2020年1月20日更新

ドラマ『ハケンの品格』が続編放送!主演キャストはもちろん篠原涼子【2020年4月放送】

GLOW特別編集 大人のおしゃれヘア 2017-2018 篠原涼子

2007年に放送され話題となった『ハケンの品格』。最強の派遣社員である大前春子の生き様を描いたお仕事ドラマの続編が決定しました!本記事では、気になる続編の最新情報を紹介します。

目次

『ハケンの品格』が13年ぶりに復活!令和の時代でも「それが何か?」

2007年に日本テレビ系で放送されたドラマ『ハケンの品格』の続編の放送が決定!13年前と変わらず、主演は篠原涼子。最強の派遣社員・大前春子を通して、働く者の品格を問う物語です。 数々の賞を受賞した前作の平均視聴率は20%を超え、最終回では視聴率26.0%を記録するなど、人気を博しました(ビデオリサーチ関東地区調べ)。 この記事では、『ハケンの品格』の続編について、あらすじやキャストなど最新情報を紹介します。

あらすじを紹介!「ハケンの品格2」に大泉洋演じる東海林は登場する?

まだ詳しいストーリーはわかっていませんが、日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を経て、カオスと化した令和の時代を生きる、スーパーハケン大前春子の姿を描きます。 『ハケンの品格』は、様々な資格やスキルを持った特Aランクの派遣社員・大前春子が主人公。一匹狼で残業も休日出勤もしない春子は、与えられた仕事以外のことには関わりません。そして3ヶ月働くと3ヶ月休むを繰り返し、職場を転々としています。 「それが何か?」という口癖と共に正社員にも意見していく姿は、共感を呼ぶとともに、派遣社員の実情を訴えました。 前作では、大泉洋演じる東海林武(しょうじ たけし)と春子の掛け合いが視聴者の笑いを誘い、また2人の関係からも目が離せませんでした。最終回では東海林の前に再び現れた春子でしたが、その後2人はどうなったのでしょうか。 2020年1月現在、大泉の出演は発表されていませんが、前作のファンは期待せずにはいられませんね。

キャスト紹介!主演は13年経っても変わらず篠原涼子

女優の篠原涼子が、再び主人公の大前春子を演じます。前作『ハケンの品格』放送後、2008年に第一子を出産し、2012年には第二子を出産した篠原。 母親となっても精力的に女優業を続けており、2019年には第42回日本アカデミー賞では、『人魚の眠る家』の優秀主演女優賞と『北の桜守』の優秀助演女優賞をダブル受賞しました。 篠原自身、「働き方改革」が謳われる世の中で大前春子がどのように働き、どのように生きて行くのか演じるのが楽しみだと語っています(「日テレTOPICS」コメントより)。

待望の『ハケンの品格』続編は2020年4月放送!

連続テレビ小説『花子とアン』などで知られる、中園ミホが前作と同じく脚本を務める本作。取材力に定評のある中園は、以前よりも派遣を取り巻く環境は厳しくなっていると言います。 そんな時代の中で働く女性たちにエールを送る作品となるであろう、『ハケンの品格』の続編。2020年4月から放送予定です。