30代人気女優20人の年齢をランキングで紹介【アラサーなのにまだまだ可愛い】

2018年4月9日更新

年齢を重ねて魅力が増す30代の女優達。TVドラマや映画だけでなく、歌手活動やナレーションなど、活躍の幅も広げている方も少なくありません。ここではそんな素敵な女優達を年齢別にまとめてご紹介します。

30代女優を年齢ランキングで紹介!アラサーでも可愛い!

27

30代を過ぎて、さらに輝きを増す女優達。年を重ねて様々な経験や挑戦を行うことで、美しさだけでなく演技の実力や活躍に広がりを見せています。ここでは、そんな魅力的な女優達を年齢別にまとめました。

新垣結衣

沖縄県那覇市出身、1988年6月11日生まれの新垣結衣。2018年で30歳になります。2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』ではキュートなダンスを披露し、社会現象ともいうべき「恋ダンス」ブームを巻き起こしました。 新垣結衣は、2001年、ティーン向けファッション誌「ニコラ」のモデルオーディションにおいてグランプリを獲得したのを機に芸能界デビュー。2006年から2008年にかけて江崎グリコ「ポッキー」のCMに出演し、大きな注目を集めることとなりました。 新垣結衣が出演する人気シリーズの最新作、『劇場版 コードブルー-ドクターヘリ緊急救命-』は2018年7月27日公開の予定です。

戸田恵梨香

兵庫県出身、1988年8月17日生まれの戸田恵梨香。フランス発祥のコスメブランド「ランコム」のミューズに選ばれたのも納得の美しく魅力的な女優です。 小学生の頃から芸能活動をしていた戸田恵梨香ですが、役者の世界に足を踏み入れたのは意外に遅く、2006年公開の映画『デスノート』がスクリーンデビュー作となります。 2016年の映画『デスノート Light up the NEW world』では、10年後の弥海砂を演じるということがアナウンスされ大きな話題となりました。2018年4月スタートのドラマ『崖っぷちホテル!』では若き総支配人・桜井佐那役を演じています。

吉高由里子

東京都出身、1988年7月22日生まれの吉高由里子。2014年前期のNHK朝ドラ『花子とアン』のヒロイン・村岡花子役に抜擢され、一躍お茶の間の人気者となりました。 吉高由里子は、高校1年生の時にスカウトをきっかけに芸能界入り。2008年公開の映画『蛇にピアス』でのヌードも辞さない体当たりの演技が高く評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞新人賞等多くの賞に輝いています。 2017年公開の『ユリゴコロ』では美しくも悲しい殺人者役を熱演。2018年4月スタートのドラマ『正義のセ』では、初の検事役に挑みます。

長澤まさみ

静岡県磐田市出身、1987年6月3日生まれの長澤まさみ。12歳の時、東宝「シンデレラ」オーディションにおいてグランプリを獲得したのをきっかけに芸能界入りしました。 初主演作『ロボコン』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2004年公開の映画『世界の中心で愛を叫ぶ』では白血病を患うヒロイン・亜紀役を熱演し、日本アカデミー賞最優秀女優賞他、多くの賞を受賞しています。 2013年には台湾ドラマ『ショコラ』に出演し中国語のセリフを披露。2018年4月スタートのドラマ『コンフィデンスマンJP』ではコスプレ詐欺師ダー子役を務めています。

沢尻エリカ

東京都出身、1986年4月8日生まれの沢尻エリカ。2007年公開の主演作『クローズド・ノート』の舞台挨拶に不貞腐れた態度で臨み、質問に対しても「別に」としか答えなかったことは余りにも有名ですね。 日本人の父親とアルジェリア系フランス人の母親の間に生まれた沢尻エリカは、小学生の時に雑誌のモデルとして芸能界デビュー。2005年の映画『バッチギ!』で演じたヒロイン「リ・キョンジャ」役が高く評価され、女優として注目を集めるようになりました。 主演作『猫は抱くもの』では妄想好きな元アイドル役を演じています。映画は2018年6月23日公開の予定です。

石原さとみ

1986年12月24日東京都生まれ。2016年12月クールの日本テレビのドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』も高評価だったのは記憶に新しいですね。

CM・TVドラマに引っ張りだこの石原さとみ。これまで可愛い女性を演じることが多かった彼女ですが、2018年にはドラマ『アンナチュラル』で主演を演じ“脱・可愛い”が話題となりました。

北川景子

1986年8月22日兵庫県生まれ。2016年はDAIGOと結婚し、プライベートで大きな転機が訪れた年になりました。

2017年には『君の膵臓をたべたい』『探偵はBARにいる3』など3本の映画に出演し、2018年には『西郷どん』で自身初の大河ドラマ出演を飾っています。

上野樹里

1986年5月25日兵庫県生まれ。上野樹里も2016年5月にTRICERATOPSのボーカル・和田唱と結婚し話題になりました。

2007年のTVドラマ『のだめカンダービレ』や2014のTVドラマ『アリスの棘』などの代表作を持つ上野樹里。2016年は1月クールのTBS系ドラマ『家族ノカタチ』や10月公開の映画『お父さんと伊藤さん』で主役を務めました。

蒼井優

福岡県出身、1985年8月17日生まれの蒼井優。1999年ミュージカル「アニー」のポリー役に選ばれたのを機に芸能界入り、2001年公開の映画『リリィ・シュシュのすべて』でスクリーンデビューを果たしています。 2008年の映画『フラガール』ではフラダンサーを目指す炭鉱町の少女・紀美子役を熱演。ラストでは圧巻のタヒチアンダンスを披露し、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにしました。 2017年公開の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』では欲求不満の最低女を好演し、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞他多くの賞に輝いています。

上戸彩

東京都練馬区出身、1985年9月14日生まれの上戸彩。結婚して母になっても人気が衰えることはなく、多くの企業や商品の広告塔として活躍を続けています。 上戸彩は1997年、全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞したのをきっかけに芸能界デビュー。2000年のドラマ『涙をふいて』で女優として、2002年には歌手としてCDデビューを果たしています。 2008年以降「M-1グランプリ」のMCを歴任する等、女優業以外でもマルチな才能を発揮。2018年4月公開の劇場アニメ『名探偵コナン ゼロの執行人』では、弁護士・橘境子の声を担当しています。

綾瀬はるか

1985年3月24日広島県生まれ。2004年のTVドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』や2009年の『JIN-仁-』、2013年大河ドラマの『八重の桜』など、数多くのTVドラマやCMで活躍する綾瀬はるか。

2017年はNHKのドラマ『精霊の守り人』のシーズン2の放送や映画『本能寺ホテル』が公開。2018年には白黒の世界のお姫様・美雪に扮した『今夜、ロマンス劇場で』が公開されました。2019年の大河ドラマ「いだてん」への出演も決定しています。

満島ひかり

1985年11月30日沖縄県生まれ。抜群の演技力で今や実力派若手女優として注目されている満島ひかり。

2017年も出演朔の映画『愚行録』が公開した他、松たか子主演・坂元裕二脚本のドラマ『カルテット』は大人を中心に巧妙なラブミステリー脚本が話題となりました。

宮崎あおい

1985年11月30日東京都生まれ。2006年の朝ドラ『純情きらり』や2008年の大河ドラマ『篤姫』に主役として出演し、2015年~2016年の朝ドラ『あさが来た』では名脇役としての存在感も発揮した宮崎あおい。

映画も『世界から猫が消えたなら』や『怒り』などの話題作に出演。2017年は『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』が公開されました。

貫地谷しほり

1985年12月12日東京都生まれ。2004年の映画『スウィングガールズ』で注目され、2007年には大河ドラマ『風林火山』朝ドラ『ちりとてちん』で人気を高めた貫地谷しほり。

2017年も大河ドラマ『おんな城主 直虎』や舞台『幽霊でもよかけん、会いたかとよ』に出演するなど多忙なスケジュールです。

水川あさみ

1983年7月24日大阪府生まれ。TVドラマ・CM等で活躍する水川あさみは、2016年はTBS系1月クールのドラマ『私を離さないで』で綾瀬はるかと共演。

最近では地上波だけでなくWOWOWやBSプレミアムのドラマなどにも出演。さらに舞台にも挑戦し活躍の幅を広げています。

深田恭子

1982年11月2日東京都生まれ。1998年にはフジテレビ系ドラマ『神様、もう少しだけ』で注目を浴びた深田恭子。

その後も2004年の『下妻物語』や2009年の『YATTERMAN 〜ヤッターマン〜』で個性的な役を演じ、2016年は出版した写真集で抜群のスタイルを披露し話題になりました。

2018年のドラマ『隣の家族は青く見える』では、不妊治療に励む夫婦を好演し、低視聴率を記録しながら視聴者からは好評の感想が多く寄せられました。

真木よう子

1982年10月15日千葉県生まれ。アクションにも定評のある真木よう子は、2007年のフジテレビ系ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』で注目され、様々なTVドラマや映画、CMで活躍しています。

2013年に主演した『さよなら渓谷』で演技賞を総なめにしました。2017年放送のドラマ『セシルのもくろみ』では主演を務めました。ドラマ放送のタイミングでTwitterを開始し、ファンと積極的にやり取りを行っていましたが、度々炎上してしまい一時は体調不良で活動を休止していました。

2018年には映画『孤狼の血』、『焼肉ドラゴン』への出演が決まっており、PR活動もこなすようです。

吹石一恵

1982年9月28日大阪府生まれ。TVドラマや映画だけでなく、近年ではドキュメンタリー番組でナレーションを務めるなど、活躍の幅を広げている吹石一恵。

2015年には人気シンガーソングライターの福山雅治と結婚し、一躍注目度がアップ。2016年には待望の第一子を出産。今後の活躍が期待されます。

柴咲コウ

1981年8月5日東京都生まれ。2000年に公開された深作欣二監督の問題作『バトル・ロワイアル』で注目され、その美貌が話題となります。

数々の映画やドラマだけでなく、歌手活動も熱心な柴咲コウは、2017年は大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主演を務め、女優として新境地を開きます。

安達祐実

1981年9月14日生まれ。安達祐実と言えば『家なき子』と言えるほど、子役時代にすでに代表作を持ち、年齢を重ねるごとに挑戦を続ける安達祐実ですが、デビューは何と0歳の時だとか。

2005年にお笑い芸人の井戸田潤と結婚しましたが、第1子出産後、2009年に離婚。2014年にカメラマンの桑島智輝と再婚し、2016年には第2子を出産しています。

尾野真千子

1981年11月4日奈良県生まれ。2011年度のNHK朝ドラ『カーネーション』の主演で注目された尾野真千子。

作品ごとに異なるキャラクターを演じ分ける抜群の演技力に定評があります。2016年にはテレビ朝日系『はじめまして、愛しています。』やNHKの『夏目漱石の妻』などのTVドラマで主演を務めました。

池脇千鶴

1981年11月21日大阪府生まれ。2004年に出演した映画『ジョゼと虎と魚たち』で高崎映画祭の最優秀主演女優賞を受賞しました。

また、2014年には『そこのみにて光輝く』でも大胆な演技を披露しました。2016年には『怒り』に出演し、「ジョゼ~」でも共演した妻夫木聡と再共演しています。

菊地凛子

1981年1月6日神奈川県生まれ。菊池凛子と言えば、何と言っても2006年に公開されたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督のアメリカ映画『バベル』の出演です。

彼女の確かな演技力はアカデミー助演女優賞にノミネート。アメリカならず日本国内でも一気に知名度があがりました。その後も国内外で幅広く活動しています。

竹内結子

1980年4月1日埼玉県生まれ。2003年の映画『黄泉がえり』や2010年のフジテレビ系ドラマ『ストロベリーナイト』など、数々の映画やTVドラマの代表作を持つ竹内結子。

2016年も大河ドラマ『真田丸』で主人公と固い絆で結ばれる茶々役を好演。2017年は木村拓哉主演のTBS系ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』でヒロイン役を務めました。

広末涼子

1980年7月18日高知県生まれ。1999年の映画『秘密』に主演し、シッチェス・カタルーニャ国際映画祭で最優秀主演女優賞を受賞した広末涼子。

デビュー後しばらくはアイドル的な人気が先行しましたが、2008年の大ヒット映画『おくりびと』や2014年の『柘榴坂の仇討』の出演は高い評価を得ました。

30代アラサー女優は日本を代表する女優揃いだった!

10代や20代のころから活躍していた若手女優がキャリアを積み、それぞれ女優として成熟した面々が顔を並べました。

またプライベートでも結婚し子供をもうけたり、離婚を経験した女優も。そういった経験が演技に深みを出すのかもしれません。

今後の彼女たちの活躍にも引き続き注目しましょう!