2023年5月13日更新

【最新】ディズニープラスで観られるエロいR指定作品6選!AV(アダルト動画)は配信してる?

このページにはプロモーションが含まれています
「ディズニープラス」ロゴ
© 2021 Disney and its related entities

ディズニーの配信サービス「ディズニープラス」といえば、やはりキッズが観ても安心なディズニー作品ばかりが配信されているイメージ。ところが実は、大人向けでR指定のディズニーでない作品も多々配信されているのです! この記事では、R指定の中でもエロいシーンが含まれている作品をピックアップして紹介。大人だけで楽しむ時の参考にしてみてください。

ディズニープラスでAV(アダルト動画)は見られない

かといって、アダルト動画のAVがディズニープラスで観られるというわけではありません。さすがにディズニープラスでAVは配信されていないようです。 確かにR指定の作品は配信されていますが、それは主にバイオレンスやホラーなどいわゆる「グロ」に寄った指定と思われます。とはいえ、ベッドシーンや濡れ場など、そこそこのエロいシーンがあるドラマ・映画もあります!

ディズニープラスで観られるおすすめのエロい映画【R指定】

ディズニープラスではAVが観られなくても、なかなか見応えのあるエロい濡れ場のあるR指定作品も配信されているよう。 ディズニーでR指定!?と話題になった『デッドプール』や、意外にもエロいシーンがある人気ドラマ「ウォーキング・デッド」など幅広くピックアップしました。

ドラマ『パム&トミー』【R18】

『パム&トミー』
C) 2022 Disney and its related entities
濡れ場を演じたキャスト リリー・ジェームズ , セバスチャン・スタン
エロ度 ★★★★☆

人気ロックバンド「モトリー・クルー」のトミー・リーと「プレイメイト」モデルのパメラ・アンダーソンのセレブカップルが体験した衝撃の実話を描いたドラマ。2人のセックステープが盗まれ、ネットに流出した事件が基になっています。

吹き出し アイコン

セバスチャン・スタンとリリー・ジェームズがイチャラブなエロシーンを演じていることだけでも見る価値あり!しかも本人たちに激似!

(30代男性)

ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』【R18】

濡れ場を演じたキャスト シエラ・マコーミック , パリス・ジャクソン
エロ度 ★★★☆☆

ライアン・マーフィーとブラッド・ファルチャックによる企画・制作の人気シリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」のスピンオフ作品。「アメホラ」ファンにはたまらないファンサもある、エログロを踏襲したアンソロジーのホラーシリーズです。

吹き出し アイコン

シーズン1の第1・2話に登場する主人公スカーレットはサド傾向のあるレズビアンで、片想いしているマヤとの濡れ場あり。しかしそれをライブ中継されるイジメを受けるという展開がエグい!

(30代女性)

ドラマ『Love, ヴィクター』【R15】

濡れ場を演じたキャスト マイケル・チミノ , ジョージ・シアー
エロ度 ★★☆☆☆

ベッキー・アルバータリの小説『サイモンvs人類平等化計画』の映画化『Love, サイモン 17歳の告白』(2018年)のスピンオフ作品。自身の性的指向に悩む転校生ヴィクターの新生活を描くゲイ・ティーンドラマで、ディズニープラスでの配信に時間がかかったこと、同性同士のキスシーンなども話題に!

吹き出し アイコン

ヴィクターと彼氏ベンジーとの濃厚なキスシーンがエロい!それが度々邪魔されて中断するというコメディタッチな展開も合わせておすすめ。

(20代女性)

ドラマ『ウォーキング・デッド』【R18】

ウォーキング・デッド シーズン11 ファイナル
© 2022 AMC Film Holdings LLC. All rights reserved.
濡れ場を演じたキャスト ローレン・コーハン , スティーヴン・ユァン
エロ度 ★★☆☆☆

2010年から続く人気ゾンビホラーシリーズ「ウォーキング・デッド」。実は本作にもシーズンごとにたまにエロいシーンが挟まれています。ゾンビ蔓延の終末世界をサバイバルする人々を描いているため、人間の醜い部分がエログロシーンとして登場しているのでしょうか。

吹き出し アイコン

このシリーズでエロいシーンといえば、ウッドベリーのガバナーが登場するシーズン3では攻めたシーンが!マギーとグレンが結ばれるラブシーンもシーズン3にあり。

(50代女性)

映画『ゴーン・ガール』【R15】

ゴーン・ガール
©Twentieth Century Fox Film Corporation/Photofest/zetaimage
濡れ場を演じたキャスト ベン・アフレック , ロザムンド・パイク
エロ度 ★★★★☆

ギリアン・フリンのベストセラー小説を、デヴィッド・フィンチャー監督が映画化したスリラーサスペンス。失踪した妻とその殺人を疑われる夫とのスリリングな展開を描いた作品で、度々夫婦のラブシーンや不倫ベッドシーンが登場します。

吹き出し アイコン

主人公の夫婦ニックとエイミーのラブシーンは多め、ニックの不倫相手やエイミーの元カレとのセックスシーンもあり。エロいシーンと高純度のスリラーが味わえる作品です。

(40代女性)

映画『デッドプール』【R15】

『デッドプール』
© 20TH CENTURY FOX/zetaimage
濡れ場を演じたキャスト ライアン・レイノルズ , モリーナ・バッカリン
エロ度 ★★★☆☆

マーベルヒーローの中でも最も異色なアンチヒーロー「デッドプール」。下ネタ満載のブラックユーモアが彼の武器なので、キッズには少々過激かも。とはいえR15指定で、人気シリーズとして2018年に続編映画も公開しました。

吹き出し アイコン

エロいシーンは主人公ウェイドがデッドプールになる前の、恋人ヴァネッサとのベッドシーンくらい。といっても大人のおもちゃを試すシーンもあるので、ご注意を!

(20代男性)

ディズニープラスでは過激なエロい映画をたくさん観られる!

子どもと一緒に観るものと思っていたディズニープラスに、まさかエロいシーンがある作品が配信されているなんて!と思った方もいるかもしれません。それでも作品ページにはR指定の表示があり、キッズ向けの「キッズプロフィール」も作成できます。 その一方で大人向けの作品も配信していると知って、視聴者の幅も広がるかも。今後も様々な層に受けいれられるディズニープラスであってほしいですね!