を守り抜くたくましさや懐の深さを見せてくれるのです。

次男・悟天が生まれてからは変化が?

次男がお腹にいる間に父親の死を経験しているからか、悟天の誕生と共にチチにも変化が訪れます。悟飯の時のような教育ママぶりは消え失せ、息子が武術を学ぶことにも寛容になりました。そのため、悟天は兄とは違い、天真爛漫で少し甘えん坊な少年として育ちました。 『ドラゴンボールGT』では青年となった悟天の姿が描かれます。彼女とデートをして帰りが遅くなった悟天でしたが、実は彼には寄生型宇宙人のベビーが入り込んでいました。チチのしつけに厳しいところは健在のようで、ベジータ宅に遊びに来ているのに主を呼びつけにした事に激怒し、チチは悟天の頬を容赦なく殴りつけました。 チチにしてみれば、息子は悪い女にたぶらかされて不良になってしまったのではないかと思ったのでしょうが、結果として悟天の中のベビーは涙を浮かべてチチの言う通りに言動を改めたのだからすごいです。

なまりがかわいい?チチの方言ってどこの?

『悟空さー!!』、『んだ!』など独特のなまりが特徴的なチチのしゃべり方。素朴でかわいらしい印象を与えますが、このなまりはどこの方言なのでしょうか。 チチのように語尾に濁点が付くしゃべり方は、東北弁によく見られる特徴。父親である牛魔王も同じようなしゃべり方をしています。チチと悟空が出会ったのは人里離れたフライパン山。そこで育った素朴で純粋な美少女・チチの魅力は、独特のしゃべり方によってさらに強調されています。

チチは嫌いなキャラクター?作者の鳥山明も?

『ドラゴンボール』シリーズを通しての主人公である悟空の妻であり。その後の準主役である悟飯やその弟の御天の母であるチチ。ストーリー的にとても重要な役どころだと思いますが、作者の鳥山明は、チチを「苦手なキャラクター」だとインタビューで語っています。 そんな苦手なキャラであるチチを主人公に悟空の妻にした理由は、そうなればいやでも書かないといけなくなるからという事だそうです。

チチ役を務めた声優を紹介

これまで2人の声優がチチ役を務めました。荘真由美は、チチの初登場時から1990年までと2003年からのゲーム版でのドラゴンボールでチチ役を務めています。その後、出産・育児のため声優業を休業したため、チチ役は同番組内でプーアルの声優を務めていた渡辺菜生子が後任となりました。 2003年に荘が復帰してからは渡辺菜生子とは交代でチチ役を担当していました。2009年から放送が開始された『ドラゴンボール改』では、渡辺が単独でチチ役を務め、2015年の『ドラゴンボール超』でも同役を担当しています。 次男・悟天に、「いちばん強いのはお母さんかも……』と言わせるくらいコワーイ奥さんのチチ。さすがの悟空も彼女には頭が上がらず、常に恐れています。そんなチチですが、心の底では悟空を一家の主として頼りにし、大きな愛で包んでいるのです。