2021年1月25日更新

日本版『知ってるワイフ』のキャストを一挙紹介!韓国版のネタバレあらすじも解説【大倉忠義主演】

知ってるワイフ記事サムネイル

関ジャニ∞の大倉忠義が主演を務めるドラマ『知ってるワイフ』が、2021年1月から放送開始されました!同名韓国ドラマのリメイクである本作は、日本版としてどのように生まれ変わるのでしょう。あらすじやキャストとあわせて、韓国版についてもチェックしていきましょう!

目次

【大倉忠義主演】リメイク版『知ってるワイフ』キャストをまとめて解説

木曜よる10時〜フジテレビ系にて放送中!

2021年1月から、フジテレビ系列で放送されている『知ってるワイフ』。本作は韓国で話題となった同名ドラマを、日本版にリメイクした作品です。 物語は夫が妻の凶暴さに耐えられなくなり、タイムスリップで妻を変えようとするところから始まります。育児と家事、さらには仕事を抱える妻。妻の苦労を理解せず、ゲームに夢中な夫。夫婦が抱えるリアルな問題が描き出され、SNS上では反響が飛び交っています。 「過去に戻ってやり直したい」と願って妻を変えてしまった主人公ですが、果たして理想の生活は手に入れられるのでしょうか? 夫婦間のみならず、主人公の職場などさまざまなところに芽生える愛にも注目のドラマ『知ってるワイフ』。この記事では本作について、あらすじやキャストから韓国版の結末まで詳しく紹介していきます!

『知ってるワイフ』のあらすじ タイムスリップで妻を入れ替える?

銀行に勤め、結婚5年で2児の父である剣崎元春(けんざき もとはる)。彼は職場では上司から業績を上げろと叱責され、家に帰れば妻の澪(みお)に怒鳴られる、肩身の狭い毎日を送っていました。 あるとき彼は、大学時代に「女神」と呼ばれ、男子学生のあこがれの的だった後輩と偶然再会。当時彼女が元春に好意を寄せていたことを打ち明けられ、「彼女を選んでいれば……」と後悔します。 そんなとき、街中で見知らぬ男からもらった500円硬貨がきっかけで、突然大学時代にタイムスリップしてしまいました。「過去に戻って選択を変えれば、妻が替わって人生も変わるのでは!?」と彼は考えますが……。

タイトルが意味深!ワイフはなにを“知ってる”のか?

主人公の元春はタイムスリップした先で、妻を変えてしまいます。新しい妻は、大学時代に憧れていた美人な後輩です。彼女とお金持ちで優雅な生活を送る元春ですが、職場では元妻の澪が同僚になっていました。 元春は妻だったときのことを思い出し、つい彼女の行動が気になってしまいます。さらに澪はたびたび“なにかを知っている”様子を見せるのです。 澪はなぜ元春を気にかけるのでしょうか?いったい妻はなにを“知ってる”のでしょうか?夫婦関係ではなくなった新しい世界でも、2人は次第に惹かれ合っていきます。

大倉忠義/剣崎元春(けんざき もとはる)

本作の主人公・剣崎元春を演じるのは、関ジャニ∞の大倉忠義です。彼がゴールデン・プライムタイムに放送されるドラマで主演を務めるのは、今回が初めてとなります。 台本を読む前に原作となった韓国ドラマを観て、世界観に引き込まれたという大倉は、「主人公に“なにやってんねん!”とツッコミながら見ていたので、今回は僕自身がそう演じられるように意識しています。」とコメント。 また本作について「このようなご時世の中で、周りの大切な存在を改めて感じた方も多いのではと思います」としたうえで、「ドラマを見て下さる方にとって、身近の愛している人だからこそもっと大事にしようと再認識できるようなきっかけになれればうれしいです。」と語っています。 関ジャニ∞としての活動だけでなく、俳優としてもさまざまな作品に出演してきた大倉。近年では、同性愛を描いた『窮鼠はチーズの夢を見る』(2020年)で異性愛者でありながらゲイとの恋に落ちていく主人公を好演しました。

広瀬アリス/剣崎澪(けんざき みお)

高校時代に大学生の元春にひとめぼれし、やっとの思いで結婚までこぎつけた妻の澪。しかし結婚も5年目となった今は、ワンオペ育児にストレスを溜め、夫に当たり散らすように。 そんな彼女を演じるのは、こちらもプライムタイムドラマで初めてヒロインを務める広瀬アリスです。子持ちの主婦を演じるのは初めてという彼女は、澪という役柄について次のように語っています。「何事にも一生懸命な人だからこそ、多忙な毎日で余裕をなくし、元春に当たり散らしてしまいます。」 「過去にやり残したこと、やり直したいと思う人の葛藤、そして夫婦や親子、仕事などさまざまな人間模様をリアルに描いている」と本作の魅力を語り、視聴者には「自分の身の回りにいる人たちへ思いやりを持って接することができているのか、改めて考えていただけたら」とメッセージを送りました。 広瀬すずと姉妹そろってセブンティーンモデルとして芸能活動をはじめた広瀬アリスですが、2018年からはモデルを卒業して女優業に専念。以降、さまざまなドラマや映画で活躍しています。

松下洸平(まつした こうへい)/津山千晴

津山千晴は、あおい銀行に元春と同期入行した同僚。穏やかな楽天家で、元春の良き理解者です。昔はプレイボーイでしたが、結婚してからは双子を持つ父親として円満な家庭を築いています。 演じるのは、2019年のNHK連続テレビ小説『スカーレット』の八郎役で注目を集めた松下洸平。2020年は、波瑠主演のドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』でヒロインの相手役となる青林風一を演じました。 また2021年には、バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』内の企画「ゴチになります」で新メンバーに抜擢。これからの活躍が期待される俳優です。

川栄李奈/剣崎なぎさ(けんざき なぎさ)

剣崎なぎさは元春の5才違いの妹。歯に衣着せぬ性格ですが、兄の元春よりも頼もしく、面倒見が良いしっかり者です。義姉の澪のことも気にかけている一方で、元春のフォローに回ることも。 演じるのは、もとAKB48のメンバーで女優の川栄李奈。川栄李奈も『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』に出演しており、松下洸平演じる青林の彼女・沙織役で共演していました。

森田甘路(もりた かんろ)/木田尚希(きだ なおき)

木田尚希は元春の友人で、彼にとって唯一の癒しの場である居酒屋を切り盛りしています。独身生活で寂しそうな様子でしたが、タイムスリップ後は運命が変わり、元春の妹であるなぎさと結婚しているようです。 木田尚希を演じるのは、劇団ナイロン100℃に所属する俳優・森田甘路。舞台のほか映画やドラマにも出演しており、2021年は映画『名も無き世界のエンドロール』にも出演予定です。 あまり目立たない役柄でも、独特な雰囲気で個性を見せてくれる森田甘路。『知ってるワイフ』でも、時々クスッと笑いを誘う欠かせない存在となっています。

末澤誠也(すえざわ せいや)/篠原恭介

篠原恭介はあおい銀行融資課の新人社員。ゆとり世代らしい性格で、仕事に対する熱意をあまり見せることなくマイペースに働いています。窓口課の女性社員に好意を寄せているようです。 演じるのは、ジャニーズ事務所に所属している末澤誠也(Aぇ!group)。彼はジャニーズが主催する舞台を中心に俳優としても活躍しています。2020年にはドラマ『年下彼氏』に出演しました。 本作のスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』では、篠原が緒方恵海と樋口静香とともにオフィスラブを繰り広げる様子が描かれます。彼はあおい銀行で、特別な存在を見つけることができるのでしょうか?

佐野ひなこ/緒方恵海(おがた えみ)

元春の同僚で、窓口課に勤務している緒方恵海。彼女は美容に気を遣っており、男性から非常にモテるようです。活発な性格で、趣味はバッティングセンターに行ってストレス発散すること。進展していく篠原との関係にも注目です。 演じる佐野ひなこはモデルのみならず、女優としても活躍しています。芸能界入りのきっかけは、ホリプロスカウトキャラバンでファイナリストに選ばれたこと。その後2014年の『大東京トイボックス』で、ドラマ初出演を果たします。 また中国語が得意で、2019年にはNHK Eテレ『テレビで中国語』でそのスキルを発揮したことも。マルチな才能を見せる佐野ひなこは、本作でどのような姿を見せてくれるのでしょうか。

安藤ニコ/樋口静香(ひぐち しずか)

樋口静香は、あおい銀行世田谷支店の窓口業務を担っています。優しく穏やかな性格ですが、強い信念の持ち主です。恋愛に奥手な彼女ですが、篠原とのオフィスラブはどんな展開になるのか気になるところです。 樋口静香役の安藤ニコは、アメリカ出身の父を持つフォスター所属のモデルです。男性誌モデルやCM出演の仕事をこなす一方で、2018年の映画『カレーライス Curry and Rice』で女優デビュー。なんと全編英語で演じています。 20歳を迎えた2020年には、『ペンション・恋は桃色』でドラマ初出演も果たしました。水原希子に憧れハリウッド進出を夢見ているそうで、今後の飛躍的な活躍が期待される若手女優です。

マギー/西徹也

元春の上司で、バツイチで娘がいる西徹也。支店長にゴマをする融資課長で、よく元春に絡んでいます。窓口課長の小谷つかさとは同期でよくケンカをしますが、実は気にかけている一面も。 西徹也を演じるマギーは、数多くの映画やテレビドラマに出演しています。大学時代の演劇サークルが芸能界入りのきっかけとなり、1997年の『流れ板七人』ドラマ初出演を果たしました。 さらに脚本家としても知られています。これまで2007年の『山田太郎ものがたり』や2014年の『地獄先生ぬ~べ~』、2017年『カンナさーん!』など大ヒットしたドラマの脚本を手がけてきました。

猫背 椿(ねこぜ つばき)/小谷つかさ

あおい銀行窓口課長の小谷つかさは、西徹也とは同期で言い合いが絶えない関係です。独身で恋愛にはどこか冷めている一面がある彼ですが、かつては社内恋愛を経験したこともあると語っています。 演じる猫背椿は、劇団大人計画に所属しています。1992年の舞台『冬の皮』でデビューしたあと、2002年のドラマ『恋ノチカラ』でヒロインを熱演し、話題を集めました。 その後は2003年の『マンハッタンラブストーリー』や2005年の『タイガー&ドラゴン』、2017年の『監獄のお姫さま』など宮藤官九郎が脚本を務めた作品に多く出演しています。

おかやまはじめ/宮本和弘

元春が務めるあおい銀行世田谷支店の支店長。部下たちをよく会食に誘うほどおしゃべり好きで、話はじめると長く社員たちは困っています。 子どもが留学している関係で、現在は1人暮らしを余儀なくされている彼。元春をはじめ、部下からは気を遣われている部分もありますが、世田谷支店を支える立派な大黒柱です。 そんな支店長を演じるのは、俳優のおかやまはじめ。これまでに数多くのドラマに出演してきたベテラン俳優です。2020年には『恋は続くよどこまでも』や『知らなくていいコト』、『未解決の女』などに出演。 また過去には人気アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で声優にも挑戦しています。

瀧本美織/江川沙也佳(えがわ さやか)

江川沙也佳は、元春の大学の後輩。両親は大企業の社長で、超お金持ちのお嬢さまです。大学ではチェロを専攻しており、元春も憧れるマドンナ的存在でした。 演じるのは、2010年のNHK連続テレビ小説『てっぱん』の主演に抜擢された瀧本美織。2020年にはフジテレビオンデマンド配信のドラマ『運命から始まる恋 -You are my Destiny-』で、主人公・佐藤彩役を務めました。

生瀬勝久/小池良治(こいけ りょうじ)

小池良治は、元春に「人生は変えられる」と500円硬貨を渡して、タイムスリップするきっかけを与えるホームレスの謎の男。本作のキーパーソンです。 演じるのは、クセの強い人物を演じることの多い名バイプレイヤーの生瀬勝久。フジテレビの連続ドラマ出演は2017年の『貴族探偵』以来4年ぶりです。2020年は『MIU404』などドラマ4本に出演していました。

片平なぎさ/建石久恵(たていし ひさえ)

澪の母・建石久恵は、家族思いの肝っ玉母さん。夫の急死がショックで精神的に不安定になり、認知症を発症しています。現在は1人暮らしをしており、認知症も進行気味です。 演じるのは、ベテラン女優の片平なぎさ。本作で親子役を務める広瀬アリスとは、2018年のドラマ『探偵が早すぎる』以来2年ぶりの共演となります。

もとになっているのはtvNが手がけた同名韓国ドラマ!

原作となっている韓国ドラマ『知ってるワイフ』は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネルtvNで2018年に放送され、同時間帯の視聴率1位を獲得した人気作品です。 同作を制作したSTUDIO DRAGONは、日本でも大ブームとなった作品を多数制作している制作会社。有料放送にも関わらず『愛の不時着』(2019年)や『トッケビ』(2016年)は、大ヒットとなりました。

「なんでこの人と結婚してしまったのだろう」

韓国版と日本版に共通しているのは、「結婚生活、こんなはずじゃなかった!あの頃に戻って人生をやり直したい!」と嘆く夫婦の願いが叶ってしまい、全く別の人生を歩むことになるファンタジーラブストーリーであるということ。 描かれるのは、“自分にとって大切な人とはどんな人なのか?”、“誰かと人生を生きていくとはどういうことなのか?”という夫婦の普遍的なテーマです。 世界共通ともいえる「既婚男女あるある」は、多くの人が自身に引き合わせて考えさせられる物語となっています。

韓国版『知ってるワイフ』のあらすじ・キャストもチェック【ネタバレ】

あらすじ

韓国版のストーリーも、今回の日本リメイク版と大筋は同じです。 銀行員の夫ジュヒョクとエステティシャンの妻ウジン。ジュヒョクは会社では上司からの叱責に、家では妻からの罵声に耐える日々を送っていました。 そんなある日、ジュヒョクは高速道路で見慣れない料金所を通過。気づけば過去にタイムスリップしていました。運命の分かれ道となった日に戻った彼は、今回は違う選択をします。目を覚ますとそこには“妻”のヘウォンがいたのです。

タイムスリップで過去を変えたジュヒョクはヘウォンと結婚。彼女の実家は財閥で、ジュヒョクはその婿として豪邸に住んでいました。一方、ウジンは独身のキャリアウーマンに。 何不自由ない生活に満足していたはずのジュヒョクでしたが、結局ヘウォンとの結婚もうまく行きませんでした。仕事をテキパキとこなすウジンに惹かれていった彼は、これまでの反省を活かしつつあらためて彼女と夫婦として歩いていくことになります。

チャ・ジュヒョク/チソン

韓国版『知ってるワイフ』で主人公チャ・ジュヒョクを演じたのは、人気俳優のチソン。『キルミーヒールミー』(2015年)や『被告人』(2017年)などへの出演で知られています。

ソ・ウジン/ハン・ジミン

『屋根裏部屋のプリンス』(2012年)や『ジキルとハイドに恋した私~Hyde, Jekyll, Me~』(2015年)などで知られるハン・ジミンがジュヒョクの妻ウジンを演じました。

豪華キャストたちで贈る波乱のドラマ!日本リメイク版『知ってるワイフ』

夫婦を演じる大倉忠義や広瀬アリスから、話題の松下洸平や川栄李奈まで、豪華なキャストで贈る波乱のドラマ『知ってるワイフ』。設定こそ韓国版とほとんど似ていますが、リメイク版ならではの要素も楽しむことができそうです。 早くも夫婦のリアルな現状が反響を呼んでいる本作。タイムスリップをして手に入れた理想の生活は、本当に幸せなのでしょうか?夫婦の幸せのかたちを導き出すラブストーリーをぜひ観てみてくださいね。