2019年10月12日更新

映画『サスペリア』は動画配信サービスを使って無料視聴しよう!【1977年・2018年】

サスペリア

ダリオ・アルジェント監督により製作された映画『サスペリア』。本記事では、ルカ・グァダニーノ監督による2018年のリメイク版を含めて無料視聴できる配信サービスを紹介します。またあらすじや見どころなども合わせて紹介するので、ぜひチェックしてみてください!

目次

映画『サスペリア』は動画配信サービスで無料視聴しよう

サスペリア
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

1977年、鮮血のイリュージョンの異名を持つイタリアの映画監督ダリオ・アルジェント監督によって製作された『サスペリア』。「決して、ひとりでは見ないでください。」とキャッチフレーズが打たれたことでも有名なのではないでしょうか。 また本作品は2018年、ルカ・グァダニーノの手によってリメイクされています。 本記事では、そんな『サスペリア』の1977年版と2018年版を視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

映画『サスペリア』を配信中のサービス【1977年・2018年/無料あり】

U-NEXT hulu amazon
プライムビデオ
ビデオ
マーケット
dTV ビデオパス FOD
プレミアム
TSUTAYA
TV/DISCAS
『サスペリア』(1977) × × ×
『サスペリア』(2018) ×

○=無料で視聴可能 △=有料で視聴可能 ×=配信なし

2作品を配信しているサービスは、全部で5サービスあります。中でも、U-NEXT・ビデオマーケット・TSUATA TVの場合は、新規登録する際に付与されるポイントを利用することで無料視聴が可能となっています。 ここからciatr編集部がおすすめする動画配信サービスについて詳しく紹介していきます。

U-NEXTで動画を無料で視聴する【1977・2018】

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
無料期間 31日間
付与ポイント 初回600ポイント/毎月1,200ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額1,990円(うち1200円分のポイント含む)
メリット ・配信作品数160,000本以上(2019/10現在)
・最大4つまでアカウント作成可能
・ダウンロード利用可能
デメリット ・月額料金がお高め

U-NEXTは、新規登録から31日間無料トライアルとして利用することができます。 また『サスペリア』の場合、1977年版は見放題作品・2018年版は550ポイントで視聴できる作品として配信されています。新規登録した人は自動的に600ポイント付与されるため、2018年版も実質無料で視聴することが可能です。 したがって、両作ともお金をかけることなく楽しむことができるでしょう。

作品名 U-NEXT
『サスペリア』(1977) 無料で観る
『サスペリア』(2018) 無料で観る

ビデオマーケットで動画を無料で視聴する【1977・2018】

サービス名 ビデオマーケット
無料期間 初月
付与ポイント 毎月540ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額500円(ポイント)
月額980円(ポイント+見放題)
メリット ・取り扱い作品数が国内最大
・月額料金が安い
・倍速再生などの機能付き
デメリット ・追加料金が多い
・無料配信数が少ない
・ダウンロード再生ができない

ビデオマーケットは新規登録した初月の間、無料トライアルとして利用することができます。 本サービスでも両作品が配信されていますが、1977年版は330ポイント、2018年版は440ポイントを支払う必要があります。よって、登録時に付与される540ポイントを利用することでどちらか好きな方を無料視聴することができます!

作品名 ビデオマーケット
『サスペリア』(1977) 無料で観る
『サスペリア』(2018) 無料で観る

amazonプライムビデオで動画を無料で視聴する【2018】

サービス名 amazon プライムビデオ
無料期間 30日間
種類 年会費
料金(税抜) 月463円
年4,537円
年2,268円(学生のみ)
メリット ・他サービスに比べてコスパが良い
・オリジナル作品が面白い
・amazon music等、その他特典が良い
デメリット ・アプリからビデオレンタルができない
・機能的が一部あまり良くない
・クレジットカードが必須

amazonプライムビデオは、新規登録から30日間無料トライアルを試すことができます。 本サービスの場合は『サスペリア』の2018年版が配信されているので、新作のみ無料視聴したい人に向いているサービスだと言えます。

『サスペリア』のあらすじ

「女たちが踊る夜、禁断の夜が始まる。」 主人公・スージー・バニヨンは、夢と希望を胸にベルリンを拠点としている舞踏団「マルコス・ダンス・カンパニー」へはるばるアメリカからやってきます。そして彼女は初のオーディションでカリスマ振付師であるマダム・ブランの目に留まり、演目のセンターに抜擢されます。 そんな中、スージーの周りではどんどんと奇怪な出来事が起こり、ダンサーが次々と失踪していってしまいます。

1977年版『サスペリア』のメインキャスト

スージー・バニヨン/ジェシカ・ハーパー

本作の主人公、ニューヨーク在住のアメリカ人のバレリーナ志望の女性です。 バレエの名門「ライブルクバレエ学校」へと入学するために単身ドイツへとやってきましたが、入学後、凄惨な悲劇へと巻き込まれていってしまいます。 そんな主人公を演じるのはジェシカ・ハーパー。映画『女検死医ジョーダン』や映画『最高の恋人』などに出演しています。なんと2018年リメイク版でもアンケ役として出演しています。

マダム・ブラン/ジョーン・ベネット

マダム・ブランは、フライブルクバレエ学校の女副校長を務めている女性です。初めて学校へ来たスージーに校長が旅行中なのでその代理を務めていると話して、入学したスージーを歓迎します。 そして物語の重要人物となるマダム・ブランを演じたのはジョーン・ベネット。映画『若草物語』や映画『飾窓の女』などに出演しています。

サラ/ステファニア・カッシーニ

サラは、フライブルクバレエ学校の女生徒。学校の寄宿舎に入ることになったスージーの隣部屋になったことでスージーととても仲良くなります。そんな彼女も例外なく、凄惨な悲劇へと巻き込まれていくことになってしまいます。 そんなサラを演じるのはステファニア・カッシーニです。映画『傷だらけの帝王』や映画『処女の生血』などに出演する傍ら、監督としても活動をしています。

2018年版『サスペリア』のメインキャスト

スージー・バニヨン/ダコダ・ジョンソン

サスペリア
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

2018年リメイク版でも彼女が主人公となって物語が進んでいきます。 夢と希望を胸に単身ベルリンへと飛び、カリスマ振付師であるマダム・ブランの目にとまり主役に抜擢されるところから物語は始まります。 そんなリメイク版のスージーを演じるのはダコタ・ジョンソン。映画『憧れのウェディング・ベル』や『21ジャンプストリート』などに出演しています。ルカ・グァダニーノ監督作品に出演するのはこれで2度目となります。

マダム・ブラン/ティルダ・スウィントン

サスペリア
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

リメイク版でも重要な役割を果たすマダム・ブランの存在。前作同様、彼女の目にスージーのダンスが留まり、センターとして抜擢されることから物語が始まっていきます。 リメイク版のマダム・ブランを演じるのはティルダ・スウィントン。映画『ミラノ、愛に生きる』や映画『胸騒ぎのシチリア』などルカ・グァダニーノ監督作品の常連とも言える女優です。また2007年公開の映画『フィクサー』でアカデミー助演女優賞を受賞した実力派です!

サラ/ミア・ゴス

サスペリア
©2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

スージーの無二の友人となるサラも、物語においては外せない役。スージーが入団してから何かと世話を焼いて、仲良くしています。リメイク版でも彼女は悲劇に巻き込まれてしまいます。 そんなサラを演じるのはミア・ゴスです。彼女は映画『ニンフォマニアック』や映画『エベレスト 3D』などに出演しています。また、第18回インディペンデント映画賞有望新人賞にノミネートされる経歴を持ち合わせています。

見どころは?【オリジナルとリメイクの違いを楽しもう】

演出の技がきらりと光る陰鬱な雰囲気の作り出し方

本作において、通常の映画であれば煌びやかに演出されるようなダンスシーンは何処か不気味なものに感じさせます。 また作中では常に雨が降りしきっており、これから起こるであろう凄惨な出来事を予感させるように出来ていて、素晴らしい演出になっています。 1977年版でも2018年版でも同じような演出が行われていますがそれぞれの違いを楽しんでみてはいかがでしょう?

オリジナル版にはいないリメイク版オリジナルキャラクター!

クロエ・グレース・モレッツ演じるパトリシア・ヒングルという女性は、実はリメイク版のみに出てくるオリジナルキャラクターです。 年老いた心理学者であるヨーゼフ・クレンペラーの元に通う精神疾患を持つ患者であるパトリシア・ヒングル。彼女がどのように物語に関わってくるのか注目して鑑賞してみてください!

映画『サスペリア』は動画配信サービスを使って無料でフル視聴しよう【1977年・2018年対応あり】

様々な要素が絡み合いってホラーという枠組みすら超えてしまった超問題作『サスペリア』! 1977年のオリジナル版と2018年のリメイク版、是非両作品を本記事で紹介した動画配信サービスで安心安全に視聴してみてはいかがでしょうか。