2020年2月12日更新

映画『アバター』を無料でフル視聴できる動画配信サービスって?【世界初の3D映画】

アバター

3D映画として話題を集め、2009年に公開された映画『アバター』。数ある洋画の中でも1度は観ておきたい作品でもあります。本記事では映画『アバター』が無料で視聴可能な動画配信サービスやあらすじ、見どころなどを紹介します。

目次

映画『アバター』は動画配信サービスでフル視聴しよう【無料】

2009年公開のアメリカ映画『アバター』は、1997年公開の映画『タイタニック』以来12年ぶりとなるジェームズ・キャメロン監督の作品。世界初の3D映画としても話題になった本作は、1度は観ておきたい洋画です。 本作はマイノリティの迫害や環境問題などがストーリーに盛り込まれていて、単純なアドベンチャー映画ではありません。 本記事では映画『アバター』のあらすじや主要キャスト、無料で本作の視聴ができる動画配信サービスについて紹介します。

映画『アバター』の動画をフルで配信中のサービス一覧【無料あり】

映画『アバター』はU-NEXTをはじめとする上記5つの動画配信サービスで視聴できます。 次項から無料視聴できるU-NEXTとTSUTAYA TV/DISCASについて解説します。

U-NEXTで動画を無料でフル視聴する【日本語吹き替え・字幕あり】

U-NEXTでは映画『アバター』が日本語字幕、吹き替えともに330ポイントで視聴可能なレンタル作品として配信されています。洋画ですが、英語が苦手な人も日本語字幕と吹き替えに対応しているので気軽に視聴できますよ。 初回体験に申し込むと月額料金がタダになり、さらに600ポイントの付与あり!そのうち330ポイント使うことで本作を無料で視聴できます。

TSUTAYA TV/DISCASで動画/DVDを無料でフル視聴する【日本語吹き替え・字幕あり】

その場で動画を視聴できるストリーミング再生のサービスTSUTAYA TVでは、映画『アバター』が400円(税抜)で配信中。 一方、DVDの宅配レンタルサービスTSUTAYA DISCASでは、旧作品扱いで手出しなしで視聴できる作品としてレンタルできます。 どちらも初回30日間の体験に登録することで、無料で視聴可能です。TSUTAYA TVの場合は有料作品ですが、初回登録の際に付与されるポイントを本作の視聴に利用することで、実質無料で鑑賞できますよ。

dailymotion、パンドラでも無料視聴できる?

コンピュータ PC フリー画像

映画『アバター』は、dailymotionやパンドラでも視聴可能でしょうか? 調べてみたところアップロードはされていませんでした。しかし仮に視聴可能であっても、こうした動画共有サイトで映画やドラマの動画を視聴することはおすすめできません。 こうしたサイトにアップロードされている映画やドラマの動画は、違法アップロードされた違法動画です。更にサイトや動画内で表示される広告には、ウィルスが仕込まれている可能性があるので注意! 本記事で紹介したU-NEXTやビデオマーケットは、安全な動画配信サービスです。これらを利用して、安心して映画を楽しみましょう!

映画『アバター』のあらすじは?【『タイタニック』を越えた洋画!】

地球から遠く離れた惑星パンドラには、希少鉱物のアンオブタニウムが豊富に眠っていました。 地球に住む人類は、エネルギー問題解決の鍵となるアンオブタニウムを手に入れるためパンドラへ向かいます。しかしそこにはナヴィという先住民が暮らしていました。 資源採掘のため地球側はナヴィに条件提示をしますが、彼らは関心を示しません。資源開発公社であるRDA社は、ナヴィと人間のDNAを合わせた「アバター」を作り出し、ナヴィとの交流を深めて行きます。 しかし彼らは、次第に勃発していく資源鉱物を巡る戦いに巻き込まれていき……。

登場するメインキャストは?

ジェイク・サリー/サム・ワーシントン

サム・ワーシントン

元海兵隊員の地球人・ジェイク。アバター計画でパンドラを訪れ、身をもってナヴィ族の生活を理解していきます。 そんなジェイクを演じるのは、オーストラリアの俳優サム・ワーシントン。1976年生まれの彼は、19歳の時にオーストラリア国立演劇学院で演技を学び、2000年にオーストラリアの映画『タップ・ドッグス』のミッチェル・オクデンで俳優デビューを果たします。 以降はオーストラリアの映画やテレビドラマで活躍を続けていました。そんな中、映画『アバター』の主演に大抜擢され、ハリウッドスターに仲間入り!2009年公開の映画『ターミネーター4』のマーカス・ライトや、2010年公開の映画『タイタンの戦い』にペルセウスとして出演しています。

ネイティリ/ゾーイ・サルダナ

ゾーイ・サルダナ
©Hahn Lionel/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

『アバター』のヒロインで、パンドラの先住民・ナヴィ族のネイティリ。ジェイクにナヴィの生き方を教える中で、彼に惹かれていきます。 ネイティリを演じたのは、アメリカの女優ゾーイ・サルダナ。1978年生まれで、10歳の頃からドミニカ共和国でバレエを始めとする様々なダンスを学びます。その後もアメリカでバレエと演技の勉強を続け、バレエ・カンパニーを舞台とした映画『センターステージ』のエヴァで女優デビュー。 他にも彼女の代表作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のアナマリアや『スター・トレック』のウフーラ、マーベルシリーズのガモーラなどです。

映画『アバター』の見どころは?

世界初の3D映画!映像の美しさは必見

アメリカ映画『アバター』は、世界初の3D映画!美しい映像と壮大な世界観が魅力です。 衛星パンドラは未開拓の地で、そこに暮らすナヴィ族も原始的な生活を送っています。しかしそれ故に自然豊かであり、美しい背景が描かれています。 パンドラのモデルとなった地は中国に存在し、世界遺産にも指定されている「武陵源(ぶりょうげん)」です。さらにフロリダのディズニーワールドには、アバターの世界観を堪能できる「アバター・フライト・オブ・パッセージ」というアトラクションがあります!

ナヴィ族と地球人のラブロマンス

映画『アバター』では地球人の主人公・ジェイクと、先住民ネイティリの恋愛模様も見どころの1つ。 パンドラでのフィールドワーク中、ネイティリに危機を救われたジェイクは、彼女からナヴィの生き方を学んでいきます。ナヴィの生き方を学び、ともに時を過ごすようになった2人は、互いに惹かれ合い……。 しかし資源採掘が思うように進まず業を煮やしたRAD社は、強行突破を開始。2人はそれに巻き込まれてしまいます。互いに違う文化で育った2人がどのような恋の結末を迎えるのか、注目しましょう。

おすすめの洋画作品を紹介

SFの金字塔と呼ばれる名作映画『猿の惑星』

SF映画がもっと観たい人には、U-NEXTで配信されている1968年公開映画『猿の惑星』がおすすめ。本作は1963年のフランス小説が原作です。 320光年の旅の末、惑星に不時着した宇宙飛行士のテイラー大佐。しかしその地は、言葉を話す猿たちが支配する惑星であり、原始人のような人間を狩っていました。 人間狩にあったテイラーは、共に捕まったノバという娘と逃亡を図りますが、彼らは信じられない真実を知ることに。衝撃のラストが待ち受けていて、SF映画の金字塔と呼ばれる作品です。

ディズニー製作の美しいSF作品 映画『トロン:レガシー』

世界初の技術を堪能したい人は、ビデオマーケットで配信中の映画『トロン:レガシー』がおすすめです。1982年に公開された世界初のデジタル・コンピュータ・グラフィックスを導入して製作された映画『トロン』の続編です。本作は2010年に公開されました。 デジタル界のカリスマである父が失踪。その20年後、息子のサムは、ある日突然送られて来た父からのメッセージに従いコンピューター世界へ旅立ちます。 前作未視聴でも充分に楽しめる内容で、映像の美しさや音楽の格好良さが際立っている作品です。

動画配信サービスで映画『アバター』をフル視聴しよう【無料】

アバター
©20TH CENTURY FOX

名作映画『タイタニック』の世界興行収入を超え、世界初の3D映画『アバター』。ジェームズ・キャメロン監督らしい、壮大な世界観とロマンスを是非堪能してみてください! 本記事で紹介した動画配信サービスでお得に映画『アバター』を鑑賞しましょう。