『獣になれない私たち』各話ネタバレあらすじ・視聴率一覧【「けもなれ」第1話から最終回まで】

2018年10月18日更新

10月10日(水)より放送がスタートしたドラマ『獣になれない私たち』。ラブかもしれないストーリーを、「逃げ恥」の脚本家・野木亜紀子が担当し、主演を新垣結衣と松田龍平が務めます。この記事ではドラマのあらすじをネタバレありで紹介していきます!

『獣になれない私たち』のあらすじをネタバレありで紹介!【けもなれ】

2018年10月10日(水)より放送されているドラマ『獣になれない私たち』。ガッキーこと新垣結衣と脚本家・野木亜希子が、「逃げ恥」以来のタッグを組むということで注目が集まっています。 ドラマは「ラブかもしれないストーリー」と銘打って、どこに対してもいい顔をしてしまう深海昌を新垣結衣が、世渡り上手だけど実は毒舌男の根元恒星を松田龍平が演じます。 この記事では、ドラマの気になるあらすじをネタバレありで、視聴率と共に毎週更新していきます!

ドラマ「けもなれ」の詳しいキャストはこちらから

第1話あらすじネタバレ:視聴率11.5%

性格の違う2人の男女!晶と恒星の出会い!!

制作会社で働く主人公・深海晶(新垣結衣)は、恋人の花井京谷(田中圭)と2人でバーに来ていました。近くのテーブルには根元恒星(松田龍平)と橘呉羽(菊地凛子)の姿があります。 恒星に結婚の報告をする呉羽。それを聞いていたマスターは、恒星と呉羽が付き合っていると思っていたので驚きます。すると呉羽はマスターに向かって、「うちらお互い、大して好きじゃなかったから」と言いました。隣にいた恒星は呉羽の言葉を聞いて苦笑いします。 翌日、晶が目を覚ますと、社長の九十九剣児(山内圭哉)から仕事に関するメールが大量に届きました。晶はため息をつきながら、出社の準備をします。 会社に到着した晶。仕事の出来ない同僚の代わりにプレゼン資料をまとめ、後輩のミスも全てカバーします。しかし誰も晶に感謝することはなく、やってもらって当たり前だという雰囲気でした。 仕事が終わった晶は、行きつけのバーに向かいます。カウンターに座ると、隣には恒星がいました。晶は思い切って恒星に声をかけます。 晶が席を外している間、恒星はマスターに「あの完璧な笑顔が何かキモイ。俺、ああいう人形みたいな女ダメだわ」と晶の印象について話していました。トイレから戻ってきた晶はその会話を聞いてしまいます。 ある日、晶は京谷の母・千春(田中美佐子)と食事をすることになりました。千春は晶に、両親のことを尋ねます。 晶の父親はDV男でした。父親が交通事故で他界した後、母親は晶の貯金や保険金を使ってマルチ商法を始めます。晶は母親と縁を切り、それ以来1度も会っていません。 自宅に帰る京谷。散らかり放題の部屋を見回した後、隣の部屋に入ります。そこにはジャージを着た女・長門朱里(黒木華)がパソコンでゲームをしていました。 後日、晶は再びバーに行きました。カウンターにいる恒星に「今は恋がしたい。新しい恋が出来たら何か変わるのかな」と話しかけます。すると恒星は、「俺の職場に寄ってく?ここから始まる恋もあるかもしれない」と言い出しました。しかし晶は恒星の誘いを断り、そのまま家に帰ります。 翌日、晶は今までとは雰囲気を変えた服装で出社。そして九十九のところに行き、業務内容の改善要求書を提出するのです。

第2話あらすじネタバレ:視聴率8.5%

有給休暇を取得した晶!恒星と一緒に教会へ……!?

社長の九十九に業務内容の改善を要求した晶。その情報はすぐに広まり、「営業部の深海さん、グレる」という速報メールが社内中に送信されました。 夜になり、晶は行きつけのバーに向かいます。いつも通り、カウンターには恒星の姿がありました。2人は恋愛について語り合います。すると恒星は呉羽の言葉を思い出し、「運命の人に出会った瞬間、鐘の音が聞こえるらしいよ」と話しました。 その後、晶は数日間の有給を取ります。 しかし有給初日の朝、同僚の松任谷夢子(伊藤沙莉)から仕事に関する電話がかかってきました。どうやら後輩の上野発(犬飼貴丈)が無断欠勤しているようです。 上野の自宅を訪れる晶。パジャマ姿で引きこもっている上野に、晶は優しい言葉をかけてあげます。すると上野が突然、「深海さんのこと好きになってもいいですか?もし会社にいいなって思う人がいたら、活力になるじゃないですか」と言い出しました。 やる気を取り戻した上野は、翌朝からまた出勤するようになります。 ある日の午後、晶は京谷が働いている会社の定例行事に参加しました。その会社は、晶の前職でもあります。 5年前、京谷の会社で派遣として働きだした晶。その時点では、お互いに別の恋人がいる状態でした。しかし、仕事のパートナーとして相性抜群だった2人は徐々に距離を縮めていきます。そして、晶の送別会の日に初めてキスをし、交際をスタートさせたのでした。 京谷は未だに自分が元カノと一緒に住んでいること、昌を待たせてしまっていることを反省し、昌に謝ります。そしてその日の夜、帰宅した京谷は元カノで居候の朱里に「今月中に出て行ってほしい」と話しました。しかし朱里は出ていく気が一切ないようです。 翌日、晶と恒星は鐘の音を聞くために教会へ行きました。しかし予定時刻になっても鐘が鳴る気配はありません。恒星が電話で管理人に問い合わせたところ、「うるさいって苦情が来るので今は鳴らしていません」という答えが返ってきました。 その後、晶と恒星はバーに戻ります。カウンターで待ち構えていた呉羽は2人の話を聞き、「イメージの話でしょうが。そうやって頭で考えるからダメなの」と笑います。 有給休暇を終え、久しぶりに出勤した晶。すると出張から帰ってきた九十九が、晶のもとに来ました。そして、「深海晶を営業部の特別チーフクリエイターに任命する」と、他の社員たちの前で宣言します。 昇進したものの、仕事内容は変わっていないため、晶は素直に喜べませんでした。 その頃、恒星の事務所にある男がやってきました。「今年もお願いします」と言い、恒星に札束を渡す男性の姿が……。

『獣になれない私たち』第3話あらすじネタバレ:視聴率-%

10月24日放送

ネタバレはドラマ放送後に更新されます。